二羽の鳥

二羽の鳥

一羽はハトで
一羽はカラス

ハトは電柱高みに止まり
カラスは低空飛びぬける

街路に降りた二羽の鳥
彼らは同類けれども違う

カラスは黒い翼で羽撃き
ハトは落ち着き立ち止まる

見るにはハトには余裕があるが
カラスは焦りの低空飛行
アスファルトを這うよう羽撃いた

ハトは彼など恐れずに
柱の上にて翼を休める

カラスの心は狡猾で
されども誇りのために飛ぶ

ハトは素直に従順に
生きた時間を語るのみ

私はカラスに己を重ねて
彼を追うよう足を進めた

進んだ先には女神の彫像
カラスはそれを見たのであろうか
ハトはそれを知っているのか

急いでアスファルトを這い飛ぶカラスに
ハトのくつろぎはないようだ

恐らくカラスは若いであろうし
ハトはカラスを恐れぬハトだ

産まれもち憎まれる狡猾なカラス
産まれもち平和を持つ安らかなハトよ

見よ、彼らは互いに病んでいるのだ
カラスはハトの様に平和へと急ぎ
ハトはカラスの様に彼をついばむ気持ちだ

やがてカラスは疲れ果て
たどり着いた地で休むのだろう
ハトは目的を知られずに
彼の翼を見届けたのだ
ハトの目的は達成されたが
カラスは這うしかなかったようだ

見よ、彼らは互いに病んでいるのだ
同じであれないハトとカラスが
互いに二羽で競っているのだ

見よ、彼らは互いに知らずにいるのだ
同じくありたいハトとカラスは
互いにここで畏れを交わした

これは学校の帰り道
私はカラスに自分を重ねた
どこまで黒く汚いままでも
必死に飛んでるカラスを追った
カラスはハトから逃げるよう
アスファルトを這い必死に飛んでた

あゝ狡猾なカラスよ
遠くへと羽撃きたい若きカラスよ
女神の像などは見つめてはならない
急いでそこを飛び立って
再び戻ると約束するのだ
それならハトもカラスを認めて
焦る彼こそ許せるだろう

等しき者の等しき罪と
異なる者の異なる罪を
彼らが互いに認め合うのを
私はいつしか見られるだろうか

見よ、私は気持ちを病んでいるのだ
私の中の黒い穴から
気持ちがあふれてしまいそう
その空洞へと知識が流れて
白くありたい翼を落とした

あゝあのハトは何を知るのか
白い羽根したあのハトに
私がカラスに重ねたように
誰かが心に重ねただろう
そのハトは世界を求め
そのカラスは心を求め
知識はそれぞれの空洞の中へと
彼らの矛盾へ飛び立たせるのだ

[PR]
# by ren_with_parfait | 2017-04-27 17:41 | | Comments(0)

c0343734_03004919.jpg

こちらは、放送大学、多摩学習センター。
一橋大学との合同キャンパスです。
残念ながら、一橋大の学食は使えず。
一橋大の学生も見たことがありません(笑)

放送大学の勉強、
心理と教育コースに所属の、
全科履修生に、春からなりましたが、
中々順調に進まずに困っていました。

そんなところ、Twitterで知り合った方から、
「お会いしませんか?」
と連絡が入り、良さそうな方だったので会うことに。

他大学から3年次編入した方で、
大学とはどういうことをするところか、
良く知っている好青年でした。5歳下ですが、しっかしりています。
(まだ、笑顔は無邪気だけどね)

サークルの立ち上げに誘われ、
いつの間にか初期メンバーに(笑)
思わぬ展開に驚いています。

それから、これもTwitterで放送大学の学生さんと話していたら、
LINEの全国の放送大学生が集まるグループに参加させてもらうことに。

どうやら、毎日夜になると「今日も一日、お疲れ様です」のやりとりから、
勉強の進捗を報告し合うグループのようで、これもモチベーションアップに繋がりました。

学習センターで授業を視聴したり、
やる気の出ない日は寝ながらスマホで授業を聴いたり、
まだまだ、ペースアップをはからないといけませんが、
出だしは順調だと思います。

その一方で中々パフェの散歩には行けません( ̄▽ ̄;)

詩の方も少しおろそかに( ̄▽ ̄;)

ですが、新大学生としてのスタートがいい形できれたのは本当に良かったです。

皆さんは、今年の春、どういうスタートを切れましたか?

明日もいい日になりますように。
学習センターに行き、僕は学友と話し合ってまいります。

ぐみぐみ。


[PR]
# by ren_with_parfait | 2017-04-27 03:06 | 日記 | Comments(4)

残り香

今僕は華やかな日々に君を想う
君を想う僕を見つめてくれてるあなたを想う
あなたが僕を受け入れてるから
僕は大切な人を世界に刻める
刻まれたことは消滅のあと
また新たな世界で繰り広げられる
それは、動揺、葛藤、悲恋に、喜び

僕らはけっして一度ではない
これを読んでくれてるあなたのことも
一度限りの出逢いではなく
そこには復活の影がつきまとっている
それは僕らに可能性とやり直しを与える
今生きていることの意味をより大切にさせる

ここで、僕とあなたが出逢い
君を想う僕を見てくれていることも
宇宙の記憶に残り、それが消えても
消滅の後には必ず返り咲く花があるから

短い春が通りすぎ
僕と彼女が出逢えた夏へと
少しずつだが季節は捲られ
何をしようともあなたはあなたで
何をしようとも僕にあなたはかけがえない

だから話しを聞いてほしい
僕の発する言葉から
彼女の尊さ美しさ
僕だけが見つけた彼女の特別に
どうして僕が想いを馳せているのかを

彼女は僕に苦悩と喜びを与え
僕を無制限に受け入れた
よい種からはよい実しか結ばないのだ
だから僕は彼女を無制限に肯定し
彼女の変化を無制限に受け入れたい

それが難しいことでも
世界の端々から届く風の噂に
彼女の心を見つけた時には
愛を交わすよりも尊いと想う
そして僕を見つめるあなたの視線を
決して憐憫などにせず

幸せな恋を香らせたいのだ
[PR]
# by ren_with_parfait | 2017-04-27 02:00 | | Comments(0)

幸せなうた

僕を迎え入れてくれたこの夜に
感謝の気持ちを捧げます
それは静かな愛のうた
恋から産まれた幸せなうた

凛と鳴く蝉しぐれ
暑くて気が遠くなりそうな
夏の終わりに僕は産まれました

ゴジラを愛した幼少期
そして育まれ
受け入れてもらえた夜の数だけ
涙を流して孤独を感じて
甘やかな幸せを歩んできました

そして僕を信じてくれた
今これを読むあなたと出逢います
僕の毎日はこうしてあなたと出逢うたび
意味を迎えていられます

あなたが僕を信じてくれた
今これを読むあなたを信じています
僕の世界はこうしてあなたがめくるたび
意味を迎えていられます

凛と鳴く蝉しぐれ
暑くて気が遠くなりそうな
そんな日に僕はある女(ヒト)と出逢いました

まるでそれはこの世の神秘
そして悲しみ
受け入れてもらえた夜の数だけ
温もり感じて心を与えて
清らかな血を流してきました

それは小さな夏の花火に産まれた
小さな恋のものがたり
あなたが信じてくれてる僕の
小さな愛のものがたり

これからも続く、僕と彼女のものがたり
絶やさず話してこれたのは
信じてくれたあなたのためです

だから僕は信じています
僕を迎え入れてくれたこの夜に
幸せな気持ちをあなたのために

そんな言葉を話せることを

あなたに愛が宿ってなければ
僕を目になど留めなかったことでしょう
あなたの愛に適ってなければ
僕はあなたに向かっていなかった
愛されて生きていなければこの火は消えていたでしょう
あなたが信じてくれてるように
あなたを信じて生きていきます
あなたが壊してしまった何かに
あなたを宿して生きていきます

恋にはじまり、恋におわる僕だからこそ
あなたの愛の中心に
世界の端から言葉を回して
きっと何かを見つけてみせます
僕が僕でいる意味を
信じてくれてるあなたのために
今ここにいて、この世界にいるあなたのため
ただそれだけのための、幸せなうた口ずさみながら

[PR]
# by ren_with_parfait | 2017-04-23 01:35 | | Comments(2)

私に心があるのなら
貴女のことを忘れると
告げて貴女を立ち去るだろう

私に夢があるのなら
貴女の日々に祈りをこめて
幸せだけを願うのだろう

旅をしてきた私たちは
目の届かないところで
何度も逢い、そして何度も別れた

貴女から見えている世界のいろはは
心の通う限り色褪せないだろう
そこに永遠があり刹那があり
消滅があり復活があり

再会はいつも無数にあり
それが私たちにある世界のいろはだ

私は君を楽しませるために
日々、恋慕を綴ってきた
今は過去になった貴女のことも
嘘になることも消えることもない

月夜は僕らを微笑んで
太陽は僕らを導く目印

月と太陽が交差する朔の日には
貴女と僕がいつも変えられない過去を
失くすことのできない過去を称えている

何より貴女と出逢えたことが誉であり
それは僕らの中でも
時代の中でも
消滅の中でも変わることがない

それは永遠と破滅を意味していて
僕らが消え、衰えても貴女は僕を宿し
僕は貴女を宿し、それが無くなることはない

ただ貴女が失くなることを畏れている
いつか蘇る貴女の命も
いつか繰り返す僕らの想い出も

そこに制約があり、決まりがあり
戻らない先に希望があるからこそ
僕にはそれを告げることが出来るのだ

僕らは何度でも出逢う
世界があり、世界が滅び
僕らが死に、死んだからこそ出逢えることは

きっと貴女を満たせるのだろう
その日を待ち望み
僕は死を思い描いている

そこに宿る気持ちを幻の中に見つけている

貴女が僕を探せば僕は貴女のそばにいる
僕の生きてきたことは貴女で出来ている

それを誇っていい
僕の罪が貴女とのすれ違いを起こし
二度と戻らないものだと思っていた

されど今の幸せの中にも
沢山の貴女が僕の眼には止まり
貴女が僕を想う以上に僕は貴女を想う

いつか全てが終わるときには
貴女と語り合えるのだ
その日を待ち望みにしていることに

貴女は何と答えるだろう
私は貴女を満たす
限りなく私たちのこれからを想う

貴女は私を忘れることを出来ない
それは貴女への足枷
しかしその足枷が貴女を護るためにあると
私は信じて止まないのだ

だから未来を想え、死を想え
それは絶望ではない
受け入れた時に貴女の存在はなくならない

それが貴女へ私が告げられるほんのさわりで
再び出逢えば貴女には喜びが宿る

それが他人の営みだとしても
貴女は私から見つけられることがある

なぜなら私は貴女を知っている
例え、どんなに貴女と親しい人でも
貴女の今を華やかせる人でも

貴女の中で脈動し続けている
僕という存在は貴女を生かすことが出来るはず

そう信じて過去の貴女は
いつしか未来にやってくる
それを想えば貴女は私に麗しく

禁じられた世界の決まり
戻れないということを悲観させないのだ

明日も貴女に逢うだろう
私は貴女を華やかな時代へと導いていく

人の陰に隠れただ死にゆくだけの
貴女の辛さ悲しみを
この存在の彼方から
貴女へいつまでも届けてゆく

貴女と出逢えるのは確信だ
きっと、貴女はそれを望まない
けれどそれは、もうそこにあるものなのだ

だから貴女は僕に求めることがある
それは貴女の本当を知る僕が
その存在を永久に愛し続け
その消滅と嘘の先に、復活を望んでいるからだ

愛は形を変えていく
けれど僕は貴女の本質を愛する
離れていけばいくほどに
僕らの距離は近くなるのだ

それは貴女の痛みを鮮やかにする
泣きたい時は僕を想え、僕は貴女を失くさない
[PR]
# by ren_with_parfait | 2017-04-19 00:13 | | Comments(0)