探し言葉が報われない
閉ざされた所
暗くて ジメジメしてて
子供ひとりが入れるだけの
ふすま扉の隠し金庫って呼ばれてるモノ

頼れるのは記憶
間違いがないのは己の意志
されどこの信念を貫いているのは
結ばれ言葉はどんなカタチ?
そんな白昼夢に魘される曇り空です

明日から君は僕を憎みはじめて
激しい罵りを世界に向ける
私がいてしまうことを心に置き
そこにある扉を壊してしまう

開け放たれた小部屋には
汚い壺が沢山あって
呪った数だけ粘液ドロドロ溜まってる

それを私は飲まないといけなくて
何が欲していたのかを
只々死の淵、その渦巻きで見失なう

小部屋は毎日最後の審判
毎日ニセのキリストと
毎日ホントのサタンが来ては
「私は神より強い」などと

ぬかしおる
「誰か助けて」その言葉の意味が
向けられていたのは、未来だったのか
輪廻に縋れない私のおとぎは
捕まえられない、走り去るいたちごっこ

壊れてしまいそうで
しかし、壊れていかないと
夏まで夢が届かない

知恵をつけはじめた私に
詩を書く権利はあるのだろうか
爪を立てる猫が
犬に服従することもなければ
心に空色が出来てしまった兎が
狼に懐くことなどないのだ

私は弱っている
言葉足らずで呻いているよ

---------------------

今の気持ちはこれです

[PR]
by ren_with_parfait | 2015-04-21 10:34 | | Comments(0)