真冬のブランコ

久しく木漏れ日夏の空
こがねいろした恋のいろ

久しく噴き出る湧き水は
しずくでできた涙びと

等しく僕らを繋ぐのは
愛しくされたい一つであるから

叶うなら叶わざるを願い
指さすは目隠しをした祈りにて

久しく木漏れ日夏の色
水を欲しがるこゝろに芽吹いた
茜色した恋の色
芽吹いて枯れ葉は花となり
やがてあなたの心に溶けゆく

春には散りゆく夏の色
恋し切ない夏の色
水分いっぱい含んだ肺が

遊ぼう
遊ぼう
まだまだ遊ぼう
僕はブランコ揺れる冬
そうしてあなたに告げている

[PR]
by ren_with_parfait | 2018-01-20 23:09 | | Comments(0)