<   2015年 11月 ( 31 )   > この月の画像一覧

この記事はブログのファンのみ閲覧できます

[PR]
by ren_with_parfait | 2015-11-30 22:27 | 暗い日記

まな

希み希み希み、廻り廻り廻り
揺られ揺られ揺られ、狂い
咲いて咲いて咲いて、堕ちて

ひらりひらりひらり、ゆらりふわりくらり
踊り踊り踊り踊り、狂い
泣いて泣いて泣いて枯れて、咲う

いつも輪廻して何もかもを裏づけた
裏などないよと花びら落ちるの見つめては
花火ばかりは『夏だけにあるね』と
月夜の兎の行くあてを知れていない

恋した気持ちが降り積もり
忘れきれないマナ(真雪)になっても
波が岸べに打ちつけていれば
マナ(魔名)はこころを泳がせる

遠い遠い遠い太平洋の向こう側に
まだ恐ろしく怖く畏れを知らなかった私達
結び合うように互いを感じていたね
でも君は居なくなってもはや波はただの罰
こころを慰める水じゃない

マナ(真雪)が降り積もるクリスマスに
供に咲う相手がいない
マナ(魔名)が恥ずかしむイヴの夜に
傷つけたい人なんていないんだ

さぁ バイブルを開こう
旧約からがよろしくてよ
イベントの前に人は
誰だって愉しむ準備をするでしょう?
私が私が俺が俺が僕が
ガイドをするから読んでみよう

この誓いはマナがある限りは
永久に破られることはないんだよ

知ったほうがいいことしか教えないのは
せめてもの気づかいに違わないでしょ?

知らせたいんだ
Don't you love me?
Don't you trust me?
Don't you belive me?
So, You can't want me.
I'll never know. It's forever.
And endless mind to wait is have still for your love.

[PR]
by ren_with_parfait | 2015-11-30 19:44 | | Comments(0)

救えない水色

心の不倫はかん高く
彼女の一重を乱して揺られる
乱した髪は真黒な人形色情まとった
麗しき瞳、その姿

彼女は言っていた
「私は人のモノが欲しいの」
私はその意味がわからなくて
チェリーが泣かせた私の心を
そっと慰めに来てくれた

夜な夜な貴女を想ったことは
恋という名の下心
倫理に背いてそれでなお
ポタポタ落ちて流れる涙

涙を注ぐ水玉のコップ
いつか描いた水玉の五線譜
水を注げば流れだす
その意味その色知りたくて
私は彼の方壊してまでも
Skyの青色抱きしめていた

心の中で
独りの夜に
大切な人を護る夜にさえ
今でさえ
彼女と会うたび刻まれた
恋という名の欲の色香は
灯りのつかない闇の部屋
彼女の灯り、体温を
なぜだか求めてしまうけど

私を奪ったつもりなら
それは大きな間違いなんだよ

犯したんだ 犯したんだ 犯したんだ
私はあの子を犯したんだ

侵したんだ 侵したんだ 侵したんだ
彼女は私を侵したんだ

42人目の恋人に彼女を選ぼう
そんなに気持ちが続くのならば
彼女を奪おう彼からすらも
竜を冠したあの人への嫉妬は
今も心で渦をまく蛇の舌先

愚かなり
彼女にハエの王の恐ろしさがわかるか
わかったとて
壊し、侵したその罪は
代償として彼女を壊す
犯し、犯した私の咎は
万軍の王を讃え赦される?

都合のいい夢物語りだね
正当化しようとしてもムダなんだ
不実で彼女は無くなって
不実で私はなくなった
だったらはじまりまで戻ろうか?

届かぬ誓いを壊した色は
はじめは水色 彼女は水色

救えない水色 自堕落
だから、あの子には水色の
気持ちを届けて届けと願った
あの子の罪が赦されるように
何があろうと あの子が不実を永久にして
私と引き換えに報いを受けとり
白い救いを黒い絶望の闇の中にて

必ず見つけて、拾われますように
気まぐれな私も時には願うの
叶うことない、星への願いを……

嫉妬と共に
[PR]
by ren_with_parfait | 2015-11-30 17:43 | | Comments(0)

パフェの画像は、昨日のものになります。
発達心理学概論、超面白いです。
明日は朝からスタートダッシュをかまして、なんとかレポート仕上げます。
やるしかないっ!! 最近、睡眠薬飲んだ後活動的になるんですよね。
脱法ドラッグやってる感じ、成分的にも脱法ドラッグだし……お薬は用法容量を守らないと回復遅れます。

c0343734_01395026.jpg


パフェちゃん、秋が似合うねぇ~~♪


c0343734_01400332.jpg

いい匂いなの!


c0343734_01400677.jpg

中に行こうかな?


c0343734_01402922.jpg


なんちゃって、撮らせてくれただけでした(笑)


c0343734_01403322.jpg

どこ行くの~っ??

ここまでで、昨日のパフェの散歩は終了。
食物が全くなかったために


c0343734_01405069.jpg

ポテトチップス(カレー味)を作って食べました。
ちょっと揚げ足りない、しっかり揚げるにはどうしたらいいんだろう。
油のみの沸騰?揚げ物わかんないんだよなぁ~。

あと、料理で一番注意すべきなのは『お塩』ですね。
多すぎる、ただそれだけで、食べられない品物になっちゃいます。

ちょっと部屋は汚いですが……こんな方に出逢いまいした。



c0343734_01410087.jpg


大きな蜘蛛!大歓迎です!
ゴキブリとか、食べてくれるんですよね~ッ♪
大蜘蛛沢山部屋にほしぃ~ですッ♪

そして今日になりひたすら勉強。
明日もレポートの勉強頑張ります。

まぐまぐ。

[PR]
by ren_with_parfait | 2015-11-30 01:46 | 日記 | Comments(0)

雨雫

セクシャリティが不足してるの
ねぇ、分かってくれる? Sexy Sexy

ソーシャリズムが飲み込めないの
ねぇ、伝えてくれる? My Telepathy

ずっと温度がおかしいよ
カゼを引いちゃったかな
貴女の吐息がどこで吐かれているのか
見失ってしまいそう
絶対零度の氷点下
けれど火炎は立ち登り

氷のお城は溶けました
貴女の理屈も解けました

祝福が日々 貴女が歩く先の
灯し火となり 貴女を護りますように
慰めが日々 貴女の怒れる出来事の
通り雨となり 貴女の災を消し去りますよう

これから狂い咲くような
あの街のあの地点までを歩くには
少し遠すぎるようですから
貴女を護る手段を多く
手にとり使える形に変えて
この世界に散らばらせられたら
なんて、月夜の夢は蒼ざめた

セクシャリティが足りないの
Sexy Sexy
このままいつまでもこうして
同じ星で生きていければいいのに
貴女は行っちゃうんだ
兎の住む星通りこし
火星のもっと向こうの銀河
やがてはワームホールも通り抜けて
見知らぬ生物を飼いならすんだろう

貴女の奴隷として
私は最高じゃなかったのかな

しつけてあげる
愛ある女に教わった
その代償でもいいのなら
どこまでも、いつまでも
貴女のことをしつけてあげる

わるい子にご褒美をあげるよ
だからいい子にならないでね
それだけは、お願いだよ、約束だよ

また出会った時
貴女が悪い子なら
最高のご褒美をプレゼントするよ
楽しみにしててね

雨雫が
こぼれ落ちました
[PR]
by ren_with_parfait | 2015-11-30 01:13 | | Comments(0)

Card Name [tired]

乙女の願いは口やかましく
私の心を責めたてる
ハートのエースを失くしたからって
Jokerあるのを知らんぷり
チャンスは一度、次はもうない

ハートのエースを失くしたからって
Jokerあるのを知らんぷり
ダイヤのクイーンは
今頃どこで何しているの?
クローバーのキングに疲れちゃって
今頃クローバーのエイトと逃避行
ハートのジャックはそれを知っててさ
クローバーのセブンに
悪知恵いっぱい吹き込んだんだよ

ダイヤのエースでいいんじゃない?って

そしたらスペードのジャックがさ
許さないってうるさいから
スペードのキングを呼んできて
ハートのエースを蘇えらせようって

なんでなの
スペードのエースでいいじゃんか
Jokerあるのを知らんぷり
だけど誰が悪いかって言うと
ダイヤのクイーンを騙したJokerなんだよ
Jokerはハートのフリをしてさ
それもハートのエースのふりをして
わざわざキングに捕まったんだよ
けれどクローバーのスリーがさ
ダイヤのイレブン大好きだって
いつも悲しそうに泣いているのを見てさ
ハートのエースは慰めに来てた

クローバーのジャックはそれを知ってさ
ハートのエースを殺しちゃうんだけど

だって嫉妬していたらしいから
それがJokerだったんだよ
殺せるはずないじゃん 相手はJokerだよ?
それでハートのツーがさ
小さくなろうとしたんだよ
だけどこれ占いだから

うん

クローバーのスリーはさ
ダイヤのイレブンが大好きなのに
ハートのエースに慰められて
ちょっと困ってしまってるんだよ

誰が有罪かな?
たぶんクローバーのスリーは
有罪だと思うんだけど……

好きな人は大好きだよ
君を好きな人は君を大好きだよ
疲れてるならそう言ってよ
ねぇ ねぇ ねぇ
とりあえず私がJokerだって知ってた?

……?

嘘、ホントはね
ハートのエースが私だったんだ
たぶん本当にそうだったんだ
誰だって、いつかの時間を切り抜けば
ハートのエースだったんだよ
墓場からゆりかごまで
Jokerだった者の痛みよ何処へゆく
最果てを見つけた占星術は
カードの闇にひれ伏して
道化になりはて踊りて歩く
チクタクチクタク いつまでも
ピエロのように幸せ希む

……誰が有罪だったっけ?
分かっていることは、もう雪が降っていること
そこに亡いものが切なく痛まれているんだ。

[PR]
by ren_with_parfait | 2015-11-29 23:08 | | Comments(0)

トイレットコントロール

ねぇ、パフェちゃん
おしっこ失敗しないよね
ねぇ、パフェちゃん
うんちもちゃんとトイレでね
ねぇ、パフェちゃん
これからは散歩、2回にしようね
ねぇ、パフェちゃん
ごはんも2回あげるからね

パフェちゃんや、ねぇパフェちゃんさ
昨日と今日のキャットフードどうだった?
パフェちゃんや、ねぇパフェちゃんさ
新しいドッグフード、届くの待ってね
いつもより、美味しいのにすらからね

君がウチに来てからさ
なんだかとっても
色んなことがあった気がするよ
だから君が居なくなるとさ
自分がいなくなっちゃうみたいなんだ
長生きしてよネ、ねぇパフェちゃんね

子犬の頃と君はちっとも変わらない
お兄ちゃんはどう?
変わっちゃった?寂しいかな?
お兄ちゃんは大切な事が増えすぎて
パフェちゃんよりも
友達のことや、自分のことを
大切にしちゃうようになっちゃった

でも旅行とかいくとさ
白いホテルに独りで居るとさ
いつも君に会いたくなるんだよ
誰よりも先に、パフェに会いたくなるよ

なのに、なのに
君の幸せのために
お兄ちゃんは何をしてあげられたかな
君の幸せのために
お兄ちゃんは必要だったのかな

ホントウは、他の人に貰われたい?
パフェちゃんを必要としている人に
貰われたい?

『星守る犬』って映画を見たよ
西田敏行がね
ハッピーって犬と旅する映画だよ
西田敏行、もう生きられないって
ハッピーのためにならないって
幸せにしてあげられないって
判ったからさ
犬小屋のあるレストランに
ハッピーを置いていこうとするんだ
そしたらハッピーが凄く鳴いてね
「俺といてもダメなんだよ、もうお別れなんだよ」
って言うんだ
でもハッピーの幸せは
西田敏行と居ることでさ
車で北海道にたどり着いたふたりはね
キャンプ上の近くで野営するんだ

でもゴハンがなくなっちゃって
西田敏行は身体も悪いから

死んじゃうんだ

だけどハッピーは
ずっと街まで歩いては
真冬の北海道で
死んだ主人公にゴハンを届けるんだよ
何ヶ月も、何ヶ月も

それでもうハッピーがダメになった時
西田敏行の声がハッピーに聴こえてさ
ハッピーは足を引きずりながら
半分片足で歩いて
「よく頑張ったな、ハッピー、ありがとう、もういいんだよ」
って声を、ハッピーは聴くんだよ

それで、ハッピーは
主人公の亡骸の側で
息を引き取るんだ

『マーリー 世界で一番おバカな犬が教えてくれたこと』
もすごく良かったよ
マーリーが亡くなる時に
亡くなる前に
飼い始めた時から
貰われた時から
マーリーにはきっとぜんぶ
分かってたんだと思うよ

こんど日本版の『南極物語』を見ようね
一緒に見ようね
ねっ、パフェちゃん、大好きだよ

だから、おしっことうんち
覚えなさい
優しい人に媚びを売るのを
やめなさい
まだ、君は幸せを知らないんだから
お兄ちゃんについてきなさい
ウチの家族の一番の幸せの中で
安らかな眠りにつきなさい
まだまだ、死んじゃいけないよ

だからパフェちゃん
おしっこ、うんこ、ちゃんと覚えよう
君は、立派な犬なんだから
いつも、慰めてくれてありがとう
祈れる犬なんて、そうそういないよね
いいこだね

おしっこ覚えようね、ねっ

[PR]
by ren_with_parfait | 2015-11-28 16:04 | | Comments(2)

季節の朔

吐き出す嘘
命そぞろなまま臨界点を迎える
気持ち滲み出した空に分岐点を覚える

そして知る
かくも尊きことでしら
かくも消失してしまうことを

嘘を知る
あれだけ愛したことすらも
あれだけ夢みたことすらも

幻であったのだと、今覚える

繰り返し繰り返しネジ巻き思考は
あの日や忘れた日々の事を
思い出させては静かに忘れる

忘れていく恋路を急いで
辿り着きたいところは何処
方位磁針の狂った愛は
みこころ叶わず更なる受難を
咎人ですよと私を責め続けるのだ

想うことすら咎なのか
忘れたることは罪だけど
覚えていても罪になる
罰は大概にしてほしいのに
傷つき 疲れ 崩れ落ち 膝をつき 泣いて
そしてスッと気持ちを整え
また歩きだすことの切なさよ
想うだけでいいのにどうして泣くのか
涙が流れなければ 涙腺が通わなければ
想いの枝葉は枯れ落ちて
冬に死に 秋に刈られ 夏にはもう居ない

月日が過ぎて 貴女と私の気持ちと気持ち
通うのであれば樹木は結び合い
華と華は呼びあって隣どうし
けれど枯れ 刈られ 夏に居ないなら
それは愛が死んだということだ

私は一度死に復活する
彼の方のようにではない
愛が死に復活するのだ
彼の方の御業かはわからない
唯(ただ)、唯(ただ)、唯(ただ)

今はもう辛い
独りきりで過ごす冬には耐えられないよ
どうか通りすがりの彼方様
私を、買って頂けませんか?

少しの慰めもなしに
どうしてサンツキ生きられましょうか

ピンクの神の尊き人は
また春に会いましょうと言いました

通りすがりの彼方様
また春に会えますか?
私を覚えていて下さいますか?

心は壊れて
膨らみすぎた風船のように
蛍に言わせてみるならば

(♪)

アタマのまちばりは止切れ
針音はどこ
ここはサバクよ
くるしいセキをしてる
ミルクにサトウをかぶして拾う

(蛍-ガラクタ-ふうせんガム)

彼女のように
瞬く詩人になりたかった
彼のように
消えゆく33歳を望んでいた

私はどこに辿り着く
あゝ蛍、あゝhideよ
アナタたちのようでありたい

救われる温度は氷点下には届かない
凍りついたココロを、溶かして下さい

冬を迎えるに夏を想う
季節の朔に溺れて固まる氷の中で

痛みに凍てついたキモチが
溶け出す季節はいつですか?

私は私を失って
代償に望むものが分からない
寒い、此処は、寒すぎる

ねぇ、クロ
クロの足りないネジ
シロがぜんぶもってた

クロ、シロ、クロ、シロ、クロ、シロ

そこから何が見える?
ねぇ、そこから何が見える?

[PR]
by ren_with_parfait | 2015-11-28 14:56 | | Comments(0)

キルドレ

私はここにも居ない
私はどこにも居ない
貴女を眠らせ、自由にさせるための
術を知らない
貴女を起こして、楽しく過ごすだけの
揺さぶりを知らない
音色を知らない

貴女が安らぎ、ゆっくり過ごすための
祈りを知らない
貴女が恐れて、立ち止まることへの
願いを知らない
貴女が動きまわるための
リズムを知らない
幸せな悲鳴に頼ってばかりだから

チャイムを鳴らすストーカー
私はそうはありたくない
世界や街を歩き回りその呼吸を飲み
そのために生きることはしたくない

迎えにいくよ
いつか必ず
貴女が困り果ててしまった時に
それが誰であっても、迎えにいくよ
幸せを功するためには
貴女の笑顔と涙が必要なので

それを晴れ渡る空と
悲しい夜月の朔にしてしまうことは
もうしたくない

正直、君以外に性欲が沸かないんだ
ケトルでインスタントに沸かしても
心の奥底の鉛はどこへゆくのだろう

これを産み落としてくれないか
非科学的でも
私が貴女と混じり、君と混じり
産まれるんだ

仮に彼らが極悪人でも
それは私だから育児は天部の才

いつか望むときたら教えてよ
全てを私達の次に残そう
貴女のためであっても
私のためであったとしても

ねぇ。
このわだかまりは命じゃない?
吉にもそんな命はないのかい?

私は撃ち落とすだろう

[PR]
by ren_with_parfait | 2015-11-28 01:41 | | Comments(0)

ロザリオ

人気のない山小屋に
群がる虫は請願を立てる
日々粛清される虫たちの
命の代価を求められる
目には目を 歯には歯を

その虫とは蜘蛛であり
また空に浮かぶ雲のようにも比喩しよう
益虫と、雨を降らす恵みの雨雲
恵みもすぎれば恵みでなくなり
益も過ぎ行けば断じて益ではなくなる故に
彼らは恐ろしく、ありがたい
恵みと益は等しい心にはなく
また正しいかどうかを裁かれるだろう

生前貴女が恋した人は
誰であったか思い出せない
いつなんどき貴女とはじめて出会ったか
私なそれを思い出せずに喘いでいる
むしろ、口から魂を吐き出し
吐き出した言葉と土に還るものは
形のない吐瀉物に違いはないのだ
見える見えないは関係なきにし

吐いているから
何かを出さずに居た堪れない
いつか貴女も拒食症
遊びことばが踊りだすならまるで
虚飾に塗れた傲慢たるルシファーよ

我々は道を誤った
そのことにさえ救いがあります
全てを存じ上げているからこそ
機会はほぼ∞に与えられているのです

我々はあの時に道を誤った
先に私が、そして貴女が
取り替えしにはいけないのでしょうか
貴女が呟く人打つ言葉

『早く殺せ』

望まれない結末を持ち出したのは
きっと
自分が望まれないと憶ったから
でも、大丈夫
いつでも俺はここにいるよ
命と、貴女が引き換えにならない限り
これは前へと進まない

貴女が私を失えば
より、真っ直ぐに歩けるだろう?
私はある人から魔性と
死ぬ運命を奪った、だが復活する
決して墓場から蘇るのではなく

私のロザリオは貴女のためだけにある
きっと、きっと、きっと
[PR]
by ren_with_parfait | 2015-11-28 01:05 | | Comments(0)