黒く堕ちる

黒い夢を抱きしめている
あなたはいつもそう
纏わりついてる不幸を連れて
そこから答えを見つけだすのね

黒い猫を抱きしめている
あなたはいつもそう
懐いてばかりの白猫捨てて
愛するばかりに疲れてゆくのね

黒いキャンパス描いてみている
水彩絵の具に油絵に
粘土に造形彫刻に
あなたはいつもそう
言葉の織りなす技を見つけて
芸術ばかりの美を生きてゆく

黒いあなたを思い出してる
幻は暖かな日差し
そこにはあなたの影が見えるの
あなたはいつもそう
決して姿にならない動きで
月夜に私を降らせて堕とすの
[PR]
by ren_with_parfait | 2017-05-30 02:13 | | Comments(0)

平凡になった

かくして私は平凡になった
いや、平凡というのは
飼うにはとても難解な生物だから
平凡を呼んだと言ってもいいだろう

かくして私は平凡を知った
いま、変人でないのは
飼うにはとても難解な自分自身を
平凡に近づけるための営みだろう

かくして愛憎を捨て
未練を去った
去ったと言っても去ってはくれない
去らぬと言っても去ってはいくのだ

愛憎は捨てども蘇る
なぜなら雪解け、梅に桜に新緑に
紫陽花の頃を通りぬけ
ぼうぼう燃えゆる太陽が
蜃気楼など起こした頃には
川なり山なりどこにあれども
花火がバンバン打ち上がり
浴衣姿を見かけた時には
誰ぞの浴衣が天使かなどと
それはあの子の他にない
思ってしまうは嘘でもないから

かくして私は平凡になった
いや、平凡というのは
飼うにはとても難解な生物だから
いっそ平凡を呼んだふりをして
奇人、変人を貫いたなら
誰かひとりの秀才になれようか

あゝ頬染めあげる季節のしぶきに
幻すらもが終ぞたくらむ夜が来たりては
平凡装う幸せを知るも
ただ心の在り処は暑きなり
鳴く蝉が咲うとしばし黙れよ本能の虫よ
何が善いのか正しいか
それを忘れて鳴らす羽音に宿れりは
人の音にて何をば求めんただ聴けり
求むるところはさして変わらぬ死人と我らよ
季節の大火の前ではもはや
両者に区別はありはせぬ
ただ求めよと生涯を、ただ極めよと道なき道を
祭りの黙するところがあれば
終える節知る凡庸なれど
節を忘れて踊り狂うも
異のようでも実は変わらぬ同じであるのだ
だから咲えよ咲える限り
その美しさに見惚れた姿が
貴女の心にいついつまでも炎を告げて
終わり訪れずに降らせるのだから
涙は必ずやってくる、だから咲えよ咲える限り
[PR]
by ren_with_parfait | 2017-05-29 01:50 | | Comments(0)

夢のいろ

起きていながら夢をみる
夢をみながら生きている
既視感、予言、離脱感

夢の中で見るのも本当
起きていながらするのも本当
相関、実現、浮遊感

暗い寝室イメージしてみる
過去に起こったこと蘇る
それは過去にして今にあり
今にありながらに過去である
過去は現在進行形、夢は起床後完成される

何かをしながら
暗いじめじめした曇り空を想う
その時恋人がいたことを
共に時間を漂って
視つめて描いた寂しい空を
思い出しては焼きつけて
疲れ果てては眠りについて
夢から覚めると新たな命が始まって
脈を打ちながら拍を打つ
拍をとりながらに脈をとる

薄暗いのが昼であれ
また夜てあれ夏であれ冬であれ
晴れであれども雨であれ
そういう時間はやってくる
既視感、予言、離脱感

薄暗いのが昼をすぎ
また夜の前の夏にあり夕であり
晴れではいても甘暗く
そういう時間に起こること
相関、実現、浮遊感

愛犬が目の前で話してる
口を開いて母国の言葉を日本語を
それをまざまざ眺めてる
既視感、予言、離脱感

目の前で話す愛犬と
目を視て人の言葉を日本語を
交わしながらに確かめる
相関、実現、浮遊感

ゆらゆらゆれる陽炎が
立ち込めたなら幻は
そこに居るから確かめる
既視感、予言、離脱感
完成された夢のいろ
[PR]
by ren_with_parfait | 2017-05-23 19:01 | | Comments(0)

ヒマワリ畑でさようなら

私の歩いた足跡に
彼女を立ち止まらせるのをやめよう
その足跡はひとりぶん
幼子だった私が辿り
今の私に辿りつくまで
いつかは老いゆくこの道のりで
私が命を閉じてく時まで
花弁の枯れた花を見つめて
語りかける様なこの語りべに
彼女を立ち止まらせるのをやめよう

もう枯れた花に笑いかけ
何愛しそにささやいてるのか
亡霊すらをも失くした心
幻すらをも忘れた心
心亡くしてみつけた所
所忘れて泣いてた頃の私なら
もはやここにはいないというのに

何悲しそに繰り返してるのか
焼き切れた花火の薬莢は
雨に濡れたら打ち上げられぬ

涙を欲し
トキメキを欲し
欲のままにて恋をなぞって
そこに私がいたことなどない
そこに彼女がいたことなどない

何を願えば
私ひとりの足跡に
彼女を立ち止まらせるのだろう
ここからひとりで歩いていこうと
彼女を引き連れ歩いていこうと
何が違うというのだろうか

恋の花火は散ったのだ
散って散っては散りばめられて
泣く理由すらをも失って
いつの間にか空には太陽
陰りの中でうつむいてたのは
遠い日の空素晴らしいトキメキ

どこにいるとも何をしてるともしれない彼女に
記憶から彼女を変形させては
歪な玩具にしているような
今の私は愚かしすぎて付き合いきれない

ぁあ、それ以上に何を言おうか
ぁあ、この晴れた空この幸せな日々
これは誰がくれたというのか

もう私の足跡には
彼女を立ち止まらせる印をつけない
あまりに不憫だ散々だ
なぜこんな不毛に付き合わせなければならない

今胸に握りしめた薬莢を
濡らさぬように最後を告げるよ
時間が私にも来たんだと
走馬灯のように巡る彼女の匂いが映像が
コントラストを激しくしている

これは僕らの物語
最後のページになるのだろう
そっと微笑む夢とおとぎの毎日は
その魂は彼女に触れて離れたことで
自分自身を見つけたよ

ひとつの足跡もはやここには
彼女を立ち止まらせることはしない
ヒマワリのようにさんさんと
ただ真っ直ぐにて誇るのみ
そんな二人であったのだから

また逢える日までお元気で
私のつまらぬ恋文に
付き合ってくれてありがとう

枯れる頃はじまる温度には
届け届けのかけ声響いた
あゝ刹那、そこに居てくれたのならばなどと

悲しい述懐に染まることなく
[PR]
by ren_with_parfait | 2017-05-22 16:32 | | Comments(0)

恋心は不滅なり

僕がきびすを返した言葉に
だじろぐ君をみていたい
ああ優越なりサディスティックに
マゾヒズムをこそ満たしたい

思えば恋など完結している
思えば恋など戻れるところはいらないし
進むところもいらなくて

ただただ君の笑顔があること
それをHugしてあたたかくしたい
暑い夜にはクーラー効かして
極楽だなんて温泉と逆だね

そんなくだらないことが君にあって
とてもくだらないことが僕にあって
この国で対等に生命であることって
神秘であるし悪魔的にクライスト

君が望むことなら大体わかるよ
僕が君の願いの通りになることだよね
君は優しい人だから
とってもワガママな人だから
キュートな以外に取り柄がないの
芸術性すらキュートの一部
そんな君がいつまでも可愛くて

想い出以上にただ空気があることを抱きしめる
君はあの水色の聖書を読んだかな
少しづつでいいから聖書を読んでごらん

君は神に祝福されてる
心は真摯で人を想える人なんだし
気持ちは直ぐで心に適う

愛してくれたら愛をかえせる
愛してくれなくても心を尽くせる

そんな平凡と天才を併せ持った君のことが
僕はいついつまでも大好きなんだ

だから君に届くように
僕はいつでもここから叫ぶよ
For you...君のためにある僕だから

Give me...忘れないで
この心だけは変わらない
長い人生くたびれたのなら
いつでも僕に寄り道してよね

それは空間を捻じ曲げてでも
蜃気楼の中で見えることでも
それは僕らの出逢いであるから
真実の心の目くばせだから

あ、そうだ
ちょっとは見てくれ大事にするよ
あいつは今でもカッコいいなって
そんな人に想われたら幸せでしょう

だから僕はいつまでも頑張る
ここまで生きた時間の全てを
君に捧げて墓場まで行くよ

君をHugする僕の心は
他の誰かをHugすることは二度とない
完結されてる愛の流刑地

そこは案外幸せなところで
地球はそこまで終わっていないよ

君の平和が壊されるのなら
そんな神様に抗議をするよ
これでも僕は天使みたいに
祈りを捧げてそれを繋げることが出来るんだ

それは君の愛のため
それは君の幸せのため
すべてのすべては君に向かうから
息を絶やさず君へと届ける幸せを
一歩一歩で噛みしめているよ

笑ってごらん、泣いてごらん
そのすべてが僕には愛おしいのだから
忘れないで、僕は君の全ての時間が
愚かなことも失敗も、その全てが愛おしいのだから

[PR]
by ren_with_parfait | 2017-05-19 23:44 | | Comments(0)

復活の端書

良いこと良いことよく聞きなさい
愛は消えてもいいのです
嘘になってもいいのです
破き捨ててもいいのです
涙が出なくていいのです
笑えなくてもいいのです

ただし、忘れてはいけません
愛が死ぬのは見せかけだけだと
嘘になるのは見てくれだけだと
破き捨てても見えないだけだと
涙が出ないは見せしめだけだと
笑えないのは見せないだけだと

だから良いですかよく聞きなさい
失うことを畏れないで
傷ついたままはしゃいでみせて
人を壊して裏切って
エゴのためだけ走ってみせて
欲望のために消えていくのは
そのままのことだと考えてみて

仮定しよう
あなたは全てを失うだろう
仮定しよう
あなたは誰をも失うだろう
美しさも純粋も愛も
何もかもをも失うだろう
心もなにもない世界に生きて
恋も愛も友情も
お金も誉れも成功も
何もかもをも失って
微かな望みの恋がひとつ
すでに砕けて消えているなら

それで
貴女は何を畏れるというの

それで
貴女は何が悲しいというの
嬉しいというの欲しいというの

仮に誰かの心が欲しくなり
それが手に入らなくなったとき
覚えておきなさい
何も恐がらなくていいということ

消滅はない
残念だけど
消滅はない

死ぬことは
心が苦しくなることではない

だから消滅はある
残念だけど
消滅はある
必ずある
全てはなくなる
欲しいものはなくなる
いらないものは消えない
思い通りにしかならない

消滅はない
残念だけど
消滅はあるから
消滅はない

概念はすべて存在するし
概念はすべていつかは消える
あなたは消える
あなたはいつまでも生きられない
魂はある
魂は永遠だからいつまでもはない
全ては失くなる
全ては失う

想像する全ての苦しみを貴女は味わう
創造する全ての悲しみを貴女は味わう

貴女の一番大切なものは
必ず消滅する
大切な貴女自身もこれまでの努力も
全ては消滅する

それは悲しい
居た堪れない
けれどどうでもいいし
考えない理由などない
考えない人などいないし
考えない人にも幸福はない

花は咲かない
だけど咲く
咲いてないところには咲いてない
黒板には何も書いてない

さぁなんて書く

アーメンアーメンうるさい豚共
神を知らない人などいるのか

とりあえず私はそう書いた
[PR]
by ren_with_parfait | 2017-05-18 20:00 | | Comments(0)

造花

儚い脆い報われない
極彩色の絵の具の中に
優しく白を混ぜてみる
これくらいの距離感を
描いてみるにはちょうどいい

儚い脆い報われない
黒彩マジック心に穴が
痺れる今を馳せてみる
想えるくらいに想ってくれたら
爛々していてぴったりなんだ

儚い言葉で唄っているけど
灰色の声サラサラ落ちる
報われないのがちょうどいい
孤独は僕らの記憶を正すよ

あゝぐるり
あの子の目玉が脳裏によぎった
あゝぐらり
あの子の心拍ここまで届いて
あゝぐわり
あの子の幸せ覗けた気がした
あゝばったりと
あの子の哀しさ癒せぬ言の葉
その葉その花ひとつひとつに
雫がポタリ凍って壊れる

やがて身体は痙攣していき
心は震えて塵に還るよ
あの子が住んでる絵本のページで
傘をささずに消えていくんだ

あゝ遠すぎる
たった少しを離れただけで

あゝ遅すぎる
たった少しの自惚れなければ

通りすぎてしまった
今もどこかで鼓動している
耳を澄ませて聴いていたい
その心臓には意味のないこと
知らずにいいこと知らないままで

けれどあゝぐるり
遠く離れた観覧車
たどり着けない座席で書いてた
けれどあゝぐらり
輝く街を見下ろしてたけど
残り香すらをも消えていくから
あゝふわり
叫んだところで居やしないから
あゝもしもまたばったりと
何度も出逢えた続きがあるなら

僕らの中身は別々だから
そっと入れ替え遊んであげちゃう

眠れぬ夜にすがる詩は
儚い脆い報われないから
造形の華にはサラダがお似合い

あの子の美しさならきっと
ちゃんと誰かが知っているから
僕がただ僕が美しくありたい
初夏に手向ける造形の華
愛され合いたいあなたを見ている

目まぐるしいほど造り変えられ
[PR]
by ren_with_parfait | 2017-05-16 02:01 | | Comments(0)

踏ん張れ

君がどんなに酷い人でも
最低だよと罵られようとも
人混みが辛くて逃げだしたくて
いつも街の隅を探して歩く
そんな君であったとしても

僕は君を知っている
臆病な君、姑息な君、非情な君
でもそれは素晴らしいことでもある
君が人間だということなんだよ

もしかしたら君は
産まれながらに激痛を持って産まれ
実は痛みに喘いでいるのに
それが当たり前になってるだけかも

でもどうだろう
君にそんな疾患があっても
君は同じように前を向くだろう?

君の苦しみ辛さ自己嫌悪
それは全て君にしかないものだけど
君だけのものじゃない
君を見つめている世界が
きっとそれに気づいているんだ

さすれば命の華を咲かせよ
蝶が舞うなら優雅だろう
心も休まることだろう

君は君であるだけで尊い
もう一番言う
君は君であるだけで尊い

忘れないで
いつかは死にゆく人生だから
君らしささえ守れれば
それは宇宙よりも神秘
誰より価値ある君であるのだから
[PR]
by ren_with_parfait | 2017-05-11 21:10 | | Comments(0)

咲くのは太陽

擦り切れた夢抱きしめて
走り出す為追いかけて
どこまでも君を連れてゆく
幻すらをも言い表せそう
貴女の言葉になれたらいいな
貴女を惑わす夢幻の武器に
貴女の心になれたらいいな
貴女が棄てた美しい色と
貴女が拾った新しい色と
それを描くためのパレットに
貴女の絵の具に見惚れていれたら

擦り切れた夢抱きしめて
もう泣いちゃうのを見ててたい
どこまでも君を連れていく
果てない愛の果ては愛
僕らの時間はいつでもあるのに
僕らを惑わす時間の歪み
僕らの幸せあったらいいな
僕らが棄てた遠くの切符
僕らが拾った新たな切符
それに乗り込むための食料を
創造しながら食べ交わせられたら

絶望の淵
貴女に贈る詩を書いて
僕は心を休ませている
二度と戻らぬ二人の時の
消滅の先すら夢眺ているけど
今振り返っても僕はいない
いつなら僕は貴女の前に
美しい人で逢えるのだろう
貴女は誰かを求めていなさい
終わりは必ず始まりを呼ぶから

貴女と僕は二つの太陽
この星を照らす二つの太陽
決して逢うことなくなったって
目配せしている世界が運ぶよ
僕らが隠してしまった時間を
そっと星座に見つけては
も一度繋げて笑顔に出来たら

だから僕らは走り出す
やがて互いを追いかける
追いかければ追いかけるほど
離れる時に愛がある
見つめ合えば見つめ合うほど
愛せるお方と貴女の時間を
僕は決して壊さないから

せめて夜空が君色のままで
深く沈んでいくのを眺める
この世の全ての温度のイロハが
君へ沈んでいくのを眺める

また昇る時に二人の星は
夜空以上の星座になるよ
増えてく気持ちは無くならないまま
君へ毎日沈んでいくのを
眺めて僕も沈んでいくから

落ち葉が舞い散り拾う頃には
君は新しく産まれていくんだ
何より幸せな時を覚えて
きっと僕を忘れてしまうよ
僕はそれでも貴女を照らす
いついつまでも大好きな貴女を

僕は貴女を想えば想うそれほどに
幸せだから貴女に咲いてる
太陽はいつも貴女の中と外にいて
月夜に泣くときも裏側で咲う

降りそそげ、降りそそげ、僕と貴女を隔てるように
雷雨も悲しく激しく咲いてく
嵐と僕らは誘い合えるよ

咲いてく花々微笑みながらも
再び咲うよ太陽のように
君を愛しい空撃あるなら
大地を唸らせ黒羽を墜として
償えるのならば咲くのはいつでも
白羽の上へと飛んで行かせる

[PR]
by ren_with_parfait | 2017-05-09 16:50 | | Comments(0)

俺ってホントに嫌な奴だな
良い奴だって思ってたいけど
俺ってホントに嫌な奴だな
良い奴だって好かれてたいけど

あの手この手で品を変え
言葉でさえずり祈りを捧げ
誓いを立てては踏みにじり
心の意味なら地獄絵図
産まれてこの方ろくでなし

俺ってホントに良い奴だって
あなたが言うなら嬉しいけどさ
俺ってホントに良い奴だって
嘘で言うならやめておくれよ
知らずに言うのはやめておくれよ

あの手この手で時を曲げ
幻見せては感動させる
愛嬌振りまき優しいそぶりで
見えないところで汚いセリフ
瞳に宿るは悪魔の眼ざし

君って本当に無知の知だよね
言葉を返せば悪の知だよね
自分が悪いヤツだって
自分が嫌なヤツだって
知ってて頑張るあなたが好きだよ

偽善、裏切り、冷淡、絶望
自分が嫌いに何度もなっても
どんなに醜い自分に遭っても
誰かに好かれるそれだけのため
あくせくしているあなたが好きだよ

俺ってホントに嫌な奴
あなたのことを嫌いになれない
あなたが嫌な奴だからって
俺はあなたを嫌いになれない
そんな自分を知っているのは
ホントはあなたが白無垢だからで
今にも翼を広げるからだよ

あなたがどんなに嫌な奴でも
こんな俺を選んでくれてる
あなたはとってもいい奴だよね
死んでも嫌いになれない人だよ
地獄か天国はたまた異国か
どこで逢ってもあなたが好きだよ
あなたが俺を嫌いでも
罵り呪って石を投げても

祈りの前ではどんな怨みも
敵わないこと知っていてよね
俺は嫌なやつだけど
君ってホントに良い奴だよな
君が生きてるってそれだけで
嫌なくらいに良い奴だよな

また今までを思い出してよ
こんな世界でよかったならさ
自分が嫌いになりそうなとき
俺が君を大好きなこと
そっと心に浮かべては
飛んで天使に会いに行こうぜ
[PR]
by ren_with_parfait | 2017-05-04 22:26 | | Comments(0)