タグ:日記 ( 218 ) タグの人気記事

明日、診察で勝負する

明日、ゼプリオンの是非について、
診察で勝負してきます。

ここ最近のこと!

えらーさんからSOSが入り久々に会った日……


c0343734_00345952.jpg





出逢いがしらにカメラ向けるのもこの様子。





c0343734_00350246.jpg





「ブログに載せるんでしょ、やめてくれ~」





c0343734_00350481.jpg



カラオケについてもこの様子。





c0343734_00350651.jpg





やっと顔出したと思ったら、拉致られましたみたい。





c0343734_00350810.jpg





イケメンなんだから撮らせろや。






c0343734_00351030.jpg





ホライケメンやん。






c0343734_00351243.jpg





相変わらず撮られたくないから






c0343734_00351446.jpg





最後の最後までこの様子(笑)



そして昨日!今度はYuch師匠








c0343734_00384832.jpg





あれ~、どの靴箱だっけ~?






c0343734_00385007.jpg






無事見つかりました。






c0343734_00385225.jpg





一服して次行くぞ~。





c0343734_00385416.jpg





風呂上りはやっぱり黒潮屋!






c0343734_00385662.jpg



パフェちゃん可愛がってもらって超嬉しいね~。


それでは明日、ゼプリオンの是非を問いに診察に突撃します。


明日もいい日になりますように。


祈りを込めて。


ぐみぐみ。




[PR]
by ren_with_parfait | 2017-09-08 00:40 | 日記 | Comments(2)

ハッピーバスデートゥーミー。

誕生日の前日、
母とお寿司を食べに行ったのに、
帰ってきてから口論。

どうせ明日は、
誰もおめでとうなんて言ってくれないだろう、
そう思って、目が覚めると、

……

10人以上の人からおめでとうが届く。
素直に喜べない。
なぜ素直に喜べないのか?

それはこーゆーわけがあるのです。

ゼプリオンっていう持続性注射薬を、
3月から打ってます。
これは、性格、考え方、着眼点、人との付き合い方、
言葉の受け止め方、言葉の返し方、
詩の内容、夢の内容、笑う回数、笑い方、
泣く回数、泣く理由、好きな人への気持ち、

色んなことを変えてしまって、
それが、パフェの態度、家族の在り方、
友達付き合いの質、といった自分を取り巻く環境すらも、
変えてしまってきていたのです。

ゼプリオンって薬を打った途端に、
急に老成(いきなり50歳60歳の人みたいになること)
が起こり、それまでの思春期のように敏感で繊細な部分が、
あまり出てこなくなった。
それで、一回は危ないってことでやめたものの、
やめた途端に感情の制御が効かなくなって再開……。

それで、もう5ヶ月間ゼプリオンを打ってます。

その方が周りに迷惑をかけなくていいと思っていたし、
色んな難しい理由をつけなくても、日常のことが説明できるし、
「ふつうになった」とか「成長した」とか、
自分でもそう思っていたし、人にも言われることが多かった。

ただ、ショックだったのは、
昨日母と口論になった時、
未だに母がこの薬がどれだけ、
危険な薬で、無理やりに精神をふつうみたいにして、
脳の働き全体を弱めてしまっているか、
とても効き目が鮮やかだけど、どれだけリスクの大きい薬か、
薬としてやりすぎであるか、ということを、全然真に受けてくれないこと。

「ゼプリオンを打ってから、詩につくイイネが増えたんでしょ?
普通の人の感性に近づいたから、一般うけするんだよ」
「あのねぇ、普通の人ってそんなものなのよ。
普通になりたいって言っている人が、何ワガママ言っているの」
「ふつうになる薬なんでしょ?ふつうになりたいなら、いいじゃない」

などと言われ、今までの我慢の日々、
自分を無理やり薬に殺されて、
好きなことも言えず、好きなことを言えなければ言えないほど、
本音で接さなければ接さないほどに人が褒めてくれた日々。

そんなのが本気で嫌になって、
「俺が評価されてるんじゃない、ゼプリオンで無理やり変わったら、
評価されたんだ。薬で無理やりに作られた「ふつう」がみんな、付き合いやすいんだ。
俺の個性なんて、誰も好きだと思ってくれないんだ。誰も、俺らしい方がいいとは言わないんだ。
そんな風に仮面を被って生きていくのを、無理やり薬が作るなんてやりすぎだ。
周りにどう思われたっていい、こんなふざけた薬、やめてやる!」

と思って、言ったのでした。

そして起きたら、
10件以上の誕生日のお祝い。
気持ちは、

「オイオイ嘘だろ……」

でした。

勘弁してくれ、生殺しだ。
無理やりに若い感性を殺されて、
おっさんみたいな気持ちで生きてたら、
みんなそういう自分ならおめでとうって言うのか、
今までこんなに祝ってもらったことがなかった、
みんな、薬で変わった自分なら付き合いやすいのか、
どーせこうだろう、

「あなたは昔から嫌な人だった。今も嫌な人だけど、前より付き合いやすくなったよ」

って……。

それをある友達に相談した、
Jちゃんだ。
すると、
「前の恋くんを知らないけど、恋くんはちゃんと色んなことに気づけているし、前を見てる。
今の恋くんなら、お薬がなくても大丈夫だと思うよ。でも、ゼプリオンってリスクが高いっていうよね。
一回やめるか、怖かったら25mgにしてみたら、キムキム(主治医)にちゃんと相談するんだよ?」

その後、Buzzauxさんに相談、
すると、
「あー、確かに恋ちゃん、なまくらになったっていうか、返ってくる言葉がふぬけになったよね。
おっさん臭くなったし、表現系まで変えれちゃったら、音楽の趣味まで変わっちゃうかもよ。
やめた方がいいよ。昔みたいに邪気邪気の恋ちゃんに戻りたくないかい?
ミスチルなんかカラオケで歌った日には怒るからね。すまん言い過ぎた……今、楽?
楽なら楽で、それも人生だからいいんじゃない」

あーもう!
それでほとんど合ってる。
でも違う、何が違う?
例えば、

全然良くなってない症状はあるけど、
その症状が主病と関係ないとも言い切れない、

カラオケでやたら相手を(恋愛感情のように)意識しているかもしれないと思い、
歌いながら冷や汗をかき、脂汗をかき、手が震え、出るときには顔面蒼白。

親だろうか男だろうが女だろうが、唇を意識していしまい。
妙なことを考えていると思われないか不安になり、冷や汗をかき、脂汗をかく。

寿司屋に行ったら、待ってる席にいる人達を妙に意識しすぎてしまって、
緊張して冷や汗をき、脂汗をかき、外に出て、手が震えながらタバコを吸っている。

こういうことは一切なくなってない。
他にも沢山ある。
え?何が悪いか分かっているから、
やっぱり良くなっているんじゃないか?ですか?
そー、それも正論だから困ってしまう。

だけどなんていうんだろう。
「これ、俺じゃない」っていう、
気持ちをずっと持ちながら、
表現の全てや、考える時に使う脳の回路の全てや、
人に受ける印象や、人から言われた時に感じることや、
態度や、そういうものがぜーんぶ薬で変えられちゃって、
性格も精神年齢も出る言葉も変わって、
今まで出来たことが出来なくなり、今まで出来なかったことが出来るようになり、
それを「成長」とか言われて好感を持たれる。

違う、それ、僕が意識して変えたことじゃない、
薬が無理やり下地を変えてしまうから、仕方なくその上に積み上げただけ、
昔の僕は、この薬を打ち続けたら死ぬかもしれないんだよ?
なんで誰もそれを心配してくれないの?ふつうっぽく無理やり薬でなった、
自分の方をいいとするの?本当に人ってそんなものなの?

じゃあ自分に戻ってやろう。ゼプリオンやめてやろう。

と思ってしまうのです。

そう考えていったら、もう誰も信じられなくなって。
おめでとうって言ってくれた人がみんな、自分じゃない自分が好きなんだと思って。

主治医ですら、ずっと心配して、
「山片さんらしさを奪ってしまっている」
「表面だけが変わって内面は変わっていない」
「これは奇妙で、怖いです」と言っていたけど、
5ヶ月も続けたからか「どっちの方が、山片さんとしてはいいですか?」
と聞いてきて、仮面を被った僕は、
「今の方が楽になりましたねー、診察を待っててもネガティブな感情が浮かびませんでした」
なんて言って、笑顔で「じゃあ2週間後ー」

はーーーーーーーーーーーっ。

理解者ゼロ。
ゼロ。ゼロ。ゼロ。

昔は苦しかったけどみんな理解者だった、
嫌なやつでも僕の本質的なところを見抜いて、
それが好きだよって人が近くにいてくれる気がした。

今は違う、ゼプリオンで無理やり作られた自分を、
みんな僕だと思って好意的に評価する。
それが自分じゃないといくら説明しても、
真面目にその話しを聴いてくれる人なんていない。
心配してくれない。心配してくれないし、すぐ、また、
「心配されなくても構わない、自分のことだ、人生そんなもんなんでしょー」
と納得してしまう。自分で、自分が辛いと思ったことを、すぐにごまかしてしまう、
自分で自分に想うことすら、薬が変えている。

もう、かんべんしてくれ、不条理だ。
何だそういうことだったのか。
みんな、僕らしくない僕が好きなのか。
僕らしさって、誰も好きじゃないのか。
「そんな事を言うのが子供じみてるよね、ゴメンゴメン」
って言う僕に「そうだよ、気にしすぎだよ」
って応える言葉に「そうだよねー、まぁ、大丈夫だから忘れて」
なんていう当たり前のようなことを、
無理やり当たり前にやらされてる僕の方がマシなのか。

じゃあ、これまで、
僕らしさって誰かに愛されたことがあったのか。
「恋くんのままでいて」と言った人が、
みんな、今の変化に微塵の心配もしないのはなんでだ。

今、「恋くん」はもう「恋くん」じゃなくなろうとしているのを、
しかも、それが薬が強引に変えたことであっても、
そのほうが僕のためだと思っているのか?
そうだ、僕のためだ。そっちの方がずっと生きやすい。

慣れ?この自分に慣れること?
薬で無理やり変えられた自分が地になったらそれもよし?
根っこは変わらないから、別の人になったわけじゃないから?

はーーーーーーーーーーーっ。

不条理だ。

こんな誕生日嬉しくもなんともない。
一体誰が僕らしさを好きだと思っているんだ。
そんな彼女がほしい、
そんな彼女がほしい、
僕の本質を見抜いて、それが好きだって言ってくれる彼女が欲しい、

そのために、痩せて、働いて、頑張って、
子供とかほしい、家庭とかほしい、

その途中の全ての作業を、偽りの自分でやっていかないといけない?

「偽り?それが恋くんだと思うけど」

って周りが言うようになるのは明白。

はーーーーーーーーーーーっ。

ただでさえ14歳から薬漬けで、IQが40近く落ちたのに。

今度は、自分らしさも捨てなきゃいけないの?

知ってる?精神科医とか臨床心理士って、治し方なんて知らないんだよ?
精神科医はそれしか方法がないから薬を使って、
「やっべ、よくわかんないけどこの患者治しちゃった(笑)」と思い、
新薬が出て時間が経ったら「やっちった、あの患者死んだの新薬のせいだった(笑)」って、
やっているのと実は大した変わらないって知ってる?
臨床心理士だって、話しを聴く以外に方法がないし、それを学んでるから、
一生懸命話しを聴いて、訓練した技で話しを聞くけど、
「最後よくなるのは本人の力なんですよね(私もそれなりに頑張ったはずだと思いたいけど、実際わかんないわ。笑)」
そんなノリだって知ってた?もーふざけんなですよ。

あーわかった、わかった。
僕がどんなに頑張っても、
勉強しても勉強しても、辛いことに耐えて耐えてやっても、
そのふざけた臨床家すら超えられないのは分かっている。
でも絶対やってやる、って気持ちはある。

そのための我慢、我慢のゼプリオン。
いつか我慢が普通になった時は、僕はミスチルを聴いてるんだろう。
あの子が大っ嫌いで、僕が大っ嫌いだったミスチルを聴いてるんだろう。

これが僕?これが「恋くん」なの?

もーーーーーーーっ、不条理。

別にいいよ、根が悪いやつだってのは自分でも気がついてるよ。
無理して好きなフリしてくれてたんだとしてもいいよ。

でも、一体誰がこの変化を理解してくれるというの?

そんなわけで、29日の臨床心理士の先生とのカウンセリングで、
全て吐き出して、それでもダメだと思ったら入院します。
それで?どうする?考える。
親と離れて一人で生活保護で暮らして、どこかの施設で余生を送るか、
死んでやるか、考える。

バッカふざけんな!
ゼプリオンが解禁された初年度の死亡者何人だったと思ってるんだ!

何十人もゼプリオンで死んだのに、
無理やり後からゼプリオンのせいじゃなかった、ってことにして、
製薬会社がメンツを保った薬。

だから主治医も使いたくない薬を、
モルモット役を買って出ている僕のことを、ちょっとは分かってくれよ!

分かれっていう方が無理なんだよ。

こんな強い薬。

知ってる?薬って食べ物より強いんだよ、何よりも強いんだよ。
人間を一番破壊出来るものは、化学物質なんだよ。

その化学物質を無理やり理由こじつけて、
「あ、なんかこれ効くっぽいです、いきましょう(笑)」
ってノリで病院に売り込みにきた薬を、
「マジか(笑)ちょ、それ効くかもしれないね(笑)」
って医者が処方している薬を僕ら精神病患者はみんな飲んでるんです。

で、色んな薬を飲んできたけど、
こればっかりはやりすぎだろう!!っていう薬が、
このゼプリオン。やりすぎだ。やりすぎだ。
あんまりだ、不条理だ、残忍だ。
薬で無理やりロボトミーされている気分だ。

なのに、そっちの方がいいってみんな言うから、
迷惑かけたくないから、人の力になれる自分でいたいから、
ずっと打ち続けているのに、誰も、誰も、
この訴えを丸ごと受け止めてなんてくれない。

だからやっとの想いでここに吐き出した。
あゝ助けてくれ、しまいには宇宙人に恋をしてしまった。

そうでもしないとやってられない。
そっちのほうがまともだというなら、あゝ仕方ないというのか。

明日はいい日になりますように。

祈らん!

ぐみぐみ。

[PR]
by ren_with_parfait | 2017-08-25 22:31 | 日記 | Comments(8)

Buzzauxさん。
これから紹介するBuzzauxさんは、4年来の僕の親友にして、
フリーランスデザイナーとして一流の腕を誇る、
ギタリストでありピアニストという、僕の仲間内でも卓越した才能の持ち主。

彼には心に秘めた大切な方が居ますが、
その方はこの世にいない方なので、そんなステキな彼を紹介してほしい人は。
080-XXXX-XXXXまでご電話下さい……。

さて!
今日はBuzzauxさんとMちゃんとで恋宅でお話ししました。
インドカレー屋も行ってきたよ、Mちゃんのおごりやほーい!
(人妻におごってもらってばっかり、大丈夫なのか?笑)

ごちそうさまです。

まず、不動尊までお二人を迎えに行きました。



c0343734_23414755.jpg




左→Mちゃん、右→Buzzauxさん

お寺が絵になる二人です。




c0343734_23424659.jpg




Mちゃんが撮ってくれた。
パフェと三匹で写っている様子(匹!?)




c0343734_23433917.jpg





Mちゃんは犬を扱うのが上手です。





c0343734_23440235.jpg





「とっころでさぁ~」「でしょ!」みたいなシーン。





c0343734_23442459.jpg





パフェ「この人好きかも……」




c0343734_23445344.jpg





あーりゃ、目がマジになっちゃってるね~パフェちゃん(笑)





c0343734_23451850.jpg





パフェ「もう好きにしてなの///」





c0343734_23454525.jpg






Buzzauxさんに古典的な決めポーズを撮らせ。







c0343734_23461560.jpg





インドカレー屋に到着。
MちゃんLosかNew Yorkに住みたいって。






c0343734_23470766.jpg




インドカレー出てきました。
二種のカレーセット、僕はシーフードと、ほうれん草チキン。
シーフードは激辛にしても甘いね。
でもインドカレーほんっとにハマった!週3で食べたい。






c0343734_23481566.jpg




そして最後にこの顔。
この顔こそが敏腕グラフィックデザイナーBuzzauxの魅力、
同じ甘味系男子でも彼には実力が備わっているのが、
この写真から伝わってきませんか?

・・・彼の魅力を引きだしてあげられる、温かな心の女性、募集!
(と、勝手に恋が言っている。笑)

その後ワインを飲みながら音楽聴いたりして、解散~♪

余談だけど……
最近恋も、気になる女の子が出てきました。

だからホント明日にでもハロワーク行きたい。

仕事がないと彼女は作れないと思っているから。

じゃまたに!

明日もいい日になりますように。

祈りを込めて。

ぐみぐみ。

[PR]
by ren_with_parfait | 2017-08-16 23:51 | 日記 | Comments(3)

前に進めないのは嫌だ

オカンがexblogを始めた。
google analyticsを教えたら、即、僕より使いこなす勢い。

今日は昼から、生活始めるぞーっと、
散歩に行ったはいいけど、
写欲がなかった。

「散歩行ってもいいから、ポーズを撮ってね?」

と約束して出た散歩。

結果撮った写真はこれ一枚。


c0343734_02135467.jpg


ゴキュゴキュ。真剣な顔。

散歩は半ば逃げるように終了。

は~、ゴメンね~、楽しくない散歩になっちゃったね~。

……と言っていたら、

パフェさん何やら、ポーズを撮ってる!

そ、そうか、ポーズを撮る約束で散歩に行ったから

撮ってもいいよ?ってことなのか!



c0343734_02151017.jpg


これを撮ったら、
「お兄ちゃん、これでいいねっ!」
と言って、後は撮らせぬ。

撮られないは撮られないで寂しいらしい、
写真大っ嫌いなのに。
そんなところがパフェらしい。

それから友達との通話、LINEに溺れ、
まともな生活を送れないまま一日が過ぎた。

堕落してんな。

統合失調症についての研究を夏休みにしなきゃ、
それと社会心理学関連書籍を読みたい。

急がなきゃ、急がなきゃ。

僕が詩を書いてきた理由は、ちょうどよかったから、
昔ちょっとやってたから、
僕が放送大学をやっている理由は、自然な流れ、
昔から臨床家になりたかったから、それが何となく繋がったから。

そういういい加減に流されてる自分をなんとかしたい。

堕落してる。

今日も詩を書いてホッと一息、
「まだ詩人になれないな、まだ、今日も詩人になれないな」
と思ううことでホッとする。

恥ずかしい。

もっと頑張らないと、その頑張るためのいい自然体を、
どうにか作っていかないと、

ずっと足掻いてきたのに。

自分はここまでかと思うことが多々ある。

能力不足、経験不足、
鍛えてないから、先延ばしにしたから、
悩んでばっかりで行動しなかったから。

そんな自分が嫌だ。

だから頑張る。

頑張るとしか言えない。

明日もいい日になりますように。

祈りを込めて。

ぐみぐみ。

[PR]
by ren_with_parfait | 2017-08-14 02:19 | 日記 | Comments(2)

やっと少し生活らしく

やっと、
生活っぽいことが、
少し出来た。

本を2時間読んだ、
それだけのこと、
片付けて、お風呂入って、
本を読みながら観葉植物の手入れをして。

それだけでも、
出来てよかった、明日に繋がる。

友達も、自分自身も、
生活の色んなことも、趣味も、
勉強も、たぶん、仕事も。

付き合い方次第、
誰と付き合うか、
何を育てるか、
どんな日常にするか、
趣味をどう続けるか、
勉強はどういうペースで、
仕事探しをどう続けていくか、
それぞれ、みんな、バランスをとって、
やっていることだから……。

一日は誰にとっても、
簡単なことばっかりじゃない、
っていうのは分かってる。

本当に簡単なことも出来なくなるような、
困った病気の症状は確かにある。

あまり病気のせいには出来ない、
経験不足、能力不足が足かせになるし、
その足かせをいつまでもブラブラさせてきた、
自分が悪いっちゃ悪い。

僕は一応臨床家目指している身だし、
趣味を充実させたい、仕事を始めたい、
とずっとずっと言っているから、
自分を変えたいなぁ、と本当に思います。

こんな僕にも関わってくれる人がいるのは、
ありがたいとしか言いようがないのに、
嫌〜な感情をついつい抱いちゃうこととか、
有言実行出来ていないことに、
自分のダメさを感じたり、
してはいますけど、これは、
病気をとっぱらえば、みんな同じことですからね。

死ぬまで病気だと思っていた時期もあったけど、
良くなってきてるのだから、
リハビリしなくちゃならない、
25日で、めでたくない31歳になるから……。

僕のやりたいことは、
コツコツと生活を続ける中に、
ギュッとやりたいことを習慣にして続けること。

なんでも一年、二年やると違うから、
毎日やること、どんなことでも、とにかく毎日。

その生活習慣を作るのが、
本当に骨の折れる作業だけれど、
自分にはこの方法しかないし、
みんなやっていること、自分だけじゃないからね。


c0343734_02260535.jpg




こーんな彼女がほしいなーあ。
出来る……だろうか?
スカッと笑顔をくれるような人がいい、
病気とか言っても笑い飛ばしてくれる人。


とにかく、
僕の悩みはごく当たり前の悩みに、
なりつつある。
現実を受け止めて、
なるようにしかならない中で、
どれだけ工夫してやってくかだろう。

明日もいい日になりますように。

祈りを込めて。

ぐみぐみ。
[PR]
by ren_with_parfait | 2017-08-13 02:00 | 日記 | Comments(0)

12歳の頃からの友達のレート君。
「呑もうぜ」と言われたので、
レート君のプランで池袋&巣鴨デートしてきました。

今まで恋愛の話しをきいてきたけど、
先月の半ば頃から急激に進展があったみたいで、
色んなエピソードを話してくれた。

にしても凄い笑った。
始終笑いっぱなし。
僕の友達はユーモアある人多いけど、
レート君は別格だな。しかも毒ないし、
迷惑かけないし、優しいし。

僕の友達の中でもほんと、
誠実で面白くて、人柄の良い友達だと思う。

12歳で知り合ってから、まだ4回しか会ってないけど、
「ユキやんが辛い時相談乗ってくれて本当に嬉しかった」
と言ってくれて、えっ!その何倍も笑いで返してもらってるから!
という気持ちだった。

臨床家の卵ですらない僕ですが、
彼のような人の力になれることが増えるんだったら、
もっともっと前に進まなくちゃな、と思わされた。

ブログに写真載せていいか聞き忘れたから、
ほんのちょっとだけ掲載。



c0343734_06410110.jpg




ローアングル。



c0343734_06410755.jpg





青空と街のパノラマの光と光の真ん中らへん。




c0343734_06411018.jpg



レート君が探してくれたインドカレー屋。




c0343734_06420907.jpg




荒川線。




c0343734_06421132.jpg


銭湯の中のラウンジで。




明日もいい日になりますように。


祈りを込めて。


ぐみぐみ。

[PR]
by ren_with_parfait | 2017-08-10 01:00 | 日記 | Comments(2)

美人妻(4人の子持ち)と、2人っきりでカラオケに行った土曜日。
不倫じゃない!不倫じゃないって!
でも何だか、女の子とカラオケ来てるってシチュエーションが、
こう胸を苦しくさせたので、今までの恋について相談した……。

恋愛の達人のJちゃん、300人と付き合ったことがあるのだ!
「別れて6年想い続けた人を忘れる必要はないけど、詩に書いたり傷口を広げるのはやめよう」
「その子も悪い気分じゃないかもしれないけど、その子のためにも、次に行ったほうがいい」
そう言われ……心がズキン。でも確かにそうなんだよな。
よく考えたら、相手のためにも良くないんだよな、引きずってるのって……。

そう思って、すでに自分の一部になったもの以外、
傷口を掘り返すようなことはやめようと思った。
「包帯をグルグル巻いて、それ以上傷口を広げないようにして、沢山出逢いを持とう!」
Jちゃんの言うことはもっともだ。

わざわざ僕の地元まで埼玉から出てきてくれて、悩み相談しちゃって悪かったけど、
今僕の恋愛相談に乗れるのはJちゃんだけかもしれないな。

そんなJちゃんと食べたインドカレー(今日も別のお店で食べた)


c0343734_22455127.jpg


1.貝類
2.インドカレー
3.ラーメン

この3つは常に何回でも食べてたい。
僕はマトンが大好物なのでマトンカレー。

それで今日、日曜!
すんごいダルかったので、Yuch師匠に連絡、
そしたら、また銭湯代とインドカレー代おごってくれるっていうから、
読書会しましょうよ、ということで落ち合うことに。

「その前にパフェちゃんの散歩行って来てあげて~」
と仰るので、パフェの散歩行きました。

これまでにないショットの数々、ご覧あれ!



c0343734_22475246.jpg





まずはお花の匂いにうっとりするパフェ。





c0343734_22481734.jpg




急に思い立って撮ってみたローアングル。





c0343734_22483787.jpg




もう一枚。




c0343734_22485533.jpg





接写!





c0343734_22581533.jpg





いいモデルっぷりを発揮するパフェ、
今日はなんか調子いいぞ!?





c0343734_22564220.jpg





今日のベストショット。
リラックスしながらローアングルで撮られるパフェ。







c0343734_22564496.jpg





お散歩するの~♪




c0343734_22564736.jpg






喉かわいた!





c0343734_22564964.jpg






今日は猫ちゃんいないなぁ~……。






c0343734_22565186.jpg







お得意のポーズ。
このポーズ可愛くてしょうがない、びろーん(笑)






c0343734_22565344.jpg








お兄ちゃん、そろそろ帰ろう♪






c0343734_22565588.jpg






おうちの前の工事現場、何建つんだろうね~~。






そして散歩終わって即Yuch師匠と合流!







c0343734_22565634.jpg





銭湯に入る前にビール飲むです。


結局2時間くらい銭湯に居て、
それからインドカレー食べに行って、
読書会をして解散しました。


今日もいい日だったな~。



明日もいい日になりますように。


祈りをこめて。


ぐみぐみ。

[PR]
by ren_with_parfait | 2017-08-06 22:54 | 日記 | Comments(0)

真夏の銭湯

Yuch師匠と、真夏の銭湯、
柳泉園グランドパークに行き、
哲麺(ラーメン)を食べて、
パフェの散歩をしてワンデュエルしました。

柳泉園グランドパークは、東久留米市と東村山市の境にある、
プール・テニスコート・お風呂が一体になった、
ゴミ焼却炉の熱を利用した、アミューズメントパーク(?)です。

障がい者は\200で銭湯やプールを利用出来るので、
Yuch師匠ともう5年くらい行きつけています。

今日はちょっと水風呂が温いかな~という感じがあったけど、
リフレッシュしました。

それから哲麺!





c0343734_21210510.jpg




替玉が\50なんですよ~。
安いからってんでごちそうになっちゃいました。




c0343734_21215003.jpg




うまい!




c0343734_21220509.jpg





それから一緒にパフェの散歩へ。
川で泳ぐパフェとYuch師匠。





c0343734_21223266.jpg





Yuch師匠とはとっても仲良しなのです。
(何せ一ヶ月半ぶりの散歩にありつけたのだから!)






c0343734_21230113.jpg





すっかりなついています。






c0343734_21231659.jpg






良かったね~パフェ~~。






c0343734_21233678.jpg




帰って、満足気にすやすや眠るパフェ。



飼い主共々Yuch師匠には感謝です。

明日もいい日になりますように。

祈りを込めて。

ぐみぐみ。

[PR]
by ren_with_parfait | 2017-08-04 21:24 | 日記 | Comments(2)

試験が無事終了しました

無事とはいっても、最終日の今日は、
試験にいくのを休みました。

持病をこじらせてしまいました。

月末一気に波が来て、入院も検討。
救ってくれたのは母が入れたお風呂でした。

入った瞬間「ああコレだー!」と、
何度もお風呂の中で潜水してました。

銭湯での水風呂だけかと思ってましたが、
お風呂って素晴らしいリフレッシュ作用あります。

昨日の夜中、なんだか妙に取り憑かれたようになり、
えらーさんに仲直りしないかと連絡。

朝起きる時、かなりそのことが不安でしたが、
今日の夜電話する約束をして、片付けと、
日記の振り返りに専念。

電話をしたら、やっぱり彼は強烈でしたが、
彼の不調の悩みを聞いている内に、
関係に肯定感が持て、彼もホッとしたようで、
おやすみ〜、と。

そしたら、

友達の効能はすごいものです。
副作用も然り。

振り返って今後の計画を立てるのが、
とてもスッキリと出来た一方、
半ば友達との親密さを一気に取り戻したことで、
恍惚感に浸って、これはマズい、と。

「ひっくり返したように昔に戻っていけない!」

と焦りました。

しかし、
ここ最近の勉強だけの日々が、
決していい態度だったとは思えない。

この両極端な態度が
たった数日隔てただけで、
自分の表面に出ていることが、
不可解でもあり、良いことにも思える。

友達ひとりと仲を戻したら、
こんなにも一気に昔に戻ろうとするのか、
と、それが健康な作用でもあり、
安易に考えるとよくないようにも思えて、
人の心はつくづく面白いな、と、
心理学的な目線から観察してみたり……。

ゼプリオンが、
どうして表面的で、
活発に脳が働かない自分を作り、
周囲や自分がそれをいいものだとしてきたのか。

その脳が以前の自分を取り戻そうとして、
体調不良を起こして、
急に友達と仲直りする気になり、
それで態度が以前に戻ろうとしているのか。

不可解であり面白いし、
良いところだけはとれなさそうで、
不安で困惑している今です。

その友達との関係は、
僕に安堵を与えるにも十分で、
うまくいかない僕に、
甘い考えで昔に戻ろうとするにも十分でした。

冷静に、
落ち着いて、
これから歩いていかないと。

心理学的に自分を観察しても、
今の知識だと何が起こってるかは、
ちっとも分からない。
けど、今後の観察対象として、
自分のこういう内面的な変化が、
どうして即、外面の態度の変化になるのかは、
考えてみると面白そうだと感じています。

ひとまず、半期放送大学お疲れ様でした。
捉えどころない心というものを、
実験による研究で明らかにしてくれる心理学は、
期待以上のマジックを僕に起こしているかも。

同時に、心理学は破壊的な側面も扱うとは本当だな、
と、恐ろしくもなる。

勉強をサボるのが一番いけない(^_^;)
余裕がなくなって、より友達を遠ざける。
量も莫大になってしまうし、
座学だけで、頭でっかちになってしまう。

上手く友達付き合いと、
勉強と、バランスをとって、
このブログの面白い面も、
取り戻して、見つけても行きたいです。

お風呂の力と、友達の力に驚かされた二日でした。

明日もいい日になりますように。

祈りを込めて。

ぐみぐみ。
[PR]
by ren_with_parfait | 2017-07-31 01:20 | 日記 | Comments(0)

自分を探している

明日も試験だ。
今日の試験は無事済んだ。
A・B・C、どれかの判定をとれただろう。

試験が無事済んだことで、
これまで私が出来ないと思っていたことが、
実は出来ることなんじゃないかって自信につながった。

幼稚園の頃から変なガキだった僕が、
「あー彼はこういう大人になったのね、彼らしいね」
って言われるような形で、社会に適応したり、
部分的には優れたり、また劣ったりすることは可能だと思った。

心理学を学ぶことは、新しい考え方、
これまで自分でいくら考えても分からなかったことを、
目からうろこの切り口で教えてくれて、本当にいい学問と出逢ったと思う。

放送大学が、けっこういい大学なのは本当だ。

僕は、ひとつ結論に辿り着いたのだけど、
「芸術表現をしたい」という願望と、
「臨床家として医療にたずさわりたい」という願望は、
どちらも同じ意味なんじゃないかとおもった。

つまり、人って、必ず自分の中に、
一番愛しているじぶん、美しい自分っていうのがいて、
それは言葉にも出来ないし、苦しんでしまうものだし、
色んな形で表現したり、気づかせてもらえたり、支えてもらわないと、
表には出てこないもの。

僕が芸術表現をしたいのは、自分の中にあるものを表現したいからだし、
臨床家になりたいのは、その人の中にあるものを表現させてあげたいからじゃないかと思った。

人は自分を美しく表現出来てる時が一番幸せで、
それを妨げるような問題にぶつかったとき、苦しくなるんじゃないか、
その苦しみは自分も痛いほど体験してるし、子供の時からみてきたし、
自分が表現したいように、他の人も色んな形で自分を表現したいんじゃないか、

って、

いう、

心の中の小さな光みたいなもの。
それを自分の場合も、他人の場合も大切だから、
芸術表現、臨床家、っていう形で表れてるんだと思った。

正直「芸術」なんて言葉を使うのは抵抗があるけど、
主治医がそう言うから開き直って使うことにしている。

でもうん、したいことは「芸術」なのかなぁ?
自分の自己愛の究極は、自己表現だし、
自分の他者への愛の究極は、臨床なんだと思う。

シンクパレット構想というのを温めてて、
ブログの上位サイトとして、ウェブページを持とうと思っている。

そこでは自分の書いたもの、
演奏したもの、撮ったもの、描いたもの、
語りたいことなど、自分の自己表現のための、
現実とは切り離された空間を作れたらいいなって思う。
個性を全部出し切っていい場所。

それとは別に、日常生活では労働者と勤勉な学生として生きていく。

ウェブサイトの構想はずっと前、10年以上前からあった。
12歳の時にウェブサイトを持っていたから、やめている方がおかしかった。

HTML5の勉強も大変だろうけど、色々工夫しながら、
詩で学んできた、創作に対する良い姿勢の持ち方みたいなものを、
しっかり持って、闇雲にでなく「自分の中にある、今、この時の感情」を、
いかに表現しきれるかを、シンクパレット構想ではやってみようと思っている。

起きたらまた試験だ、寝なくちゃ。

明日もいい日になりますように。

ぐみぐみ。

[PR]
by ren_with_parfait | 2017-07-26 03:16 | 日記 | Comments(0)