Achaさんの家に二泊して、
沢山色んな話しをしてきました。
本当は私が自作したPCのメンテナンスに行くだけのつもりが、
話しが盛り上がって2泊することに。

とっても楽しい時間を過ごせました。
hideちゃん、X、Raphael、Dir en greyとかのファンの子で。

夏のはじめにLiveに一緒に行った子です。

Rhaphelのチケット譲ってくれるというので、
行ってきます。

本当はKnotフェスもとても行きたいんだけど、行けるかなー。
X主催のLiveも行きたい。
無駄使いを極力少なくすれば。

荒い流さないトリートメントとか滅んだと思ってたけど、
滅んでたのは私の人生の方でした。

美意識高めて行きたいですねー。

それで、色んなものプレゼントしてもらいました。


本当にありがたや。
タブレット欲しかったからすごく嬉しいけど、
少し古いからroot化しないと使えなくて大変。
無事ノートパソコン替わりになるかなぁ。

c0343734_02305070.jpg

カラオケにhideちゃん連れていって熱唱しました。

また会いたいな。
でもウチ、何にもないからな~。
パフェに会いたいって言ってるけど、
パフェちゃんだけで一日暮れるかも(笑)

音楽の話しを沢山したから、
少し火がついたから、
谷口楽器にレフティギター買いに行こうかと思ってます。
レフティベースでもいいんだけど、
あ!あとハローワーク行かなきゃなぁ。

また近日中に会いたいな。
楽しかったからね~。
男女の友情はあると確信しました。
楽しかった~。

その人も昔の彼氏を探していて、
私はずっと愛している人がいる。

お互い幸せになれるといいんだけどね。
頑張らないと。

Youtubeのリスト作ってみました。哀しみを忘れた居た堪れなさとリストにしたつもりです。

明日もいい日になりますように。

いつもお疲れ様です。したっけ!




[PR]
by ren_with_parfait | 2016-08-31 02:35 | 日記 | Comments(4)

30代が始まった

今日も腕が痛い。
日に日に腕の痛みは悪くなるが、最近交友を持ったFさんと貴重なトークをした。
この方は私より10も歳が上だが、
決して諦めずに人生を取り戻そうとしている方で、
私と同じ病気だ。

AchaのPCのリカバリのついでくらいの気持ちで、敬愛するYuch師匠とその方に言われた言葉を思い出し、障害福祉課に職探しの相談に行ってきた。

正直青っ恥をかいた。
私よりずっと若い女の子に怪訝な顔でテキパキ話され、覚悟もなく、軽い気持ちで職探しに来た私が悪いのかもしれないけど、私?いや、私ってなんだ。

俺が。

俺が悪いのかもしれないけど、全く質問の要点しか聴こうとせず、就労移行支援に自分で電話してくれ、市役所はそういうところじゃないですから、と言われた。

ここまで落ちたか、と正直思った。

10代、16歳までハーレム人生を送った俺が、
こんな小娘に「だらしない中年」みたいに見られたことが、悔しかったし、それでも楽観的な自分に嫌気がさした。

Yuch師匠に少し報告をして、Fさんにも報告をして、自宅に帰ったらAchaから着信があり、ずっと彼女の話しを聞いていた。

俺は正直「病気を盾に甘えてる」とか「人としてダメ」とかそういう言葉が嫌いだったけど、30代を皮切りに自分を見る周りの態度が変わった。

Achaとは明日会うが、彼女には彼女の問題があるにしても、豊富な経験を聞いて楽しかったし、心理学で学んだ考え方で彼女に一貫したアイデンティティを見出せたのは成果だ。

俺は祝福と恵みに感謝して、はじめて手を組んで友達ひとりひとりのことを祈り、厳しいことも覚悟すると誓った。

すると、Achaとの電話を切ってすぐFさんから電話があった。
話しを丸く収めようとつまらぬ知恵を働かせて、裏で舌を出すような私の心をこそ戒めてくれる人が必要だった。

Fさんは2時間に渡り、病気に負けないで挑戦し続けたら、まだまだ楽しいことたくさんあるし、家庭だって持てるかもしれない、それにお父さんお母さんが死んだらどうするの?と、責任感から俺に何度も何度も色んな方向からやる気を奮いたたせようとしてくれた。

でも俺は過去に何度もやる気になって失敗したから、Fさんの言うことをよく肝に命じ、仕事は探し続けるけど、楽観的に余裕を持って臨みたいと言った。

それはそれでいいと思うよ、と言ってくれた。

Fさんが伝えたいことは、今の俺が全てを理解することはできない。でも、カウンセリングのように会話をした酔いを完全に覚ましてくれた。

俺は仕事がしたい。
今の生活は退屈だ。
このままではいけないと予感が心を離れない。
だから仕事を探すし、
俺は本気でクリスチャンになる決意をしたから、
聖書を読み終えたら教会とかでも人脈を作る。

Fさんはこう言ってくれた「なんで俺が恋くんと話してるかわかる?コミュニケーションもちゃんととれるし、自分のことよくわかってるし、変わりたいという意志があるからだよ」「もっと積極的に行動してごらん」と言って、今から頑張るのとそうしないのとで、将来のお給料がどう変わるかまで説明してくれた。

俺は、「病気がよくなった」は言い飽きた。
十分だ。
しばらくゆっくりしようと思っていたけど、
感覚が違うと告げている。

俺は愛している人がいる。
それなのに俺のしてきたことはなんだ。
何かひとつでも成し遂げたのか。

30代の厳しさは、これから沢山感じるだろう。
でも負けはしない。
俺を人生のドン底に落としたアイツのためにも俺は祈る。
17歳で俺を不幸に陥れて、自分から連絡しておいてストーカー呼ばわりしてボロボロにしたやつだ。
アイツの幸せを俺は祈る。

嫌いなやつ、ムカつく奴、どうでもいい奴のために祈る。手を組んで、一人きりで祈る。

俺が真剣に祈れば、祈りは届く。
それが不義でなければ、祈りは届く。
hallelujah!

俺は洗礼(バプテスマ)を受ける気はないし、その資格もないと決めている、教会でマインドコントロールされたくないから、信頼できる聖書と向かい合うだけだ。

それでも祈りは届く。
必ず届く、それが必ず他者を思いやる気持ちからなら。

陥れてようとしたり、嘘の祈りをしたら、
それなりの罰ががある。
知っていることを、知りながら行っても、
罰がある。当たり前のことだ。

俺は何があっても諦めずに生ききってみせる!
[PR]
by ren_with_parfait | 2016-08-27 02:18 | 日記 | Comments(4)

Thank you for my Happy Birthday!

ステキな誕生日になった〜! 神様ありがとう、友達のみんなありがとう、
ブロ友さんもありがとう、お母さんありがとう、
エブリスタの同胞もありがとう、そして

パフェ、ウチの子になってくれて本当にありがとう!

今日はパフェと合同バースデーを行うべく、
午後3時に自宅を出て竹林公園を目指しました。
無理やり秩父や箱根に行くことも考えましたが、
この10年、何よりの宝物はなんだろう?
と考えました。
5年お付き合いした女性?
それは勿論、特別席です。

じゃあ、過去に類を見ないほどたくさん作れた、大切な友達?尊敬する先輩?お母さん?

ん……パフェだーっ!!(笑)

この10年の一番の宝物はパフェ。
お兄ちゃんが機嫌の悪い日も、
構ってほしいのに相手されない日も、
散歩に行けなくても、ごはんが貰えなくても、
入院して会えなくてもじーっと耐えて、
お兄ちゃんが迷ってるときは本心を教えてくれて、
お兄ちゃんが悩んでるときは頭を抱えて悩んで。
前の犬と比べられても嫌な顔をせずに、
妹だと呼ばれるようになったら心底徹して、
『お母さんのお迎えに来るんだよ、一番先に』
と言ったらちゃんとわかって、
最近は私の真似をしてお祈りをするようにまで、
私に寄り添ってきてくれた子。

そのパフェと、いざ竹林公園へ向かいました!


c0343734_00035849.jpg



1時間前から今日が楽しみで待ちきれなかったパフェ。
誕生日を過ごす相手に自分が選ばれて嬉しい様子。
バカ、お兄ちゃんモテないんだぞ(笑)



c0343734_00035964.jpg




ここ東久留米の名所らしいですが、
ぜんぜん人が来てるの見たことないです。
パフェの第三の散歩スポット。



c0343734_00040056.jpg




水分補給はしっかりと。



c0343734_00040168.jpg




いい天気♪



c0343734_00040229.jpg




草の加減が気持ちい〜♪



c0343734_00040312.jpg




空は青い。



c0343734_00040425.jpg




まだまだ歩くよ〜!



c0343734_00040577.jpg





旅の無事のためご挨拶、お外にいてね。



c0343734_00040617.jpg





私はまだまだいけるよお兄ちゃん!





c0343734_00083309.jpg




まだまだ行くよ~!



c0343734_00102572.jpg




う~ん、私このあたりだと思うんだけど……。



c0343734_00110900.jpg


休憩♪



c0343734_00120722.jpg


私はいくらでも歩けるもん!



c0343734_00140967.jpg


ねぇねぇお兄ちゃん



c0343734_00145869.jpg

落合川はこっち!
(知ってたなら教えろ~~!)


c0343734_00154031.jpg



やばい、暗くなってきた。
そしてiPhoneの電池がNeeeee!!!



c0343734_00162325.jpg




竹林公園着きました。
残り電池4%……どうやって帰るの。



c0343734_00170718.jpg




お兄ちゃんと私ならだいじょーぶ!いくよ!




c0343734_00173929.jpg




竹林、キレイでした。




c0343734_00182108.jpg



1



c0343734_00184101.jpg


2



c0343734_00181029.jpg



3


さーて二人でなんとか家に帰ろうか?




c0343734_00193523.jpg



お兄ちゃん寄り道しすぎなんだもん……。



そして地図のないままたどり着いたのは、パフェをもらってきたペットショップの通り。
私はパフェと一緒なら大丈夫な自信があったし、パフェも私を信頼していた。

家について、やったね!
と言うと「ニッ」と笑うパフェ。
とても絆が深まった日でした。

幸せに30歳を迎えられて私は嬉しいです。
きっといい年になりそうな予感。
これからもまだしばらくは、パフェと一緒に!

腕が痛くてコメント巡りキツくてすみません!

どうかよい晩夏よあれ。

したっけ!
[PR]
by ren_with_parfait | 2016-08-25 23:19 | 日記 | Comments(2)

誕生日になりました。

相変わらず腕が痛いです。
詩人全集を開いて少し目を肥やしていました。
敬愛する詩人さんのイベントに誘われているのですが、近頃は詩心どころか心そのものを失っています。

私は包み隠さず話しましょう。
もうあの子のことは諦めたほうが良さそうです。

私があの子の立場なら、
こんな男は嫌です。

それが30になり冷めざめとわかりました。
これまでの詩は、肥やしになっただけで、その時の気持ちは嘘になってしまうのでしょうね。

本当にあの子は帰って来ませんでした。
私は他の人と結婚することは考えられなくて、
なのに私には何もないし、仮に彼女が帰っても、
彼女の望むことじゃなくて、
自分のしたいことをすると言うでしょう。

客観的にみてこの男に未来はありません。
いつだかドキュメンタリー番組をみて、
夫が病に狂い、妻が逃げてしまったあと、
夫は毎日毎日妻の帰りを待つ日記を書いてたそうです。
それで妻が感動してまた夫と過ごすという話しです。
番組を一緒に観てたとき
「こうなったら帰ってきてくれる?」
と聞いたら
「帰ってくるよ!」
と言ってた彼女、あんなに私を溺愛してくれていた彼女は、もう居ないのでしょう。

私は最近全てのことに無感動で、
友達付き合いも詩を書くことも何もかも、
とてもつまらないことに感じてさえいます。

10人おじさん世代の人と出会えば、
尊敬出来るのなんて1人か2人、
それ以外の尊敬出来ない人の生活水準に届かない私。

結婚はないのでしょうね。

これからじわじわと自分と戦いながら、
本当のおじさんになる道を歩んでいきます。

私は私の人生に期待を望むし、
期待以外のことは要らないと考えます。

自分で自分を制御して生きていきたい。

明日はパフェと湧き水で水浴びしてきます。
パフェがいる内は生きていられるでしょう。

いつでも彼女は私から去ってよいのです。
もう、私に残された期待はないのでしょう?

私は私なりに報われない人生を生きるでしょう。
誠心誠意報いない限りは。

悔悛します。

今日も、明日も、とこしえに、
彼女の幸せがあり、私の大切な人の幸せがありますように。

まぐまぐ。

したっけ!
[PR]
by ren_with_parfait | 2016-08-25 02:45 | 日記 | Comments(2)

右腕が痛いです。
起き上がるのに1時間かかります。
楽な姿勢はしばらく歩いた後に寝るときか、
しばらく寝た後で歩いたとき。
右肩から肘の付け根くらいまで痛くて、
癇癪起こしながらジタバタしています。

あー、誕生日は秩父行くつもりだったのになぁ。

去年のX'masに原因不明の痛みが襲って、
1ヶ月くらいで良くなって、
それでも咳とかすると痛かったのが、
やっと治ったと思ったのに。

人は病だと嘘がつけません。
起きたら大好きな人がいて、
おしぼり持って「大丈夫?」とか言ってくれたら、
こんな痛みはどうでも良くなると思います。

熱があるわけじゃないので、
おしぼりの意味ないですがイメージ的に……(笑)

もうちょっと歩くときの痛さが、
歩いてさえいれば平気って感じなら、
誕生日旅行決行したいんですが、
ちょっとこれは自信ないですね。

動かないでいても悪くなるみたいなので、
接骨院に行こうかと思うんですが、
近所にいい接骨院を知らない……あー、
こんな痛みはみんなが経験するものなんだろうけど、
何せ健康体に育ったものだから慣れない……。

いたたたた……、
心の病はハッキリ言って、
薬さえ飲んでればもう大丈夫だけど、
失ったものが大きすぎるなぁ。

これが薬害とかじゃなきゃいいんだけど、
どうか私の代わりに素敵な月末を〜!

したっけ!
[PR]
by ren_with_parfait | 2016-08-23 19:18 | 日記 | Comments(2)

今さっきのお散歩。

さぁ〜行くぞ〜!


c0343734_11210236.jpg





今日も暑いですね〜!





c0343734_11210364.jpg




夏ワンサカリ♪





c0343734_11210418.jpg




いつもの水浴び場。





c0343734_11210409.jpg





すっかり味を占めてます。





c0343734_11210515.jpg




あー、極楽〜!




c0343734_11210534.jpg




プルンッ。






c0343734_11210660.jpg





ぶるるんっ。





c0343734_11210726.jpg





ふひー、気持ち良かった!
続きの散歩するの。





c0343734_11210730.jpg





信号は青になったらだよっ!






c0343734_11210875.jpg





今日も公園を独占だ〜!


パフェでした。
いつもコメント、イイネありがとうございます!
イイネを押せないトラブルが発生しているらしいのですが、excite blogの愛嬌ということで!


したっけ!

[PR]
by ren_with_parfait | 2016-08-16 11:13 | 日記 | Comments(4)

大ッ嫌い、大ッ嫌い、トリニトロンなんて大ッ嫌い!

半年くらい借りていた小説をようやく読み終えました。
あ~、しばらく余韻に浸っていたいな~。
小説読むのなんて久しぶりすぎて、最後の数ページをゆっくり読むのを忘れていました。

あーそうだ、小説ってこんなに楽しかったんだ。


Yuch師匠に借りて、半年くらい読むのにかかったんじゃないかな。
でも内容はよーく覚えている。

東京オリンピックが迫る日本、その原宿を舞台に物語は始まる。
主人公の木谷巧とその相方である2mを超す大男の鎌田は、
移民政策を推し進めた日本の裏側に出来た地下経済と、
表の経済の橋渡しをする仕事をしている。通称"フリー・ビー"だ。
数年後の日本という国の地下経済では、N円という仮想通貨がによるもう一つの経済が作られていた。
木谷と鎌田は、WEBエンジニアとしてブティックでの決済システムの仕事を請け負う。
ブティックでの仕事を機に仲間になった敏腕プログラマ森谷恵と新たなチームを組む彼らのところに突如、
大規模なポイント決済システムの話しが舞い込んでくるのだが――。

リズミカルかつ躍動的な文脈の中で描かれている、この作品の暗号とは何か。
あなたもお手にとって読んでみるといいだろう、東京オリンピックが来てしまう、その前に。

あ”-っ!!難しいなこういう文章。
もっと普通のレビューにすればよかったあ”-っ!!
ハイ、半年かけて読む本じゃないです、サクサクッ!と読んで、
急ぎで感動を分かち合ってすぐ次へダイブするべき小説です。
藤井太洋先生ネ、それだけは覚えておくとして、あ”-っ!!面白かった(笑)

やっぱ凄いな~、プロの作家さんて凄いな~。
まず読み始めて思ったことは、この先生、書くことに徹してるな~って。
少ない文章、特に会話のやりとりから、キャラを必要なところは引き立たせ、
最低限の描写だけで物語が進んでいって、地下経済の話しだからドス黒いことかっていうと、
全然そんなんじゃない、むしろリアリティのある世界をオブラートに包んで、
より私みたいな平和ボケにも分かりやすく噛み砕いてくれていると思いました。

幸せだ~、いい小説ありがと先生!次はこれを貸してくれた人が読みます!

ん~、今日はわりと達成感があった日かな。
朝起きてすぐ新聞買いに行って、サムエル記のⅠを読み終えて、
勉強して、小説読んで……これを続けにゃいかんとです。

また振り出しに戻らないようにしないと……。
小説一冊読み終えただけで満足、至福です至福、ん~っ。
これ以上何も言うことはないな、そだな、漢字の書き取りも楽しい。
聖書もスラスラ入ってきたし、今日は足ることを知ろう。

私の詩も、一向に上達しないことだし、ここらで自称文学青年だった頃のように、
面白いものはどんどん読んでいこうかな。

自分の人生が少しづつ取り戻せそうな気がしているんです。

普通の人からしたらチョッとおかしい私だけれど、それでも生きてて楽しいって、
そう思えることもあるって、それだけで幸せなことだと思うので、あー楽しいなぁ。

明日もいい日になりますように!

したっけ!

[PR]
by ren_with_parfait | 2016-08-15 22:51 | 日記 | Comments(2)

どうして
私が詩を書いているかって

それは

あの子が昔
詩を読んでくれたから

私の詩を楽しそうに

読んでくれたから
誰より真剣に読んでくれたから

私を凡人だのバカだのと
罵って飼いならしたあのいたいけな
悪女の人が

私の詩だけは楽しそうに
読んでくれたから

だから私は詩を書いているのかも
しれません

思えば惰性で書いてきました
もう壁にぶつかっています
乗り越えるのにはひと苦労です

ちょっと何だか難しい状態です

苦し紛れに毒を吐いたり
たまに素直にさらけ出したり
してきたけれど

私が一度死んだとするなら
なんてゆうか、惚れるような

そんな詩が書きたい

です
[PR]
by ren_with_parfait | 2016-08-15 17:53 | ぶつくさ | Comments(0)

糸車

糸車が回り
紡ぎ出された恋文は
憂鬱を前にして
いともたやすたく
巻き取られてゆくのだろう

風車が回り
目を奪われた時にもう
時間は呼ばれて
かくもかぐわしき
今へと飛んできたのだろう

水車が回り
しぶきの涙が顔を走れど
戻らぬ時間は
たしかな気持ちも
足らない願いと繰り返し

火車は回り
舌足らずな文章を
惰性で殴り
安堵しては気取り

さすれば糸車は回り
手繰り寄せたるあるべき未来は
所詮は吐き出す形など
選べぬことを教えてくれて

そうして風車は回り
水車は回り
火車は回り土のたうって
口裏合わせで舌打ちしたりて

投身、君に届くほど
糸車は回り
かくもたやすく矢車は回り
射出する向き不向き知り
君来たりては叶えられたい

叶えられたい彼女の願いを
叶えてあげたいコトバのもじりで
数えてあげたい叶えた数だけ
夕焼け小焼けに焼きつけて

伏せろ伏せろよそのままに
さもなきゃ葬には化けれぬぞ

2016.08.15
[PR]
by ren_with_parfait | 2016-08-15 16:59 | | Comments(0)

純真

はち切れそうだ
もう、詩なんて書かないと決めたのに
どこかで君と再会出来ると願うと
私はこれまで生きてきた全てを
君に差し出したくなるんだ

何にも長所のない私だけど
君への想いはずっと書いてきた

どうすれは君と再会できるのだろう
どいしたら君と幸せになれるのだろう

愛を貫くのは楽なことだ
でも物足りなくって、きみの純真を抱きしめたい
[PR]
by ren_with_parfait | 2016-08-15 03:25 | | Comments(0)