無論、赤子だ

無論、赤子だ
微かにまたたいてるだけだ
それは始まりを意味していて
終わりまでの旅を意味している

無論、赤子は
秘かにひらめいてるだけだ
それは絶望を示唆しているけど
限りない可能性を内包している

人が人を殺すのは
無論、赤子であるからだ
人が人を諭すのは
無論、赤子であるからだ

私が壊れていくのは
あなたを壊してしまうのは
赤子の自分が殺し合いをして
けれど死なない精神世界で
上手くいかない腹いせのようなもの

あなたが原型を保っているのは
無論、赤子であるからだ
有史の中にあなたがいるのは
無論、赤子であるからだ

この問いに弾けとんだ量子コンピュータは笑う
赤子でも解ける問いだ
お前は終わっている、死ぬ時までずっとだ

その答えに私はきくだろう
やってみるか、お利口さんよ
お利口さんには種類があるんだ
無論、赤子であるものと
思想の中では大人であるもの

無論、赤子だ
心の上では全ては赤子だ
時の総理の凛々しさに
垣間見るのは赤子の道理だ
あなたを育てた親にみるのは
ひとりよがりな赤子の道理だ

見ろ、ここでしか生きられない赤子の
ダダを泣きじゃくりを
言葉を知れば言葉で殴れる
されどそれを使うのは無論赤子だ
だから殺してしまうのだ

あなたは考えたほうがいい
何人の赤子を殺してきたかそのことを
野心を抱いていられるのなら
敬意を持てる赤子以外に
オモチャを与えてならないことを

Bang! Bang! Bang!
そんなものはその口先に宿った
人を罵る嘲笑だけで
まるで赤子だとあなたを世界に認識させる

貴様とはなんだ
無論、赤子だ
殺し合いとはなんだ
無論、赤子がするものだ
キリストすらも赤子であるのだ

ならば怒りに変わった綴りを
斜めに見つめる赤子のあなたは
このことを正しく計れるだろうか

忘れてはならない Oh Jesus
計られているのはあなたのほうだと

私は怒りと誇りを込めて言おう
あまり見くびらないでくれ
あなたが蔑む全ての人は
全てが可能な、無論、赤子であるのだから

[PR]
by ren_with_parfait | 2017-04-10 22:42 | | Comments(0)