明日《あす》には溶けるよ
夜空《はじめ》の勢い

昨日《きのう》に駆けるよ
朝日《さいご》の眩しさ

未来《せい》と過去《し》が
合わさり交わる時がある
恋《はじめ》と愛《おわり》
茜空には蜃気楼《うそまぼろし》

時遅し
鐘が鳴るなら子供に還る
黄泉にゆくとき初めに還る
僕《うつわ》はそれを見てきたよ
貴女《いのち》はそこに居なかった

ただただ茜に日は暮れて
儀式《しんぱん》受けて列車来る
音楽《かえろう》放送《かえろう》呼声《スピーカ》告げる
泣いて飛び乗る群衆《しんだひと》
「どうか僕《あのこ》も連れてって」
そう言う貴婦人《くりすちゃん》の声を聴き
私は茜の不可思議《しのふち》で
「僕《あのこ》には乗り込む資格《わけ》ない」
そう言い列車を見送った

茜の空《こたえ》はなぜ終わる
夜《いきる》と昼《いきる》の中間で

全てを紅《うそ》、紅《うそ》、紅《うそ》、紅《うそ》
嘘《あか》くして
空の化粧は教唆《かたり》し告げる
やがて壊れてしまうこと
鏡《あかね》合わせの幸福《しんじつ》すらも

[PR]
by ren_with_parfait | 2018-03-14 12:37 | | Comments(0)