戦争

例えば君が表象だとして
何らかのイメージによる概念だとして
君と、その君は違うもので
もはや僕の中にしか存在しないとする
ならば君が僕を考えている時の僕は
君の中にしか存在しない表象だろうか
断じて違う、心の中の歴史の事実だ

ようは僕らは戦争している
君を討ち取る僕の言葉と
それを無視する君の仕草は
愛とは言えずに相容れぬ
恋とは言えずに故意に詠む

あなたのはじまり僕は知ってる
それは君と交わり知ってる
その全存在を愛したからこそ知ってる
つまりはそれは過去であるけど
逆を歩んで南へ南へ進むのならば
君の美しさを伝えることに
なんの矛盾と躊躇が要よう

恋に恋せずあなたに恋する
それが永遠でも構わぬと
君が告げれば和平なり
それが永遠にはならないと
君が告げれば言葉はまた一つ、また一つ

涙を落として君に哀願するだろう
助けて、助けて、死にたくないよ

[PR]
by ren_with_parfait | 2018-08-19 23:44 | | Comments(0)