二つのページ

「夜」

夜寂し
日がな終わりの
袖寒し
よもや年の瀬
灯油屋の音

時近し
すでに終わりし
恋なれぞ
冷めど打ち寄せ
響く鐘の音

寒し恋
寂し恋かな
詩であらば
封筒に閉じ
晦日焼かれる

年が明け
また年が明け
年を終え
気づいた時は
君だけ終わらず

ただそうさ
何が巡れど
終えれども
愛す喜び
止む世にあらず

ただ哀し
相されたいから
また逢いす
滑りゆく陽に
走り出す夜

カウントダウンはもう少し
カウントダウンはもう少し
はやる気持ちを
押さえ心臓
やっとやっとだ
やっと言えるよ
愛しているよ
結婚しよう

それさえあれば
なにもいらない

☆-★-☆-★-☆-★

「朝」

祈りには
誰にどうして
祈るか
誰がどうして
祈るのか

明けを待つ
またはこのまま
夜望む
どちらも決まる
祈りはあらず

ならなぜに
誰にどうして
祈ろうか
誰をどうして
賛美するのか

なにゆえに
神子は奇跡を
残したか
奇跡この身に
起こらぬものか

ただ今は
賛美の隙に
抜けだして
気を落ち着かせ
口紐解く

クリスマスなら叶えて下さい
僕の願いを叶えて下さい
どんなに泣いて
頑張ったって
好きで好きで
大好きだった
あの人のことが
忘れられない

神様どうか、居るんだら
聴こえているなら会わせてくれよ

そう言い泣いて
泣いては祈り
祈りは泣いて

泣き荒ぶのを
見つけた人は
共に祈りて
救いの神子も
共に祈りて
朝が来るまで
共に祈りて
その朝来るまで
いとやすく

[PR]
by ren_with_parfait | 2017-11-21 17:54 | 二部構成の詩 | Comments(0)

友よ

「友などいない」

本当に苦しい時に
手を差し伸べる友は
一人もいない

僕はひとりで憂鬱で
この世の真理独りで解きたい

悲しいことにうわべだけの友
簡単に壊れてく友達意識

あゝ僕は彼ら信じず歩む
二度と弱いと言わせはしない

僕の絶望見ては見ぬふり
彼らに愛想尽かしてる
まさに僕から君等にだから

運命共に歩むのは
自分救えた時だけなんだ

僕の孤独は断末魔
裏切る君を友に認めず

二度と弱いと言わせないから
僕は全てに復讐するよ

幸せならば小さな息で
ただ裏切りを力に変える

僕の犯した罪ならば
君ら犯した罪とおあいこ

墓場まで僕虐げる
君等が僕を侮らぬまで

僕は己れを高めてく

☆-★-☆-★-☆-★

「友よ再び」

僕が苦しい時にはいつも
君が心を満たしてくれた
ただ一人の僕

僕はひとりで首を垂れて
何も信じずいたけれど

君の温かな一言が
僕の寂しさ埋めてくれたね

あゝ僕もいつかは幸せに
弱さはいつか優しさになる

僕の悲観に優しい一言
その温もりが僕を癒した
終わりの日までそれは消えない

すれ違い樣の運命は
次へと僕ら昇らせる

二度と弱さで傷つけないよ
僕はあなたに感謝している

幸せならば些細なことに
人は初めに愚かであるの

僕の犯した罪が多くて
君らに何も返せやしない

墓場行くまで僕ら繋がり
僕は君らを押し上げる

友は互いに高め合うから

[PR]
by ren_with_parfait | 2017-11-19 23:05 | 二部構成の詩 | Comments(0)

unhappy

幸せ色の
日々に嘘
幸せ失せて
いままこと

幸せ色は
歩いてこない
平和な国に
願う人たち

夢にみた
願い続けた
優しい肌は
すり抜けてまた
冷たい指に

幸せ色は
ビニール細工
染めて染めても
落ちる色
塗れど塗れども
色つかぬ

幸せは
騙し合いだね
すぐ消える
ないものねだり
いつまでするの

もう恥ずかしくないでしょうか
もう恥ずかしくないでしょうか
生きていくのに
何か求むは

もう泣いて生きることなんてない
もう泣いて生きることなんてない
人生なんて
悲しみすらも

これ以上をもう望まない
これ以上はもうここにない
幸せ色は
オードブル

いままこと
愛と恋とか知らないよ
ここはもう
幸せ色の
死んだ街
平和な国で
生きる祭りを
咲う景色が美しくても

うるははははは
うるははは
見惚れるほどに
愚かな世界

unhappyに踊れよ舞えよ
花が散る散るこの時に?
ただ散らばってくこの空で?

好きにして
もういいの
幸せ色を見放したから

unhappyに生きるから

[PR]
by ren_with_parfait | 2017-11-18 16:49 | | Comments(0)

恋の休憩室

--ずっと--

悲しい温度
染め上げないで
虹は架かるの
いつかはきっと
降り積もる雪
海に溶けては
いつかあなたと
恋繰り返すから

繰り返した恋始めから
忘れた僕らは手を取り合う
そんな時、閃光
あなたの笑顔花火が灯して

冬に夏を待ちわびて
冬の気持ちを見ぬふりだけど

初めての日から終わりまで
僕らは絶やさず炎を灯す
心の中で

ずっとずっと

--いつも--

悲しい微熱
思い出しちゃう
サザ降りの雨に
似合わぬ日光
想い出話しは
焼き直されて
振り回されては
笑い合うから

巻き戻した恋始めから
記憶の断片また想い出す
そんな時、バンッ
あなたの恥じらい花火が照らして

冬に夏を生きる様に
夏の気持ちを大事にするけど

初めての日から別れた日から
僕らは絶やさず涙に濡れる
心の中で

いつもいつも

--きっと--

切ない刹那
忘れたくない
ゆらめきの都市に
視界は逆光
追いかける様
待ち望む春
あなたは永遠
幸せでいて

空を飛びこえ夢始めから
遊園地飛ぶ子供です
そんな時、ビリッ
花火の電流僕らに走った

冬にも過去を懐かしみ
夏の想い出投げ捨ててまで

戻れない様な決まりごとすら
恋の行方は僕が決めてく
心の外にも

きっときっと

[PR]
by ren_with_parfait | 2017-11-17 19:10 | | Comments(0)

燃やしてはならぬもの

「消えた太陽」

愛せないから
愛を知る
愛せないのに
愛を知る
どちらも知るに足らぬこと
愛せなくして愛知れぬ
愛がなくして相容れぬ
いつからか
君、という太陽は
月に隠れていなくなり
いつからか
君、という太陽は
堕ちては来ない夢になる
心に愛がないならば
反対側を探すのだけど
君の反対ただ君いない

太陽の色朽ち欠けた

☆-★-☆-★-☆-★

「消えた月」

愛してたから
愛を捨て
愛せてたから
愛を切る
どちらも見るに堪えぬこと
愛捨ててまで愛すれば
相容れぬほど愛はない
いつからか
それ、という月なら
太陽壊してまた巡り
いつからか
それ、という月は
巡り巡って昼に昇った
心に愛はなくなって
反対側を探すのだけど
それの反対は朽ちた陽だ

月は爛れを残して消えた

[PR]
by ren_with_parfait | 2017-11-17 17:09 | 二部構成の詩 | Comments(0)

Los

僕」

死にたいほどに辛いとき
側に居るのは僕だけで
ただ僕が僕抱きしめて
ただ僕が僕慰めて
「寂しい子」だと呟いて
ぬくもりならば僕の中
しんゆうならば僕の中
恋人ならば蚊帳の外
僕の為いる僕の為
心に沈む夕日をみてる
あゝあれが落ちてきて
もうひとりの僕創れたら
あゝ夜にほら堕ちていき
いついつまでも燃えてゆくならば
僕は何にも寂しくないさ
僕は何にも寂しくないさ

Losしているのは何だろう
きっと頼れぬ僕自身

☆-★-☆-★-☆-★

「君」

死にたくなりたい日暮れどき
側に居なくて独りきり
ただ君が君囁いて
ただ君が君寄り添って
「悲しいな」そう言い放ち
死にたい人よ霧の中
消えたい人よ夢の中
恋人ならばすでに過去
君いる為いる君の為
夕日が過ぎた夜踊る
あゝ演じずばまた独りなら
役作りしてひた咲う
あゝ繕えないところまで
女優は作り飾りゆく
君は何にも辛くないフリ
君は何にも辛くないフリ

Losしているのはきっとそう
優しい人に逢えぬこと

[PR]
by ren_with_parfait | 2017-11-17 16:12 | 二部構成の詩 | Comments(0)

流れ星

--過去--

もうここで
生きる意味など
ないのなら

そうなにも
失うものなど
ないのなら

今きみが
願うことだけ
書けばいい

今きみが
想うことだけ
言えばいい

傷口は
塞ぎきれずに
あふれても

絶対に
キミはキレイだ
それだけを

きみの言葉で言えばいい

--現在--

もうなにも
言えなくなった
そのときは

まだなにも
始めていない
ときだから

今きみが
行きたいところ
どこですか

今きみが
会いたい人は
誰ですか

キスをして
奪いたいのは
誰ですか

絶対に
キミはキレイだ
それだけを

話し続けた口だろう

--未来--

もうなにも
忘れ飛び立つ
そのときは

まだなにも
なし得なかった
なかにいる

今きみの
そばにいるのは
誰ですか

今きみが
抱いているのは
誰ですか

絶対に
キミはキレイだ
それだけを

流れ星にも言えますか

[PR]
by ren_with_parfait | 2017-11-13 19:24 | | Comments(2)

冬の神風

「未来の神風」

この日々に冬
始まることを
綴じゆくことを
恐れないで

この日々に冬
寂しいことを
凍えることを
忘れないで

最後の最後
最後の最後は
まだ来ない
歴史の波間に
刻むあなたを
消してしまえば幻だ

この日々に冬
この日々に冬
巡り巡って
四季の終わりをその手に握れ

寒さ纏いて
風切り歩け

神風よ吹け
あなたの肩に
あなたの腕に

指先に

☆-★-☆-★-☆-★

「過去の神風」

この日々に冬
終わる時間を
開く初めを
恐れています

この日々に冬
逢いたい人に
逢えない時間
架からない虹

最後の最後
そして審判
どこへ逝く
歴史に消える
か弱い僕ら
笑う愛なら幻だ

この日々に冬
この日々に冬
美しさ
四季の終わりはこの手すり抜け

春を待つのを
惑う恋人

神風が吹く
誰を想って
あなた想って

いつもより

[PR]
by ren_with_parfait | 2017-11-11 13:47 | 二部構成の詩 | Comments(0)

死の影

「死の影の光」

死の影
それはぽんわりと
浮かぶ月が落ちてくるような
夢で、花を拾うような色で

ただ、死にたいな

その言葉だけに包まれる

死の影
それが煌めくと
射し込む朝日に溶けていきそう
故に、水を掻き毟るような熱で

あゝ炎ぼうぼう
これが命ならばと容易くも
生きていくなら寂しさも
消えいる言葉が響いていくのは

ただ、死にたいな
死にたいな
死にたいな、死にたいな

一人でだったら何回言っても自由だよ

死のふちに行けるなら
そこにいる奴を救えばいいの

死の影になれ

☆-★-☆-★-☆-★

「死の影の闇」

死の光
それは鮮やかに
生きる血の色散らばることを
凛々と、話す姿は嬉しそうだね

ただ、生きたいな

その言葉だけが逝かせてくれない

死の光
それが滅びると
揺らめく街が色をなくして
延々と、仄暗い路を歩いていくだけ

あゝ死ぬ希こそ光なら
望ましいことは悲しくも
虚しくも辛くも痛ましくても
命が欲した答え合わせだ

ただ、生きたいな
生きたいな
生きていたいよ、生きていさせて

もしすぐに、一人じゃないって気づけたら

死ぬことだけが愛おしくても
そいつは耳元からささやきかけてくる

死の光を消せ

[PR]
by ren_with_parfait | 2017-11-09 20:26 | 二部構成の詩 | Comments(0)

運命の旋律

「運命の旋律の光」

昨日に置き忘れたのかな
明日に会える忘れもの

運命の旋律

もう恋に咲く花は散っていき
残されたものはただの日照
それが沈んでからの仄かな月だ

運命の旋律

何もこの手には残らない
切なさすらも泣くことすらも

運命の旋律

あゝ堕ちる堕ちる
どこまで堕ちれば済むのだろう

産まれも悪魔
没するも悪魔
ならばどうして私を産んだ
神はどうして私を誉んだ

運命の旋律

なだれ落ちるように
生活が、生命が、黒ずんでゆく
渦に飲み込まれていくように

運命の旋律

最後の愛すら忌々しくなり
己の心が忌々しくなり
もう何も私に誉むものはなく

運命の旋律

私の存在を否定する全ての者よ
世界よ時空よ寂寞よ
悪魔を代表して言おう
誠に我らは不幸であると
求めるべきして求められ
誉れるべきして誉れられ
羽根を与えられ愛を与えられ
最後に奈落に落とされて
ただただ己を嫌悪しながら
愛した全てに祟りつきながら

運命の旋律

あゝ悪を代表して言おう
私は壊してしまいたいのだ
こんな世界を自分の力で
蔓延るクズ共全てをこの手で

この世界を奪う
この世界を奪う
この世界を奪う

あゝそれが

運命の旋律

☆-★-☆-★-☆-★

「運命の旋律の闇」

明日は必ず連れていこう
昨日に置いた君といこう

運命の旋律

そう恋に咲く花は蘇る
何度も心は巡り巡って
消えた証に蘇りの印

運命の旋律

何もこの手は違えない
あざとさの裏の祝福すらも

運命の旋律

あゝ咲けよ咲けよ
いくら咲いてもまた咲き巡る

初めは天使
最期も御使
どうして幸せを預かれよう
悪はどうして私を許そう

運命の旋律

あふれるがままに
精霊が、魂が、仄白くある
涌き出でてくる泉のようにある

運命の旋律

最果ての悪すら救いがある
見果てぬ小さな私にすらも
失うものならただそこにある

運命の旋律

光の存在を否定する全ての者よ
炎よ大地よ人間よ
御使の魂から常を言う
それは悪の逆光に立つのだ
悪の逆光にて光は立ち
光の逆光にて悪は舞う
針を与えられて刺す蜂のよう
最初に彼らは創られた
あゝ悪こそのため今祈れ
解読されてく黙示録にて

あゝ御使を代表して言おう
神の国はもう来ている
この世界は満たされてるのに
誰もが不幸を求めて泣いてる

この世界を暴く
この世界を暴く
こな世界を暴く

あゝそれが

運命の旋律

[PR]
by ren_with_parfait | 2017-11-09 00:59 | 二部構成の詩 | Comments(0)