おやすみ、前へ進もう

あなたが生ける花ならば
私はそれを掴んでる
喩え凶器であろうとも
あなたは言葉そのものだ

あなたが賞をとるならば
私はそれを望んでる
あなたの後ろを行く私
それでも気持ちは負けていない

あゝ諭しとは悪夢を超える
やがてあなたは華々しく散り
散り際には哀悼の詩を飾る

私はあなたのなかに生き
あなたは私のなかに生く

そう教えてくれてありがとう
これが僕らの姿だね

☆-★-☆-★-☆-★

あなたが散りゆく定めなら
私はそれを笑ってる
そんなことなどあるはずないと
あなたが死ぬなどあるはずないと

あなたが賞を逃すなら
掠めとるのが私であれど
私はあなたに師事してる
最果までも追いかける

あゝ諭しとは楽園に背く
哀れな詩人の末路こそ
美しさへの答えであるから

私はあなたの中で膿み
あなたは私の中で膿む

傷がすっかり癒えた頃には
どちらと言わず笑っていよう

[PR]
by ren_with_parfait | 2018-01-15 01:03 | 二部構成の詩 | Comments(0)