進化論

はじめまして、久しぶり
時間はゆっくり進んでいきます
あなたとわたしの時間です
戻ることない時間です
それでも過去を振り返り
ずっと気持ちを綴ってきまさした

はじめまして、久しぶり
知らない二人が進んでいきます
あなたとわたしは他人です
出逢うことない他人です
それでも過去に答えがあると
ずっと誓いを綴ってきました

けれどはじめましては消えました
久しぶりとは話せません
こんな時、言える言葉が見当たらず
うろたえたセリフ吐き出してゆく

ありふれた恋に罪はない
だからふたりに罪はないよね
あなたがわたしを強くして
わたしはあなたを慰められた
それが全て終わってゆくとき
壊れていくのは仕方がないよね

過去になり
血になり
肉になり
思想になり
ふたりは会わずに
言葉を交わすように
霧の中で眼くばせをした

もう、この恋には縋れない
恋に学んだことこそ次よあれ
もう、この恋には愛がない
既に知れてる言葉を移して
すらすらと想いを述べるだけ

けれどあなたが愛した想いも
今まで私が愛した想いも
ちょうど偶然見つけた神秘ように
店角で、街道で、駅のホームで
知ってる何かをちょうど見つけた理由のように

はじめまして、久しぶり
ふたりは薄れていくなか出逢える
人の自然な感情は
大切なものすら忘れていくから

はじめまして、久しぶり
ふたりが見つけた真実すらも
今の自然な喜びは
大切なものすら忘れていくから

だから、今日も、明後日も
出来れば消えてしまわぬうちに
繋ぎ合わせた言葉はこれだけ

はじめまして、久しぶり
[PR]
by ren_with_parfait | 2017-04-03 10:16 | | Comments(0)