深い意味はないぶつくさ

愚かな心に満ちる月
おどけた顔で厳しい剣幕
私に迫るは怠惰の享楽
見失う大切なこと 何ひとつ常はなし
ひとつひとつが全て ひとつひとつが無くなってしまう

在ること無いこと幸せ終わる
新たな余韻が映し出す音色の迷路
新たな幸せがかもし出す 歓喜の不幸

種が撒かれる
明日はあるのか 終わるのか
どうしてなのか このまま踊り狂って
全てないところに行きつくのか

私の不満は誰への不満
なぜ足ることを知らないと言われると
私など最初から居ないから

そう、最初から 私って存在はいないから
いないから
今私が生きていて思考してこの世界にいて
それが連続性を保っていることだけが この定義なんです
連続性の裏に何か隠れているかもしれないので
つまり全く知らない世界で生きていて全く知らない世界の規準を
この世界に持ち込んでいる可能性があるということですね

この世界でのよろこびはこの世界に生きる価値観でしか存在し得ないので
努力しないことに言い訳をつけるのはやめにしたいです

[PR]
by ren_with_parfait | 2015-04-21 01:43 | ぶつくさ | Comments(0)