境界線

「境界線」

小雨すら
降らない陽気に
爛漫と
笑顔浮かぶる
あなたなら

小石すら
落ちぬと気づき
空を指し
怒りを向ける
わたしなら

二人は共に
境界線
ひとりは浮かれ
ひとりは驕り
心失くして
傷ついて
やがて二人は
境界線
超えれぬ壁が
立ち尽くす

「境なき」

大雨が
止まぬ日花を
悲しんで
晴れを望んで
憐れんだ

太陽が
遠ざかる人
抱きしめて
月の明かりで
キスをした

二人にはもう
境界線
ひとりはひとり
もうひとり
心近づけ
結ばせて
跳ねては跳んだ
境界線
失うものなど
ないはずさ

[PR]
by ren_with_parfait | 2018-02-20 19:27 | 二部構成の詩 | Comments(0)