幸せは愛と罪の道

言葉は悪で満ちているから
あなたの道があるんだよ
言葉は愛で満ちているから
あなたの夢があるんだよ

歩いた道に傷跡ひとつ
半分はあなたの心の傷で
半分はあの子の心の傷で
すべてはすべてはからだの傷で

拳はどうして握られる
殴るためだね大丈夫
拳はどうして開かれる
掴むためでも大丈夫

繋いだ指に血がひとつ
半分はあなたのための血で
半分ひあの子のための血で
すべてはすべてはこの仔の血です

Domesticな愛情散らばり
あなたの人生散らかりつくして
Fantasticな感情並べて
あの子の心を揺らして満たして

あっ窒息しちゃう
そのまま殺して
それは愛、それは恋
あっもう壊れてる
そのまま放して
それは罪、それは罰

人が人を抱きしめたとき
それは永遠を意味してる

ほら映画にも出てきたでしょう
ほら、なぞらえてるよ、なぞらえてるよ

その隙間からその一部から

僕は今までを記憶していて
あなたはこれからを記憶してます

だけどそれでもどうしても
あなたの一番とぼくの一番大事なことを

僕らはずっと辿れるはずだね
そこに、ここに、確かにね
僕とらはずっと見違えていくよ
それだけの亡骸、窒息しちゃう
それは愛、それは恋
殺してしまえばいいものを
生かしてしまったそれだけが
それは罪、それは罰

終わりの言葉を言いかけたとき
やっぱり僕はあなたに出逢うよ
僕の足音はあなたを捉えて
この指先で名をなぞらえたら
歪んだ愛も純粋なんだね

空で君を見つめて
星で君を見つけて
呪文の言葉を確かめてみたら
あなたの心臓ここにある
心臓だけは守ってる
それは愛、それは恋
それは罪、それは罰

言葉は悪で満ちているから
その全てがあなたを満たせる
言葉は愛で満ちているから
その全てがあなたを信じさせている

どこかに旅した心と心が
今頃愛し合っていてもね
気持ちが悪いから考えないだけ

時点が動くことがある
愛し愛されている現在が崩れたときを
ずっと知らないままで語れる

常識的な愛なんて
罪にまみれた事にも気づかぬ
平和の代償などをも覚えぬ
目的持たない幸せですよね

その無意味さ下らなさがさ
手に入れたものこそ栄冠なんだよ

注釈僕らに要らないものだろ

ほら語られたばかりだよ
語り尽くして愛しては
見飽きた罪と激しい罰を
求め続けているのが僕で
それを飽いて抱くのがあなたさ

どこまでだって
連れていくから覚悟してよね

僕は今すぐこれらを語り
こうしてこの先も語ってゆきます
あなたの予感はこれらに届き
そうしてこの先も共に在るのだから

幸せは愛と罪の道
隠しているのは恋と罰
同じものなどひとつもないのに
それで済ませるそれこそが
栄冠なんだよ注釈するよ

それは僕らに要らないものだろ
[PR]
by ren_with_parfait | 2017-03-31 22:14 | | Comments(0)

敗れぬ北風

寒さが僕をとおりすぎた
たんぽぽ咲くならあたたかい
太陽の花そこにも此処にも
北風は敗れたかのように見える

恋しい気持ちも一休み
切ない恋慕も今は止んでる
太陽の色そこにも此処にも
北風は敗れたかのように見える

しかし今通りすぎてゆく寒さこそ
心の色彩だったと考え
自己憐憫だねクスクスクス
陽気につられて歩調は軽く尚軽く

北風はやはり
敗れたかのように見える
敗れたかのように見える北風は
心の中にも吹きあれることなく
ただただ四月を前にして
華やぐ心を受け入れるために
今に立ち寄り平安を綴り翠を眺むる

ぬくもりへと変わる

四季を読めれば
時間は怖くないだろう
視線を奪うあの花の
名前が知りたい心が知りたい
恋を詠みたい僕を見て
視線を奪うあの人の
来た道知りたい未来を知りたい

つい先ほど、自衛隊に入りたいという
小学校四年生になる男の子と話した
北風は敗れたかのように見える
されどそれは敗れてなどいないのだ
彼は北風があると知り
その場所へと挑み乗りこむ太陽だろう

頑張れ、そう言えた私が
幼き頃の己を探して彷徨ったままだ

[PR]
by ren_with_parfait | 2017-03-29 13:14 | | Comments(0)

高校の卒業証明書を発行してもらうために、
荒川区まで行ってきました。
15年ぶりに再開したばかりのレート君も東京に来ていて、
南インドカレーをご馳走になって、銭湯行って(2時間)、
池袋のジュンク堂に行きました(3時間)

彼は愉快な人だなぁ。

野崎まどのシリーズ小説読みたくなった。
あと「苦しんで覚えるC言語」と「学習性無力感」
「水色の聖書」と「旧約聖書物語」ここらへん熱い!



c0343734_00232525.jpg



西日暮里なんて産まれて二回目。



c0343734_00234737.jpg




舎人ライナーは産まれてはじめて。





c0343734_00240954.jpg




舎人ライナーですね。確かに舎人ライナーです。





c0343734_00243222.jpg



熊野に着きました。




c0343734_00245467.jpg




卒業校の学習センターに到着。




c0343734_00251536.jpg





本校と違って簡素な建物だなー。





c0343734_00253858.jpg




荒川線がチンチン電車だなんて知りませんでした。新鮮。





c0343734_00260717.jpg





レート君遅れるとのことで飛鳥村公園で時間を潰す。






c0343734_00264907.jpg





子供が沢山居ました。





c0343734_00270872.jpg




やっとレート君と合流。





c0343734_00274560.jpg



荒川に銭湯沢山あるものですねー。ここには入らなかった。




c0343734_00281808.jpg






写真と撮ってる人を撮るの好き(笑)





c0343734_00285176.jpg



梅の湯、気持ちよかった~。


この後池袋に行きジュンク堂で9階から順番に降りていって、
色んな本を見てきました。

楽しいですね。

これが猛烈に欲しくなった。

あとコレ






欲しい本は沢山あるけど、
まともに買うなら2万円くらい覚悟しないと、
僕の買いたい本って高いんで、
お財布と常に相談かなー!


何はともあれ、レート君とのデートは楽しかった!

今日も一緒に付き合ってくれてありがとう。

100%楽しい日でした。こんな日がまた続くといいな。
明日もいい日になりますように。

祈りをこめて。

ぐみぐみ。

[PR]
by ren_with_parfait | 2017-03-26 00:33 | 日記 | Comments(2)

ダリで一番好きな絵

c0343734_19343798.jpg



(※写真はGoogle画像検索から無断掲載)

雲の中での戦い。

ダリ展に行ったのはもうずいぶん前ですけど、

ひとつひとつが色んな人が抱えてるごく個人の葛藤を切りとったようで、

絶対その人に合うお気に入りの一枚があるんだろうな、
そう思って観たのを覚えてます。

僕が一番気に入ったのはこの絵。

あんまり絵画に詳しくない私ですけど、この絵は私の心そのもの。

観たとき鳥肌が立ちました。

そんな鳥肌の立つような表現が私にも出来たら。



今の私がこんなことを言っても、信用してもらえないでしょうが、

今日診察に行って、ひどく不安になって、
やめていたゼプリオンを打つことになって。

ジプレキサを主剤にした私の精神状態は、
今までの人生を振り返っても、私らしい状態なのに、
その状態が耐えられない、不安が恐怖と怒りを連れてきて、
どうにもならない。

ということでゼプリオンを再開して、

それで思ったこと、
ひとつの可能性としてですけど、

お仕事はご飯を食べるためだけに、自分の能力を磨いていけばよくて、

表現、ってものを人生に楽しみにして、
そのためだけに働いて、生きて、そんな人生でもいいなと思ったんです。

自分の場合、文学と音楽。

例えば心理学部を出て、その後専門課程を出る間も働くことになるわけですけど、

心理学を活かした仕事に就くことと、表現をすることは、同時並行は無理、
というか、中途半端になっちゃうと思うんですよね。

決して有名になんてなれなくてもいいから、表現に身を置くんだったら、
人生苦しくても、それが糧になるかもしれないと思ったりするんです。

ダリを引用して悪いですけど、僕は絵は描けません。絵心ゼロです。

でも、文学と音楽だったら、つきつめれば、私らしいものには辿りつける気がする。

というわけで、今日はほんとうに億劫で不安な気持ちのまま、病院からかえってきて、
不安なまま詩を書いて「ああ詩に出来てよかったなぁ」とそれだけに尽きます。

今一番の喜びは詩にあって、
音楽はまだ詩と同じレベルに到達していなくて。

とにかく音楽の方も、なりふり構わず作曲していきたいなと思ってます。

文学も、小説や童話に手を伸ばせたらなぁ……と欲は尽きないですが、
仕事を生きがいにするのか、表現を生きがいにするのか、
このどちらかは、一度選んで、覚悟を決めて勉強していかないといけない、
研究していかないといけない、そんな気がするんです。

ブロ友さんは、僕にはどんなことが向いていると思いますか?
僕はWord、Excelを覚えて、事務職の障がい者雇用に就きたいと思ってます。
まず作業所で事務経験を積んで、障がい者雇用に就いて、
大学で勉強をしながら、自分の世界を追求していく。

なんだか欲張りで実現性が乏しいかもしれませんね。

今、睡眠薬を飲んで心地よくなってきています。

睡眠薬で楽になった気持ちが、日中も続けばいいんですけど。
これは麻薬ですからね、常用は危険です。

さて、今日は早めにご飯を食べて寝ちゃいます。

あなたにとって、今晩と明日、私という存在がどうかいい存在であれますように。

祈りを込めて。

ぐみぐみ。


[PR]
by ren_with_parfait | 2017-03-24 19:46 | 日記 | Comments(2)

いないばしょ

どうして胸が苦しいのだろう
どうして息が詰まるのだろう
どうして恋を忘れたわたしが
どうして愛を求めるのだろう

恋と愛の違いはなんだろ
罪と罰のようなものかな
裏と表は合わせかがみで
昼と夜なら共にあるから
白と黒なら間をとるから

ぐっちゃぐっちゃなんだよ心が
ぐっちゃぐっちゃなのかな私は

恋と愛の違いはね
求め合うもの、与え合うもの
罪と罰の違いはね
なくせないもの、なくしたいもの
表と裏の答えはね
今見えるものと、すぐ見えるもの
昼と夜が在るのはね
生きてくことと、死んでゆくこと
白と黒の間にあるのは
色とりどりの色彩感覚そのものです

あゝ生き方を考えなさい
わたしはわたしの生き方を
他の誰にも決められたくない

あゝ生き方を省みなさい
あなたはあなたの生き方の
途中でここにぶつかったのだ

ここは見えない透明な檻
僕の見せれる幻の檻
透明なのに行けそうなのに
ここからどこにも歩けはしない

幻術の檻
文学の害毒
それもちょっぴり強めのやつで
効くよ効くから今すぐ逃げてよ
今すぐ逃げてよ振り向かないでよ
わたしは頭がおかしいんだ

ほらこの通り

ここにいない

ここにいるのはあなただけ

あなたひとりの

ひとりきりのへや

くうはく

ぁあいけない、そのままで

それは触れたら終わりになるから

くうはくのまま

立ち去って

ここにはだあれもいないから
だあれもだあれもいないから

だあれもだあれもいませんでした
だあれもだあれもいませんでした

ダリの絵に
そんな絵がありますよ
わたしの世界はそれに尽きます

ダリのあの絵に
あのくうはくの絵に
続きの話しがあるのなら

わたしはそこを生きるのでしょう
[PR]
by ren_with_parfait | 2017-03-24 18:49 | | Comments(0)

投薬に依って

不安が恐怖を連れてくる
不安が怒りを連れてくる
それがなくては私でないけど
それがあったら生きてはいけない

苛立つ、アーメン
些細なすれ違いに我慢がならない
挑発にみえる衝突に思える

挫けたくないのに
何も起こっていないのに
注射をやめただけなのに

あゝ悩ましいゼプリオン
やめて苛立つ私の方が
私らしいと医者は言うけど

あゝ悩ましいジプレキサ
奏効したのはこちらの薬で
私に合うと言うけれど

悲観しようにもしきれない
楽観しようにもしきれない
何も事件はないというのに
投薬ひとつで私が変わって

こんなこと
どこにも話す宛がない
大事な詩を
こんなことに使いたくないけど

ゼプリオンをまた打った
不安が私を連れてきたから
恐怖と怒りを連れてきたから

私らしくない私にまたなるんだ
私らしい私はこの世に好ましくないんだ

そう思うと悲しくて
誰か私を知ってる人に
私のことを聞きたくなるんだ

ねぇねぇ僕を覚えてますか
あの日のままで居れたら良かった

意味なき嘆き
意味なき悲愴
私一人が死んだところで
私一人が変わったところで

嘆く人などいないのだから
悲しむ人などいないのだから

どうかあなたよ帰ってきてと
あなたらしさよ帰ってきてと

言われる日まで歯をくいしばり
押し殺している

屈辱です、アーメン、アーメン

今に見てろよ
私を恋しくしてやるのだから
[PR]
by ren_with_parfait | 2017-03-24 18:17 | | Comments(0)

僕の心が時を刻む
トンネルの先は雪国だ
僕の想いは積雪だ
降り積もっても溶けてしまう
恋い焦がれても凍えてしまう

僕は貴女に温められた
僕は貴女に沢山もらった
過ぎ去り忘れる恋を
忘れることなくただそのままに
染み入る気持ちを優しく出来れば
貴女は僕の中に居てくれて
幸せを内側から感じることが出来る

僕が彼女を導いた
でも今は彼女が僕を導いている
歳月が過ぎた今でもまだ
忘れたと告げた今でもまだ
僕の心は恋い焦がれている

貴女が素敵な彼氏と言った僕は
素敵な大人になっていく
だけど一線を越えないで
越える時は空からおいで

君がもしも悲しいのならば
君がもしも苦しいのならば
僕に描ける制約の中で
何度も君を抱きしめるから

いつでもおいで
制約のない世界で僕らは自由
想いを裁く法律はなく
潜在意識は何をも求める

ただ一瞬の刹那であるなら
君を抱きしめたりなんて
たった一度もしなかったんだよ

愛は変わらない
花は咲く
咲いていないのは
僕らが互いを見えないからだよ

夢の中で
また安らぎの中で居るときに
必要だって呟いてくれたら

その時僕は感じているから
変わらぬ君を抱きしめてるから
[PR]
by ren_with_parfait | 2017-03-24 00:14 | | Comments(0)

夏想う初春

風鈴静かに奏でる夏よ
貴方に恋をしてるのだ
しぶき飛び散る激しき夏よ
貴方を想えば淋しくないのだ

夏には熱が上がってく
蝉には命がたぎってく
草花は萌え月夜は騒めく
獣の態度も変わる夏

僕はその頃
誰かに逢いにいってみたい
誰とは言わない
僕と季節を重ねる人に
出逢いに歩いて跳ねていたい

あゝ夏よその断末魔
過ぎれど幸せ笑えるならば
何が来ようと季節が反れど
僕らはそこにずっといる

あの子の産まれた日にちが過ぎて
祝福のうた刻まれたころ
僕はまた冬に思うのだ
冬にもまた僕は恋をしている
木枯らし荒むる季節の錦よ
過ぎたばかりの彼女を想えば
何が来ようと季節が反れど

僕はただ語りただ歌い
逢えない誰かを想って辿る
その情感が激しいためにも
僕は来たばかりの春を通りすぎる

糸くずの染色、狼煙をあげろ

桜よ桜よ誰かの色よ
今はただただ黒くなれ
どこまでも黒い血に染まれ
桜よ桜よ誰かの色よ

桜よ桜よ黒くなれ
春夏秋冬
いつでも逢うため跳ねれるように
ただ君の求めた黒い色を
記憶の頼りにしている僕は
桜こそよと黒くあれと

糸くずの染色、狼煙をあげろ

戦いに忠誠を誓い
再び振り向く君を抱きしめ
この胸にその鼓動を忘れさせずに

僕が抱きしめられるのは
ただただ黒いギスギスした羽根
それだけだと知る容易い満悦

夏向く初春に
桜よ黒く枯れずに在れよ
そこは宴だ獣の晩だ
空想の虫は求め合い
やがて僕だけ死んでゆくから
あなたをこの世に残しておくため
やがて僕だけ死んでゆくから
[PR]
by ren_with_parfait | 2017-03-23 00:21 | | Comments(0)

汚い部屋ですけど、
模様替えを久しぶりに終えたので載せちゃいます。
これは家?家ですよ、ボロ小屋みたいですけど家ですよ。
僕の生活水準からするとこれでも贅沢な豪邸なんですよ~!(泣)

デザイナーズマンション……何それ美味しいの!?
ひっちゃらかしたようなおもちゃ部屋でも、
友達や家族との想い出が沢山つまったマイルームなんだから、

これはこれでいいじゃないですか♪ ということで公開。
ヘンなもの(幽霊とか)写ってたらご報告をお願いします。

お抱えの陰陽師が悪☆霊☆退☆散☆!してくれるので……でわっ!



c0343734_22564464.jpg





まずこれが勉強部屋ですね~。





c0343734_22564623.jpg




そしてここが寝室ですね~。
(植物には一個一個名前がついてます。笑)




c0343734_22564803.jpg




パフェとパソコンも無事に起動したのです。



さーて、皆さんのブログお邪魔して、
明日から新生活を始めるぞーっ!
Yuch師匠ありがとう!


明日もいい日になりますように。


ぐみぐみ。



[PR]
by ren_with_parfait | 2017-03-22 22:59 | 日記 | Comments(4)

昨日、川口に住むJちゃん宅にお邪魔してきました。
新婚さん&乳児のママ。
そんなお宅にお邪魔するのははじめてなので、
大丈夫かなーと思ったけれど、ワンちゃんも赤ちゃんもウェルカム。
特にお子さんは堂々としていて、
想像通りの逞しいお子さんでした。

レート君と会って、すぐJちゃんとも会ったので、
疲れ気味になっちゃって、今日はずっと寝ていました。

明日Yuch師匠に部屋の模様替えを付き合ってもらう予定。
詩書いてないなー、蜉蝣の曲が気に入っちゃって……
あー日記も書いてないし、相変わらずのダメ人間だなー……

レート君の恋愛相談にあれからまた乗ったりして、
なんで自分よりずっとパーフェクトな男子の相談に、
乗ってるんだろう俺……といぶかしくも「楽になった」と言われるのは嬉しい。

はやく心理学はじめたいけど、放送大学と武蔵野大学で、
どちらで学位をとろうか今は問い合わせながら考えています。

そんなわけで、また春に会いましょう。



c0343734_00103728.jpg





Jちゃんと奏楓くん、ティティさん。





c0343734_00103642.jpg



トイプードルも可愛いね。
でもかえってきてその何倍も、
パフェをわしゃわしゃしてあげた。

やっぱりパフェが一番!






明日もいい日になりますように。

ぐみぐみ。



[PR]
by ren_with_parfait | 2017-03-22 00:12 | 日記 | Comments(2)