主治医との診察、今日はこんな様子でした。

こんばんは!
夜中です。
珍しくスマホから日記書きます。

exciteブログの一部デザインスキンが廃止。
大丈夫かな〜、2年経っても、
ブロ友さんは少ないのですが、
少ないからこそ今のブロ友さん大切だから、
僕のささやかな幸せがなくなってしまわないか……。

心配です。

さて、今日は診察でした。
相変わらず40分くらい話しを聴いてもらいました。
カウセリングも、半年後ではなく、
3ヶ月後には再開できるようなので、
少しホッとしました。

ここ最近、これまでのことを振り返ることが多く、
「なぜ、俺は精神科にかかるようになっただろう?」
という疑問や、
「どこからが精神病で、何がよくなって、何がよくなっていないんだろう?」
というようなことが、診察で話題に出ます。

いい時の自分だけを見れば、
なんでも出来そうだと思えるし、
そんな気持ちになっていることもある。

悪いときの自分をみれば、
かなり重症でとても神経質、
塞ぎこんだり、感じる必要のない恐怖に怯え、
大丈夫だと思って押し切ろうとするとうつにもなる。

昔ほどじゃないけれど、
何にも突発的な出来事もなく、
仕事のストレスはなく(コンプレックスはある)、
友達にひどいことを言われるわけでもないのに、
この世の終わりというまでに絶望して、
疲れきってしまうのがむしろ当たり前の毎日。

「適応」って「生きること」って話しを、
この間しましたが、
僕っていう個人も生きているので適応してます。

でもそれがすっごいバランスが悪くて、
バランスが悪くて容態を崩すから、
(あと、もともと気持ちが弱いのに見栄っぱりだから)
色んなことに積極的に向かわなくなって、
社会とは離れた小島で、理解者は自分、って毎日で。

ただ、先生は
「恋さんは能力も十分にあるし、エネルギーも残っている。何を選ぶかは恋さんしか決められないけど、この先恋さんの願っているような生き方が出来なくなる、という予想はしていない。どうなるかは分からないとしか言えないけれど、一緒にやっていきましょう」

と、言ってくれた。
お医者さんからの冷静な判断としても、
まだ、どうなるか予測がつかない幅と、
エネルギーが僕にはある。

だが、先生はこうも言う
「恋さんは色んなことを考えて、一生懸命やるんですが、どこまで何かをやったら、何かを進めて、順序よくものごとを進めていくのが、とても苦手に思える」

そして
「恋さんが診察に来るときに、別人のような話し方をするので『あれ、恋さんってこんな人だったっけ』と思うことがある」

昔からよく言われるのが
「実に様々な辛い気持ちや訴えを持って、苦しみの中を目的もなく苦しい方へ向かって突き進ような恋さんの大変さは真実なのだけれど、これを病名をつけられるか、というと、やはり、つけようがないとしか言えない。統合失調症の典型的な症状は確かにありますが、恋さんの場合それだけではない」

「沢山考えていることが妥協によって整理がついていくのはいいことなのだけど、恋さんが持ってる強いエネルギーは失ってほしくない」

というような話しをされていた。

「様々なことに手をのばそうとして、ひとつひとつに報われるとも分からない莫大なエネルギーを使って、ひと苦労しているのが、恋さんらしいところでもありますからね」

また先生は
「何がなんでも仕事をする。と頑張る人もいれば、そこまでは到底辿り着けずに日々の生活をやっとの思いで暮らしている人も沢山います。私の他の患者さんでも、毎回瀕死のように疲れて来るのに、何がなんでも仕事をすると頑張り、やり抜いてる方の忍耐力には本当に驚かされます」

そして……大事な質問。
僕が、何をもって先生はこの治療のゴールだと考えるのでしょうか、前の先生には、それは医者が決めることではない、患者さんはよくなるときは勝手によくなると言われた、とたずねたところ

「医療としてのゴールと、本人の幸せとしてのゴールがイコールなのが理想です。でも、本人の人生全てを請け負って幸せにしてあげる、神格化されたような精神科医は実際にはいない。患者さんの幸せを考えることは当たり前だと思いますが、なかなかそこはイコールにならないんです」

いつもマスクの下では大きな口の笑顔を絶やさぬ先生。

ついこの間の診察でも
「精神科医って、どういう仕事なんですかね」
と何かに気がついてさらりと聞いたところ
「患者さんに育ててもらう仕事ですね。本来、患者さんを治療するべき医者が、患者さんみんなに育ててもらう仕事なんていうと身もふたもないですが。ハハハ(笑)」

と、私はこの先生でほんとうに良かったなぁ、
と思うことが「一生懸命」「マジメ」「優しい」「名医だと自分のことを思っていない」「分かんないことは『分からない』と口癖のようにいう」「笑ってごまかしているようだけど、患者さんが辛い思いをするのが何より嫌だという人柄」……そういうところです。

でもなんだろうなぁ、
僕はそこを直視するのを避けてましたけど、
改めて自分って普通じゃない、
国の制度で認められた障害者で、
それって偏見が全部まとはずれかというと、
自分だけに限っていうなら、
やだなぁ、と思われて仕方ないことがある。

長いことなんとか生きてこれたのは、
若さもあったけど、
自分では認めたくないけど、
ギリギリのところで医療や家族に守らて、
沢山迷惑をかけて、
それがなかったら無理だったんだろうな。

って、
そう思うと、
「俺には普通の人の幸せがない」とか
「あれも足りない、これも足りない、生きていくために必要なものを自分はほとんど持っていない」と嘆くのは理性的じゃないんだろうな、って、
ここから、上り坂で少しずつ普通に近づいたり、
『やり直しは出来る』の信念で頑張ったりして、
幸せは手にはいると思うのだけど、
これまで自分の力で生きてきたと思ったら、大きな間違いなんだなぁって。

今日の先生の名言
「恋さん、100%はムリでしょ。そんな人いないよ(笑)」
にあるように、
ないものねだりより着実な一歩、
これを読んだ俺より先にいると思いたいあなた!
恋の潜在能力を侮るな〜頑張るぞ〜!

明日は出かけられますように♪

みんみん。
[PR]
Commented by haneymoon at 2016-11-13 01:00
🌟恋くーーーん(✿╹ ╹)ノ🌟

今日はおでかけしてきたのかなぁ??

パフェつんとのお散歩日和の
お天気だったねっ😊✨✨

精神科の先生🎀✨✨

スゴーーーーく
素敵な人だねっ😊💓

良い先生と出会えて
ホントによかったねーーっ😊🌟

素敵な人と出会えることって
とっても幸せなことだよねっ💓

そぉそぉ
100%はムリムリ🌟(ヾノ・∀・`)ムリムリ✨

そんな人はいないよねっ💓


明日もいい日になりますよぉーに💓

おやすみーーっ恋くん🌟(*゚ー゚*)ノ))💕

Commented by ren_with_parfait at 2016-11-15 01:48
ハニーさん🐝🌟

こんばんはー🍁
やー……出かけらんなかったとばいです(>△<Uu
地元で福音集会があったので、行きたかったんですが、
今はまだ聖書をゆっくり読んでた方がいいかなぁ、
って思って、ずーーっと、寝てました(*˘ᗜ˘*).。.:*笑

こんな崩壊日記にコメント頂けて嬉しいです!
精神科の先生はほんといい人で、
相性はバッチリですね。
いい先生に出逢えて本当良かった∩(*´`∩)☆
100%はムリって分かってるはずなのに、
生きてきたなかでどう思い違いをしちゃったか、
100%を求めちゃうんですよねー(T▽T)アハハ!

(><)

ハニーさんも、いい夢を見れますように🌙
おやすみなさーいっΣ(*゚д゚*)ハッ!!
by ren_with_parfait | 2016-11-12 01:17 | 日記 | Comments(2)