神経衰弱

今日は元の生活に戻れると思ったけど、
まだ若干気が触れているみたいで、
えらーさんのお父さんが書いた歌詞に曲をつけることを依頼されて、
色々メロディーを浮かべていたけど……

そこで入った女友達からの連絡がどうしても辛くて、
「ああ、まだ神経すり減ってるんだな」
と思ったから、今日は早めに寝ることにします。

ハニーさん達が楽しく会話しているのにも交じりたいけど、
冗談やユーモアを感じとる力が弱っていて、
本当に疲れているんだと思います。

今日やったことはパフェの散歩だけ、写真、撮りました(Good!)

10歳にしてまだ疾走するパフェの躍動感をご覧あれ~~。

c0343734_19080657.jpg



c0343734_19083342.jpg




c0343734_19084611.jpg





c0343734_19085377.jpg



c0343734_19090281.jpg



えへへ、沢山走ったよ~、
でもお兄ちゃん大丈夫?のパフェ。



c0343734_19093146.jpg



c0343734_19101481.jpg



今日は私もアンニュイだな~。




c0343734_19103382.jpg




野球のグラウンドにずかずかと入り込む(笑)




c0343734_19105824.jpg




パフェは嬉しそう♪僕の様子を伺いながら、
離れすぎないように様子をみて走るパフェは、
ノーリードでも少し安心できる。



c0343734_19114028.jpg





もう帰るのっ?
ごめんね~お兄ちゃんなんか気が立ってて。





c0343734_19120416.jpg



お兄ちゃん帰るなら早く帰ろうよ~う。




c0343734_19122117.jpg



自宅に着いてほっこり顔のパフェ。
今日も笑顔になってくれてよかった。

最愛の妹だから、辛い思いはしてほしくないし、
僕と一緒に悩んでくれるのは嬉しいけど、
いつも世話ばかりかけてごめんねぇ、という気持ちだから。

もぐもぐ。明日は快晴の一日になりますように(心が)
読んでくれた方にも、とこしえの幸せが約束されてますように。

おやすみなさい。

ぐみぐみ。



[PR]
by ren_with_parfait | 2017-01-30 19:14 | 日記 | Comments(10)

Hate

何を思おうお天気雨だ
泣けてしまえばよいものだけど
今は泣くこと自体が憎い
憎しみと恐怖を睨みつけ
いますぐ去れと呟いている
薄くて暗い暖かい冬
乾いた大地の上を這い
苛立つ俺は何を憶ってこうしてる

葉が枯れ落ちた道端の木
お天気雨にも見知らぬ顔で
ただ優しくない植物としての辛さ
彼らには次の雨が来なければ
じっと耐えぬくそれだけだ
そして雨のち晴れで勢い叫び
喜び誇らしげに未来に空へ
真っ直ぐな気持ちで命を知ってる
彼らの誤解を招かぬように
彼らを敵に回さぬように
それと出逢うために外に出たのだ

Hate
彼ら植物の恨みとは
Hate
命を果たせぬことよ
Hate
どこまで根を伸ばしても
Hate
彼らはそれで傷つけない
Hate
彼らの憎しみは
Hate
彼らの内にある

苛立ちすらをも言葉にしたくて
憎しみすらをも言葉にしたくて
ただ今思うことを共有したくて
乾いた自然を眺めていたら
心の内側露わになった
なるほど童が集える公園よ
お前も同じ気持ちというなら
己の心も慰められよう

何ひとつ艶やかな涙も零れぬその中に
何ひとつ華やぐ笑顔もないその中に

雨なく晴れなく
ただただ耐えゆくその中に
命を捨てないその日々に

命は優しさ知っている
堪えて待つこと知っている
それを知れたら十分に
私は今日を生きられるだろう
憎しみの意味すら分かるのだろう

Hate
自分が出来ぬこと
Wish
あなたにかなえてもらいたい
Hate
自分に出来ること
Wish
あなたにかなえてあげてみたい
[PR]
by ren_with_parfait | 2017-01-30 13:47 | | Comments(0)

未練へのはなむけ

ただ雄弁に
ただ花弁に
饒舌の舌を弾かせて
人を求めて来たけれど
ここで行き止まりだ
さようならなど必要なくて

ただ能弁に
ただ多弁に
上手に言葉を扱うほどに
恋に命を探してきたけど
ここで行き止まりだ
ひとりきりが始まるんだ

僕は君から離れていくよ
君が僕から離れてくれた
そんな意味すら分かる気がする
僕はこのときを待っていたし
どんな時でも待っている
あなたが次を求めるように
僕すら次に進んでしまう

時々流れる涙のわけは
未練の悲しい情事の気持ち
そんな事実を冷たく見ている
僕はこのときを待っていたし
どんな時でも待っている
あなたが僕に見つけたように
僕すらあなたに何かを見つけた

外せなかった片方だけのペアリング
外して二度とつけぬと決めた
この人生に連れていけない
未練だけでは足しにはならない
僕はこの時を待っていたし
どんな時でも待っている
あやたが僕を諦めたように
僕すらあなたを諦めている

ただ雄弁に
ただ花弁に
饒舌飾って書いてきました
人に求めて綴ってきました
けれどいま僕達に必要なのは
自分にしか生きられない人生でしょう
僕はその時を待っていたし
どんな時でも待つより動く
あなたとどこまで離れていっても
なくならないもの見つけているから

すでに言葉が死んでしまえば
新たな息吹が言葉に宿る
君が言葉の一部になって
言葉が君の一部じゃなくなる
今は恋とか未練とか
そんなところに美学がないと
私の書きたいものなどないと
ただただ素直にそう思う

君の人生の幸せを
動かすだけの力になるのは
未練からなどやってこない
なぜなら私はすがれるだけで
君を愛してなどいなかった
僕はこの時を待っていたし
どんな時でも待つより動く

そうしてたどり着いたとき
僕は貴女の未練になれる
さようならなど必要なくて
とっくに僕らは別れているから
ひとりきりがはじまるんだ
とっくに僕らは一人ずつだよ

この心ならば棄ててくれ
今に本当の詩心に出逢うよ
[PR]
by ren_with_parfait | 2017-01-30 11:53 | | Comments(0)

母に助けられました。

少し落ち着きました。昨日はゴメンナサイ。

母に助けられて、
ようやく気分が落ち着きました。

発作。

でした。

水曜日、友達と会ったのですが、
その友達とは三ヶ月に一回くらいしか会わない……その、
ソイツにとって、自分は何なんだろう、どう思ってるんだろう。
ってところから気持ちがこじれていったところと、
昨日のフラッシュバックは【精神科医になりたい】っていう20代の頃の、
強烈な医者になることへの憧れからでした。

その彼はセクシャルマイノリティーで同性愛、つまり、身体は女だけど、心は男、
という人で、ここ最近、三ヶ月に一回くらい会っては、ほぼ一方的な相談をきく。
それが僕自身のためにもなるという気持ちで関わってきました。

多少、気の利いた事言えなかったかもしれません、
ワイン飲みながら話しきいちゃったし、でも、えらーさんにも言われましたが、
「恋くんが気負うことは何もない」と言われたように、
自分が気負うことじゃないと思う、悩みは聴いたし、本人は聴いてくれるだけで、
助かるって言ってるんだから。

だけど……
「心理学を勉強している人は、人の悩みとかきくのが好きなんだろ、
だったらいい実験材料になってやるよ、話しをきいてくれてありがとな」
みたいなノリがひしひしと伝わってきて、

自分はためにならなきゃいけない、と思っていながら、
会う前日から緊張して、どうしたら相手のためになれるか考えて、
それでやっぱり無力感を感じている僕を見て、
まるで不倫をしてきたみたいな気持ちで『もう会うのやめようか』と言おうとしている俺に、
『親友だと思っている』なんて無頓着なこと言えるんだろう……俺は君にとって何なの、
心理学部の学生と、その研修のカウンセラーにあたっちゃった運のない患者なの?
それって親友ていうの?違うでしょ?
それだったら、ブログでカゼ引いてる中真っ先に俺の心配してくれるハニーさん達の方が、
ずっと親友だよ。と、今振り返るとそんな感じだった。

なんか自分の気持ちを踏みにじられたような気持ちがあって、
それが「いやいや、相手の問題じゃない、相手は悩みを抱えているけど、これは俺の人付き合いの悪さの問題だ」
と悩んでいる内に、なんでか知らないけど昏睡してしまって、
昨日起きた時には、「何が何でも精神科医になる」っていう20代前半の頃の夢が、
焼きついて離れなかった。

それだけならいいんだけど、もう本当に苦して苦しくて、
苦しみの正体が分からなくて、完全に自分でも気が触れているのを分かっていながら、
どうにも出来なくて、舌を噛み切って死にそうな衝動にかられたり、
親の部屋で首を吊ろうと考えたり、
元々人の一挙手一投足が全て意味深な攻撃に感じる病気を持っている自分だから、
外界の音が恐くて恐くて、色んなことが自分の人生の終わりを告げているようで恐くて恐くて。

頭の中いくらひっかきまわしても答えが見つからなくて、
それでもひっかきまわしてひっかきまわして、昨日の夜やっと少し落ち着いて、
今朝起きて少しだけマシになっていたので、
母にありのまんまの気持ちを話して、

や、いつも暮らしている自分の家でですよ。
いつも暮らしている自分の家で、3日3晩、理由の分からないことで、
死ぬほど苦しい思いをするっていうのは、ホント現場見てもらわないと分からない。
何が起こったらそうなるの、って、何を考えたらそんなことで苦しくなるの、
っていう、ホント苦しかった辛かった気が触れてた狂ってた、としか言いようがない。

母に伝えきれたー、と思ったのは、
もう10時間くらい話しをして、
6年前に別れた彼女との指輪を「母さん、これ預かっててて、こんな人生に付き合わせられない」
と言った時だから……。

3日ぶんの苦しみを消化するのに、10時間かかった。

最終的に、
病気を受け入れて、心から向き合う、
自分は健常者の人と同じようには人生を歩めないし、
同じ価値観では生きていけない、
自分でも自分の病気への理解が至らないところがあるし、
自分では病気と考えていなかったところでも、
それも病気の一部として考える先生もいるだろうから、
先生の書いた本や、患者さんの書いた本とかをよく読んで、
母と情報を共有しながら、少しぐらい友達に付き合ってもらったりもして、
ブログで読んでくれてる人にも少しでも病気に悩むってどういうことか、
伝えられるようにしたいって、

考えました。

元々【精神医療の現場で仕事がしたい】って願望が本当に強くて、
医者になるっていって受験勉強したことがあったけれど、
4月から始まる放送大学の全科履修で心理学の勉強をしながら、
自分の病気に対する知識をしっかり身につけていくことは、
一石二鳥だし、自分が病気で人間関係でこんなに振り回されているのに、
もっと大変な人たちの力になろうとしても、それは出来ないことなんじゃないか、
今考えても仕方がないことなんじゃないか、と思いまして。

とっても長くなっちゃいました。

この五百倍は行くであろう悩みを、母には打ち明けました。
耐えて聴いてくれた上に、
『病気と向き合う覚悟を共有してほしい』という気持ちを、
何とか受け入れてもらうことが出来たので、

精神科医になりたいって気持ちは一旦封印して、
他の友達にも言われたように
「一個のことだけやればいいんだよ、それが達成したら、また次を考えればいい」
そう……絵も書いてもらったえらーさん、
ほんとにえらーさんには助けてもらっている。
俺の助けになりたいと思ってくれているし、救えるものなら救いたいと思ってくれている。
なんかそれをひしひし感じて、えらーさんには本当に感謝しなきゃいけないと思う。
5歳年下で、生意気だけど、他人がそこまできづかってくれるなんて、
ありがとう以外の何でもないから、彼は俺を救おうとしている。

えらーさんの言葉で
「俺は自分を追い込んで何かを成し遂げるタイプなんだけど、
今、恋くんが自分を追い込んででも答えを出す時期に入っていると思う。
力になるよ。まぁ、一個のことに集中して一生懸命にやってさ、
遊戯王カードでも余計なカードを入れるとまわりがわるくなるでしょ?
いくつものことを一気にやろうとすると、それだけで前に進めなくなる、人生なんてそんなもんだからさ、
一個に決めて、それが出来たらまた次のことをやるようにすればいいんだよ。
映画をみたり、面白い動画を探したり、好きなことをすることでガス抜きしながらさ、俺もそれに付き合うし」

というようなことを言ってくれた。
その人情心はどこから来るんだろう、と泣けてくる。

それで結果、思い当たるところとしては、
音楽や文芸みたいな表現は、これからもしていく、
何せ病気の人は自己表現できない人が本当に多い、
僕も自分の病気のことを詩や音楽で表現することは出来ても、
その体験を言葉でこうしたブログで、相手に伝わるように書くことはできない。

でも、これからは闘病のために、
少し病気のことに突っ込んでブログを書きたいと思う。
今回みたいに長文にならないで、病気と向き合ってる毎日を書きたいと思う。

そして
気がつけば横で寝ているパフェ(笑)
パフェのことも、もちろん書いていきます。

だから、この一年でしなきゃいけないことは、
『意味のあることをする』ということもそうだけど、
『病気を受け入れて、病気と共に生きられるように、病気と向き合う一年にする』
と考えるようにしました。うん、『病気とうまく付き合えるように、病気と向き合う一年にする』。
それはずっと高望みでしかない【医者になりたい、それが無理なら違う仕事で病気の人の力になりたい】
という気持ちにも反しないことだから、ズルいけど、一石二鳥。

色んなやりたいことはあるし、中々絞れない性格なのは自分でも分かっているけど……、
今は何とか親とも病気に対する連帯意識を持ってもらえて、
それで、実に自分は病気に支配されていて、
この病気は『完治がない、病気を受け入れて生きるしかない』
闘っちゃだめだ、病気を持っていない人と同じには人生は運んでくれない。

健常者として生きる人生には一旦見切りをつけて、
病気を持ちながらもゆったりした気持ちで、前に進んでいけるように、
統合失調症についての本を読んだりしながら、色んなことをゆっくり進めていきたい。

そう思っています。

だから、今年は病気のことおおっぴらにするかもしれません。
なんだか、人の前で明るく、普通に振る舞う自分と、
母の前で頭を掻きむしって悲鳴を上げて泣き叫んでいる自分の差が、
恥ずかしくて、耐えられなくなって、それなら、友達にも、ブロ友さんにも、
病気を打ち明けて、もし少しでも分かってくれたら、
この病気の人がどんな風に苦しんでいるのか、何を闘病生活で見つけたのか、
そういうことを人に伝えていけた方がいいようにも思えるんです。

だからゆっくりとではありますけど、
一年じっくりと病気と向き合って、
もっと自分自身がどういう病気なのか、
何か気持ちだけ無理に空回りしていないか、
病気と上手に付き合って、それを自分にしていくにはどうすればいいか。

本当にそれが出来ればいいと思っています。

自分は、いつかは健常者と同じになれると思っていたし、
健常者としての夢も叶うと思っていた、希望的な観測はいいんだけど、
実際は違う、ハッキリと都に認可された障がい者としての自分がいる。
心に爆弾を抱えている。

もう、自殺を考えるようなことだけはしたくないから、
今年大化けするって僕は言いましたし、実際に大化けすると思います。

でも、それ以上に自分の心の醜いところでもここに曝け出すと思います。
そして、イエス様を信じます。

長くなりましたけど……、
どうかこんな恋の良いところを見つけてくれた方がいたら、
これからも仲良く付き合って下さい。
僕はこれでもブログも一生懸命です。
ブロ友さんにもゆっくゆっくり、自分がこの病気と、
どんな人生を歩んでいるか、そのりんかくが伝わればいいと思っています。

それで、僕と同じ病気の人への目線が、
少し優しくなればいいと思っています。

僕は、僕と同じような悩みを抱えている、
爆弾を抱えている人たちの人生を幸せにしたい、
それが僕の究極の願望です。

だから、今は病気と向き合います。
病気を自分自身だと思って、それをさらけ出します。

ただ悩むだけじゃなくて、自分を分かろうとする努力をします。

それが自分と同じ悩みを持つ人のためになれるように、
それを念願として生きていきます。

これ以上言葉がうまく出てきませんが、
僕と話して、病気の人はこんなに苦しいんだ、
でも頑張ってるんだね、恋くんは、と心から言ってもらえるように。

病気を持ちながらもそれを一生懸命表現しようとしていること、
潔白で正直な心で、生きていきたいと思っているが故に病気になったこと。

もっともっと悲惨な人生を歩んでいる人がいて、
そういう人たちのためになることが、人生の最終的な目標だってこと。

そして表現は、自分の感情を残すための手段で、
それももっと頑張って楽しんでもらえるようにすること。

僕が何かを頑張ることで、誰かの幸せが増えてほしい。

『努力 即 幸福』

母のコトバです。

僕が今日気が付いたことは

『人を好きか嫌いかと、その人がいい人かわるい人かは関係ない』

ということに気がつきました。
嫌いだからといって人格を全否定しているわけじゃない、
好きだからかといって相手のすべてを受け入れるわけじゃない。

そんなことを考えました。

今年、僕は化けるはずです。
成功するイメージが出来ているからです。
いくつかあります。

・つまびらかにギターを弾いているイメージ
・自分の書いた詩か小説が、何かの雑誌に掲載されるイメージ
・医学生向けの電子辞書を「本当に使うことになったかぁ~」と思って使うイメージ

成功するイメージがつくものは、少なくても可能性はあることだって思いたいから。

病気のこと、研究します。
自分自身の当事者研究です。
何もかも投げ出してそういう本ばっかり読むわけじゃない。

自分のことは自分で決める、
自分の尻ぬぐいは自分です。
行動はすべて自分が責任を持つ。

だけど、死にたくないから。

僕と友達でいたいって思ってくれてる人には、
少しでも病気を分かってもらえるように努力する。
それがどんなに辛いかってことも、
それで自分が頑張っているってことも、
頑張っている障がい者が一人いるだけで、
人はとっても励まされるのを知っているから!

さぁ、明日も頑張ろう。いい日になりますように。

ぐみぐみ。



[PR]
by ren_with_parfait | 2017-01-29 22:57 | 日記 | Comments(0)

フラッシュバック

真っ先に誰かに相談して、
解決するべきだったことなのに。

こんな時のための診察に、
行かずに昏睡しながら、
夢と現実が意識の中でゴチャゴチャに。

言葉にして拾い上げることも、
何だか出来そうにない。

救難信号を出すほどまでじゃないけれど、
家から一歩も出る勇気がない。

そんな時に考えなきゃいけないことは、
生存する術なんだろうけど、
そんな根源的なことを気にするのも辛く、

フラッシュバックした20代の頃の夢を、
どう心の中に納めればいいのか、考えて、
頼れそうな友達を思い浮かべて、
その人が言ってくれた親切な助言から、
何とか自分のりんかくをハッキリさせようとする。

今そういうことを考える段階じゃない、
とか、全然違う誰かに友達が向けた助言を自分にあてはめたりする。

自分が誰かも見失う。
そんなもの特にないんだけれど、自分は何をしようとしていて、
何を考えて生きているのか、どこへ向かいたいのか、

何が出来て何が出来ないのか、
書き始めたこの記事を畳んで、家族の助けを待つことは、
出来る気がする。でも、一人で生きていかなきゃいけない。

自分のことは自分で片づけないといけない。

友達に相談したら、どんな反応があるんだろう、
と考える、思っていることを話せるだろうか、
話した上で、友達でいてくれるのだろうか。

これでも精一杯、いいように見せようとしている自分と、
実際に毎日のように現れる、誰にも見せられない自分、
その差が大きくて、その差を縮めるために、こんなことを書いてる。

病気がとてもひどい時の自分なら、
取り乱し家でじっとしていることも出来ないだろう。

だから「ずいぶん回復したと思いますよ」という言葉は、
ある程度、自分が頑張った末に勝ったんだ、という気がして、自信に繋がった。

何もしなかったわけじゃない、
これでも、病との闘いに勝った面はあるんだ、
そういう自信はあったのだけれど……。

今、フラッシュバックした20代の頃の夢が、
あの時より近いのか、あの時よりずっと遠いのか、
胸の中で片づけてしまっていいことなのか、
ひとまず片づけないと何も見えない、どうしたら、と。

灯油の巡回販売に、ふと意識が奪われて、
何かが重症になっているな、何かが間違っているな、と、
考えるけれど、考えが一周回っても、
自己理解が出来た気がしないものだから、すっかり困ってしまう。

パフェが石油の巡回販売と闘う体制に入る。
そこに居留守を使う以上のことが自分に出来るのか。

皆が、立ち向かっている当たり前の日常、
当たり前の毎日、それに立ち向かうことが出来なくて、
責任を半ば放棄して、気が済むようにしてきた毎日、
それでも頑張ってきた……、
「自分に出来ることをしていない……」
っていつも思っていたし、今も思っているけれど……。

ひとりで部屋でじっとして、
時々入る友達からの連絡や、
友達と会ったりすることで、呼吸をして、
それぞれの人に慣れて、それぞれの人と関わって、
お金を使って、気を揉んで、上がったり下がったり、
その繰り返しで、それが無くては生きていけない……。

それで生きてこられた、でも失くすのは簡単だと思う。

心の病に流行り病みたいなのがもしもあるなら、
今それにかかっている、こじらせているという感じがする。

当たり前の自分がどうにも受け入れられない、
受け入れられないからやっていけている。
これが自分だ、と思うしかないことでも、
いや、これから自分はもっと変われるんだ、と思うことで何とか自尊心を保っている。

誰かが自分の生活を覗いたら……一瞬で嫌われる自信がある、
誰かが自分の心を見ることが出来たら……一瞬で嫌われる自信がある。

そんな自分で居たくない、ただそれだけなのかもしれない。

この歪で困りものの自分と死ぬまで付き合うのは、自分自身で。
そんな自分の気持ち暴走するのを、ただ眺めて気を揉むのは、一番は自分自身で。

ここで吐き出せて少し気が楽になった……。

こんなことで人を振り回す自分はイヤだけれど、
家族だから振り回していいとはもう思えないし……、
自分自身が救われるために、誰かの力になろうとするような、
今までの歪んだ考えの延長では、どうすることも出来ないと思う。

だから、いったん、
このフラッシュバックは、大切にとっておいて、よく考えてみよう。

これまでの生き方で得たものから、
少し違う生き方を獲得しようとするのは、
誰もがやっていることだと思うのだけれど……、

これまでの生き方があまりにも頼りないのは、
自分の責任だし、自分に責任をとることでしか、
変わることはできない。

外と関わり合いながら、そうか、
闘病が次の段階に来ているのかもしれないな、
社会に果たして受け入れられるか、

それと全く離れたところでの努力にならないか。

一つ解決したら、そこで手を離してくれないのは、
みんな抱えている人生への悩みだろうから……。

今日に困り果てながらも、明日に繋げていけますように。

ぐみぐみ。

P.S.
衝動的に自殺してしまいそうなパニックに襲われている。
いつ、どこの、どの時点からやり直せばいいのだろう。
誰かに頼られるのがダメなのか、それだけで気が変になるのか、
人の相談を受けたのが、単に慣れない事だったのか、
名前がダブるってだけで、何かかけ間違えをしているのか、
死にそうでぶっ倒れている時に、119番に電話して「死にそうです」
っていうはずを110番に電話して「人を殺しました」と言ってそのまま捕まるかのような、
意味が分からない恐怖に怯えている。
何がいけなかったのかサッパリ分からない、ただ、水曜、ある人の相談に乗った、
そこからどんどん気が狂っていったのは何が原因だか本当に分からない。
全力で20代の頃の夢に逆らうような体調の崩し方。
自分ひとりの感情もコントロール出来ないのに、どうしてそういう人の助けになれよう。
何にも自分が見えていないんじゃないか、残念だけど、
本当にもう生きていく可能性は残されていないんじゃないかと考える。

ダメだ、家族が帰ってくるまで、じっとしていられない。
恐怖と不安が暴走して、突発的に舌をかみちぎってしまいそうだ。

どこにも助けが見つからなくなった時、それが人生の終わりなのかな。

[PR]
by ren_with_parfait | 2017-01-28 17:21 | 暗い日記 | Comments(2)


作曲、『戯言2』完成しました。
またえらーさんとの合作、7割えらーさんが作ってます。
僕は歌詞を、でも難しくて歌えない……orz

歌詞が面白いのを書けたので、
載せておきます。

作詞 八朔 恋
作曲 Error&Eight

僕らはいつか死ぬ
あれからを忘れて
暗闇に囚われ
内に喜びを宿して

立ち込める陽炎
幻に恋して
白い昼浮かべた
涙声裏の微笑み

優しい声を聴かせて
悲しい歌でも
うすら笑いなぜなの
着せる罪すらない

喜びに震える
あなたすら壊れる
暗がりにとられて
砂に埋もれ破ける足

下心ふたつ咲いた
お月で跳ねる兎に似てる
乾いた花かざりつけ
その側から崩れる愛が
あなたは死ぬ嘘だらけの
私の罪で死んでく
喜んじゃいけない
その子供には聴いたの?

優しい声を聴かせて
悲しい歌でも
うすらがりの昼間に
はじまりの罰なんです

僕らはいつか死ぬ
あの時に初めて
絶望に出逢った
この気持ちを今知らない

最後に話せたら
全てを教えるよ
死に際のあなたの
生きる自由を今奪うよ

-☆-☆-☆-

そしてえらーさん原画の新しいプロフ画。
絵心だけは本当にないので、
書いてくれる親友の存在はありがたい限り。

『この素晴らしい世界に祝福を』
ってアニメが面白すぎて、ついつい見ちゃってます。






このシーンが好き。


c0343734_22283120.jpg

えらーさんに描いてもらった絵です。
当分このイメージでいきます。

さぁ、明日もいい日にしよう!
遠足は、帰るまでが遠足じゃなくて、
次の遠足までが遠足なんだヨ!

この素晴らしい世界に祝福を。

ぐみぐみ。

[PR]
by ren_with_parfait | 2017-01-23 22:29 | 作曲 | Comments(2)

ただいま作曲中……

えらーさんが日曜日遊びに来る。
最近、Error&Eightの名義で曲を公開している恋ですが、
そのための新曲を書きあげている最中。

今日は無理なんじゃないかなーと思ったけど、
なんとか最初の16小節は書き上げた。
あとは微調整とこの後の展開、日曜日に間に合うかな~!

最近の私生活は、
楽器を練習したり、勉強をしたり、読書をしたり、聖書を読んだり、
ほどほどに充実しているんですが、

何分、カメラが欲しい~ってのが願望なんですよね~。
愛機がほしい。もっといい写真を撮りたい。

チャリんことカメラがあれば、色んなもの撮ってこれるのにな~、
あと、テレビにエアコンに、ピアノにエレドラ、
どれも4万円以上する、ほんとに働かないとクビが回らない。

就職活動はそろそろ再開する予定。
まずは就労支援室に行って、就労継続支援か、A型の作業所に、
なんとかこぎつけたいところ。

そこからステップアップで、一般アルバイトまで今年は持っていきたいな~。

曲を作るとなると一日それで全部なくなっちゃうから、
成果がないととっても虚しい。

楽譜にすらすらと起こせるといいんだけど、
音大に行くような教養はないから、相対音感だけを頼りに曲を作る。

あー、それにしてもお腹が空いた。
結局禁煙は失敗しました。残念(泣)

写真がないブログは読む人に苦痛を与えるのが分かってるので、
本当なら避けたいんですが、愛機がないから……(言い訳)

でも!病気がよくなったって先生に太鼓判!
頑張っちゃうしかないでしょ~、頑張っちゃうよ~♪

今年は人が変わったみたいに努力する年にするんだから、
みんなに幸せを分けられるくらい幸せになるんだからねっ!

明日もいい日になりますように。

ぐみぐみ。




[PR]
by ren_with_parfait | 2017-01-21 02:32 | 日記 | Comments(6)

条件反射

生きている
僕はあなたで生きていて
あなたは僕でできている
たった今
僕のことばを読んでいる
あなたに生かされ生きている
たった今
僕にことばを教えてる
あなたは僕で作られている

どうしても
その核心を離さない
あなたは核心を置いていく
たった今
僕にこころを触られて
あなたは生きた心地をしている
たった今
ここを立ち去る決意をしては
あなたは過去に追われてる

空気です
血液は流れてる
あなたの心に偽りはない
たった今
あなたの考え見透かされ
あなたは夢にも僕を見る
たった今
僕の腕から逃れるために
あなたは僕を抱きしめた

解き明かそう
心の住処を射抜いて眠る
僕はそういう人間だから
あなたはここで読んでいて
僕に飼われてこうべを垂れる
そして小さく鳴いてみて
愛おしいとは何かと知るのだ

それは
愛される幸せが一度でなく
無条件で永遠であることを
刹那に感じさせないために
あなたを満たす言葉であるから
僕はあなたで生きていた
あなたは僕で生きていた

終わりとはじめにあなたと僕とで
変えられることがいつもある
[PR]
by ren_with_parfait | 2017-01-21 01:47 | | Comments(0)

新年が軌道に乗り出してきました。


c0343734_13250866.jpg





一年以上友達に借りてる漫画が読み終わりそう。
今日は障害持ちながら40代で仕事を頑張ってる、FさんとTさんとお食事をしてきました。

ついでに診察も。

先生に
「もうだいぶ回復したと思いますよ」
と、サラッと言われて、お、頑張りどきっ!
と自信がつきました。嬉しい、褒められた気分!

その後、
喫茶店より会話が弾むことで有名な、
ポポラマーマで三人でお話し。

やっぱり歳上の人は懐が広くていいですね。

障害に甘えず、歳をとってもチャレンジする姿はとても素晴らしいです。
私と同じ2級以上の障害者で、仕事をまともに続けられる人は3〜4%らしいのですが、今日お話ししたFさんとTさんには励まされました。



c0343734_13251418.jpg






Fさんには、人のいるところに出るのがいいよ。気持ちがあるんだから、とさとされ、Tさんにはまずは生活リズムだな、と教えて頂きました。

新しい交友関係が産まれて、よかったなぁ、と思っています。

作業所や職業訓練校も、縁があったところでスパッと腰をすえて続けなきゃ、と思いました。

何時間も話して帰ったので疲れましたが、趣味の時間もたっぷり持てて、聖書はヨブ記を一気読み。次は詩篇、これも楽しみです。

パフェはいびきかいて寝ています(笑)




c0343734_13251120.jpg






充実した日を過ごせたことに感謝して、
いつもコメントやイイネ下さる方、
本当にありがとうございます。

ここは秘密の空間だから、
心をありのまま出せてまた気持ちが安らぎます。

ちょっとネット止まるかもですが、
いつも気の利いたこと言えなくてすみません。

本当に人がいてくれることはありがたいですね。

明日もいい日になりますように。




c0343734_13251792.jpg







※名探偵マーニー、って漫画だよ!

ぐみぐみ!
[PR]
by ren_with_parfait | 2017-01-19 02:31 | 日記 | Comments(2)

パフェの散歩&復調

僕の心には、
どうしようもないチャンネルがある。
時には呻き叫び声をあげ、
いっそのこと死にたいと思うことが、
毎日ある。
でもそれは私じゃない。
私にはやれることがある。

それを精一杯やるだけだ。

母に日頃の苦しみを当たり散らして、
助けを求める恥ずかしい恋です。
でも社会復帰には家族の協力が必要。
弛まず気を引き締めて、自分の人生を取り戻したい。

パフェの散歩、行って来ました。

c0343734_13290331.jpg



草原を走るパフェ。
まだまだ自分は若いと思ってる。
でも君はもう老犬。
君の幸せは僕が沢山作ってあげる。


c0343734_13290976.jpg




パフェ、愛おしいパフェ。
あと数年しかパフェと過ごせない。
その悲しみはどれだけだろう、
パフェは幸せだったのだろうか。


c0343734_13291492.jpg




今日も家を出る時はおおはしゃぎ。
本当に散歩に行きたかったんだね。


c0343734_13291724.jpg




約束の公園にパフェと散歩に来た。
パフェは枯葉が楽しくてもじもじ。


c0343734_18462046.jpg





散策するのも悪くないよね。


c0343734_13294231.jpg






僕が詩を書く間待っているパフェ。
今日は白い昼空が見れた。
男の子に撫でていいですかと言われ、
恥ずかしながらも撫でられる。

喜びをもっと知ってほしい、
心優しいパフェだから。


c0343734_13294460.jpg




『お兄ちゃんとの散歩はいつも楽しいよ』

パフェがそう言ってくれるようで嬉しい。
明日はFさんとTさんと仕事の話しをしに、
早くに寝るから今日はここまで。

とこしえに幸せがありますように。

皆さんいい夢を。

ぐみぐみ。

[PR]
by ren_with_parfait | 2017-01-17 23:29 | 日記 | Comments(6)