あああ……!!


初恋の、ひとを、おもいだす。


私の、運命の、人は、誰だったんだ。

つい、そんなことを、考えてしまう。

彼女はあまりに甘すぎる花だった。

もう、漢字とか、いらない世界。

ひらがなも、いらない、ことばも、いらない。

そんな、初恋を、おもいだす。

彼女に、会う日は来ない。

もう、二度と連絡をすることはないと、数年前に告げた。

この「S」の「遊雪」は

その初恋の子がしきりに、私に聴いてほしいといっていた曲だ。

彼女は、私の中に、残りたかったのだろう……。

大丈夫、残っているよ。

ただ、私はけっこう一途だから、よっぽどのことがないと

君を想い出さない。

全く別の、愛を知ってしまったから。

別の愛は5年続き、5年前に閉じた。

それを、ずっと綴ってる。

私が抱きしめている「愛」とか「恋」っていうものは

ちょっと変なので、折角だから、それを大事にしたい。

なんだろう、でも今日ぐらいはこの懐かしさに浸ろう。

全てが癒しの中にあった、高校のころの恋。

全てが甘く、優しく、柔らかであった、あのころの恋。

運命のひとは、ひとりしか、いないはず。

絶対、そう思うんだけど……

神様は教えてはくれないのです。

c0343734_03224194.jpg

15歳……。

ああ、懐かしい。

ところで、シャズナ、


知ってますか?

私の兄が、晩年した予言てのがありまして、
「イザム御殿の横に○○(私の名前)御殿が立つ」
というものです。

私は……女の子に産まれたかったんです。

c0343734_02374172.jpg

IZAMさんのとなりに、どんなおうちを建てればいいのだろう。
とても光栄な予言なんだけど、よくそんな予言をして、逝きおったなーと思いマス!

と、いうわけで、2曲目は……shaznaで『Melty Love』





この曲知ったの1年前くらいなんですが、デビュー曲なんですよねー
(いえ、どうでもよかったら色んな意味でゴメンなさい)

今日はもう寝よう。
「遊雪」にたどり着けただけで、満足だ……。

けど、過ぎてしまったら、また忘れます。

私が、愛している人は、コトバの世界にしか、今はまだ居ないですから。

まぐまぐ。

[PR]
by ren_with_parfait | 2015-11-14 02:20 | ぶつくさ | Comments(0)