嘘と本当

「嘘」

夜はサァカス
別の顔
今夜も君の
面影スケッチ
陽だまり映して
夜空のスケッチ
例えば夜空の真ん中に
ぼんわり太陽浮かんでる
そんな事など本当にないと
夜はサァカス
言うなよ咲かす
別によいのだ殺せばよいのだ
そんな想いは殺してよいのだ
ついでに僕らは死んで酔うのだ
出来れば赤いワインが酔いのだ
神に誓って結婚するのだ
それが君にはとってもよいのだ
だから消えろよ目障りだ

「本当」

夜はサァカス
泣き虫な
今夜も君に
口癖重ねて
陽だまり曲がって
朝日をスナップ
例えば朝日の真ん中に
ふんわり月夜が隠れてる
善と悪とは一つだと
夜はサァカス
言わせろ咲かす
とてもよくない逢いに行きたい
こんな想いを消せるはずない
ついでにあなたが想ってくれたら
出来ればご飯を作ってくれたら
神に誓って離婚をしてもさ
そんな君こそとってもよいのだ
だから失せろよ泣く前に

[PR]
by ren_with_parfait | 2018-03-16 22:35 | 二部構成の詩 | Comments(0)