幸せは愛と罪の道

言葉は悪で満ちているから
あなたの道があるんだよ
言葉は愛で満ちているから
あなたの夢があるんだよ

歩いた道に傷跡ひとつ
半分はあなたの心の傷で
半分はあの子の心の傷で
すべてはすべてはからだの傷で

拳はどうして握られる
殴るためだね大丈夫
拳はどうして開かれる
掴むためでも大丈夫

繋いだ指に血がひとつ
半分はあなたのための血で
半分ひあの子のための血で
すべてはすべてはこの仔の血です

Domesticな愛情散らばり
あなたの人生散らかりつくして
Fantasticな感情並べて
あの子の心を揺らして満たして

あっ窒息しちゃう
そのまま殺して
それは愛、それは恋
あっもう壊れてる
そのまま放して
それは罪、それは罰

人が人を抱きしめたとき
それは永遠を意味してる

ほら映画にも出てきたでしょう
ほら、なぞらえてるよ、なぞらえてるよ

その隙間からその一部から

僕は今までを記憶していて
あなたはこれからを記憶してます

だけどそれでもどうしても
あなたの一番とぼくの一番大事なことを

僕らはずっと辿れるはずだね
そこに、ここに、確かにね
僕とらはずっと見違えていくよ
それだけの亡骸、窒息しちゃう
それは愛、それは恋
殺してしまえばいいものを
生かしてしまったそれだけが
それは罪、それは罰

終わりの言葉を言いかけたとき
やっぱり僕はあなたに出逢うよ
僕の足音はあなたを捉えて
この指先で名をなぞらえたら
歪んだ愛も純粋なんだね

空で君を見つめて
星で君を見つけて
呪文の言葉を確かめてみたら
あなたの心臓ここにある
心臓だけは守ってる
それは愛、それは恋
それは罪、それは罰

言葉は悪で満ちているから
その全てがあなたを満たせる
言葉は愛で満ちているから
その全てがあなたを信じさせている

どこかに旅した心と心が
今頃愛し合っていてもね
気持ちが悪いから考えないだけ

時点が動くことがある
愛し愛されている現在が崩れたときを
ずっと知らないままで語れる

常識的な愛なんて
罪にまみれた事にも気づかぬ
平和の代償などをも覚えぬ
目的持たない幸せですよね

その無意味さ下らなさがさ
手に入れたものこそ栄冠なんだよ

注釈僕らに要らないものだろ

ほら語られたばかりだよ
語り尽くして愛しては
見飽きた罪と激しい罰を
求め続けているのが僕で
それを飽いて抱くのがあなたさ

どこまでだって
連れていくから覚悟してよね

僕は今すぐこれらを語り
こうしてこの先も語ってゆきます
あなたの予感はこれらに届き
そうしてこの先も共に在るのだから

幸せは愛と罪の道
隠しているのは恋と罰
同じものなどひとつもないのに
それで済ませるそれこそが
栄冠なんだよ注釈するよ

それは僕らに要らないものだろ
[PR]
by ren_with_parfait | 2017-03-31 22:14 | | Comments(0)