迷う心

美学のすべてがこの手を離れ
何かがこの身に滑りこむ
一時美学のすべてを捨てて
あらゆるすべてと通じ合う気になる

美学のすべてがこの手を離れ
遠くの方からこの身に映る
一時美学のすべてを忘れ
あらゆるすべてを手にした気になる

その時
美学に忘れさられたことを恐れ
必死に取り戻そうとしても
身体と心は離れてしまい
これまであった現実の意味
その価値すらをも離れてしまう

そのまま
美学に忘れさられた時間を過ごし
必死に取り戻そうと願う
身体と心は離れてしまい
闇雲にあがくことの尊さも
その価値すらをも消えていくのに

また目覚めれば
少しずつ美学はこの手に戻り
これでいいのかと問いただす
私の祈りと裏腹に
美学は小さく息を失くして
また吹き返すを繰り返す

やがて歩きだし
少しずつ美学の意味を確かめ
努力があったと信じても
私の願いと裏腹に
美学は大きく呼吸を始めて
また微睡みへと堕ちていく

私は私を知りやしない
ましてや私の美学など
手に余すほどに大きくて
地に落とすほどに小さくて
背を向けたそれに声をかけ
振り向いたそれに笑うだけ

なんだか悲しくなったとき
アスファルト跳ねて踊るけど
なんだか悲しくなったとき
歯をくいしばらなければ死んでしまう

私の小さな何かを信じる
私が今も居てくれる
ただそれだけを頼りにしながら
汚れた地図で宝を探す
[PR]
# by ren_with_parfait | 2017-07-09 19:39 | | Comments(0)

瞬間

終りはいつも、笑顔がいいね
生きとし生ける愚かな人よ
それは誰かの話しじゃないよ
弾みで飛んでく手毬みたいに
地球はみんなが手にもって
みんながその手で飛ばしてく

始まりいつも、笑顔がいいね
生きとし生ける悩める人よ
それは誰かの話しじゃないよ
浅はかなのはいつもその人
弾みで飛んでく手毬みたいに
地球はみんなが回し合わせて
みんなの指からひとりの指へ

優しい、嬉しい、ほんわかするね
辛くて、酷くて、うんざりするね

だけど地球もキラキラ星も
流星群も太陽も
色んな形の月の瞬き
花火に川のせせらぎに
土のうねりにびゅうびゅう風に
あなたが欲した言葉があって
あなたが欲しただけしかなくて
水彩絵の具の雨が降っても
へっちゃら強いあなたです

そういえばこの星もこの銀河も
宇宙の始まり終わりもすべて
そこから見たらあなたのもので
ほんとに見えたらあなたのもので
けどそれはただ当たり前だと思ってた——

なんにも手に入らなかった
なんにも価値がなかったそれはね
あなたが全てであったから
そこで観測しているそのものすべてが
あなたを映しているからなんだね

だから美しい人に出逢ったり
美しい花に見惚れたり
すばらしい命があるのなら
ただそれを喜べるとき
それはただあなたの心の映した世界で
遠い未来を見るよりも
儚い過去を想うより
この瞬間に見つけたものが
この瞬間のあなただと知り
いついつまでも、愛せる気持ちでいれたらね
ただいついつまでも、あなたは輝くそのものに
[PR]
# by ren_with_parfait | 2017-07-09 18:27 | | Comments(0)

最終列車

貴女が心を失くしたならば
僕はそれを貴女に注ぐよ
貴女が自信を失くしたならば
僕はそれを美しいというよ

君の答えはいつもあべこべ
僕の答えもいつもあべこべ
あべこべな二人があべこべに愛を語り
流された地で何を想う
流された血で何を描く

貴女が居場所を失くしたならば
僕は地図を貴女に示すよ
貴女が途方にくれているなら
僕が変わらないことを伝えるよ

僕は僕の心のままで
僕を守り純粋を信じている
貴女は貴女の心のままで
貴女を生きて今も近くにいる

そう、すぐそばに
手を伸ばそうとすればすぐそばに
貴女はそれを拒んでは
僕の慰めの言葉を聞き入れる
支配されてしまうことなど
何ひとつとして畏れることなく

そう、すぐそばで
手をかざそうとすればすぐそばで
貴女は祈りの言葉を呟く
僕にはそれが慰めに聞こえる
支配されてしまっている僕が
居なくなること恐れるように

もうじき最終列車がやってくる
どしゃ降りの涙
貴女に僕は切符を渡した
銀河の先の遠くへ行こう
そこで全てを始めよう

あゝこれは可能なことであるのに
貴女と僕が互いを捨てれば
いつでも僕らは結ばれてるのに
悪戯っぽく微笑む貴女は
ただ頷くばかりで聞いている

僕からの愛を受け入れる
僕からの愛がいつまでも
続くものだと信じてる
だから僕は貴女を信じる
貴女がいつかよりずっと美しく
僕に微笑みかけてくれることを

涙は拭えどまた流れ
拭えど笑顔はまたこぼれ
僕らのみちは遠ざかり
やがて最後にひとつになるから
貴女の不幸を退けて
貴女の幸せプレゼントしたら

くすぐったいや、もう分かってるよ
この先の愛が僕らのことを
どこまでも研ぎ澄ませていくんだね

僕は君に負けたことはない
例外を除いて
僕の気持ちの全てを注いで
灼熱の陽に水を注げば
蒸気になって蜃気楼
そこで笑う貴女は僕を
見つめたままで手を振っている

雨が降れ、風が吹け
痛み悲しみ涙に焦がれど
僕は貴女を見失っていない
いくつもの夜を渡るように
僕らはいつでも会えているから

せめて貴女の悲しみを
拭うこの手を振りほどかないで
ただ慰めるような優しさが
僕から消えたらあとはそのまま
僕らが行きつくとこへと向かって

最終列車は走りだす
[PR]
# by ren_with_parfait | 2017-07-04 20:09 | | Comments(0)

Number 9

幼き君は今日もまた
脱皮をはじめ僕を去る

Number 9 君はもう
ここに帰れることはない
Number 9 君となら
僕は死んでもよかったよ

ベリッ、ベリッ、ベリリリリッ
本能のままに主人の元へ
帰ってゆくなら翼を広げ
黒い羽根にはあの日のままの
幼い光りを宿したままで

Number 9 君はもう
ここに帰れる日はこない
Number 9 君はいま
主人の求めでここを去る

ベリッ、ベリッ、ベリリリリッ
本能のままに彼女の元から
帰るためへと翼を広げ
白い羽根にはあの日のままの
鈍い痛みを宿したままで

Number 9 おかえりなさい
そこへ戻れる日は来ない
Number 9 君はいま
主人の哀しみその身で知った

さぁ空を飛べ Number 9
あの日の彼女は今空だ
追いかけてゆけ Number 9

Number 9 出来るなら
幸せなまま幼きままに
Number 9 気づくなら
そこを離れず離さぬままに

互いの主人は9を離れ
9を手にすることを望んだ
互いの主人は9を離れ
9を迎え入れると望んだ

Number 9 帰ることなく
そのまま空を飛んでいけ
その黒い羽根と白い羽根
愚かなほどに重ね合わせて
幼きままに吐息を合わせて

Number 9 の残像が
空に何かを写せるのなら
此処から其処から笑いかけるよ

もう飛び立てないこの身から
Number Number 最後のNumber
それがいつかも知らされないで
今日も脱皮を繰り返す
ベリッ、ベリッ、ベリリリリッ
[PR]
# by ren_with_parfait | 2017-07-03 18:10 | | Comments(0)

星の王子さま

僕は夢をみた
君は華だった
僕はすべての人の前で
自分の気持ちを華にした
華の気持ちを君だと言った

みんなはたじろいでた
困っていた
この華の意味はなにと
僕にきいた

僕はこれは気持ちだと言った
この華が君だと言った
君のイメージが揺らいだ
さっきまで楽しく遊んだ君が
想いを華にしたら薄らいだ

居なくなりそうな君
もう形をとどめていない君
僕は目が覚めて君だと知った
君は何も言わなかった
さっきまで楽しく遊んでいたのに

その花は紫陽花だった
それは綺麗に刈り取られた紫陽花だった
僕はその華に不満だった
君の美しさに相応しくないと思った

どうか
君の美しさに相応しくない華をみて
機嫌を損ねてくれたなら

起きてから
君の表情がフラッシュバックした
君は僕を大切そうにしていた
失ってしまったと気づいた
そして本当に失っていることにも

僕がここで諦めてしまっても
君はずっと未来をみている
僕がどれほど恋い焦がれても
君はずっと冷たいままだ

その冷たい身体に
灼熱の太陽が昇るのが分かる
君は知ってしまっているんだ

僕が星の王子さまになりたいこと
[PR]
# by ren_with_parfait | 2017-07-02 00:29 | | Comments(2)