日付

「曇りの日付」.

呼吸に生気
宿らない
言葉に生気
宿らない
そんな日付が
在りました

曇り空です
言葉なら
雨も降らない
言葉です
言葉の空は
不機嫌で

例えばの話
抱きしめて
刹那に落ちて
いい心地
愛に満たされ
夢心地
それはいつまで
続くのでしょう

必ず心は
曇るのです
そうして言葉も
曇るのです
そんな日付が
在りました
そんな気持ちを
書きました

願うことなら
一点の
曇りすらない
晴れ空で
愛に生きたい
それだけを
会いに行きたい
願うのです

願い願われ
想い返して
最後に着く日が
訪れるまで
僕とあなたの
曇り空
そんな日付が
在りました

☆-★-☆-★-☆-★

「晴れの日付」

呼吸は少し
静まって
言葉は少し
毒づいて
そんな日付が
在りました

晴れた太陽
一点の
雨雲もない
青空です
懐かしすぎる
日付です

例えばの話
抱きしめて
刹那に終わり
裏切られ
そんな日付が
在りました
そんな気持ちを
書きました

願うことなら
一点の
雲こそ在らぬ
この空を
曇り空から
雨空へ
心を変えて
くれたなら

想い想われ
裏切られては
堕ちてきた陽が
消えていき
心はやがて
雨模様
そんな日付が
在りました

[PR]
by ren_with_parfait | 2017-12-15 00:20 | 二部構成の詩 | Comments(0)