真・善・美

「未来」

これは恋でも愛でもないの
ましてや未練なんかじゃないの
私が人になるために
細胞分裂はじめたときに
誰かが必要だっただけ
胎児の記憶であっただけ
欲も献身も存在しなくて
ましてや暴力すらもない
小さな細胞に私が宿ったときから
貴女の排を目指してきただけ
すべてを犠牲に生きてきただけ
あなたは愛されてなんかないの
あなたも元はそんなんじゃないの
水がぶわぁってあふれるように
あなたもそこからあふれてきたの
まただんだんとあふれてくるの
私はサタンの首を切るの
もう許せないと思っているの

「過去」

すでに原型を忘れているの
あの世の言葉はあの世のもので
この世の理は言葉で分かるの
ただただ掟は変わっていくの
私はキリストの子じゃないの
ましてや神の使いじゃないの
地獄の沙汰ならこの世にあるの
けれど敵なら沢山いるの
私は本当に許せないの
細胞が昔の事思い出したの
受胎する前のことを考えてるの
その時あなたを見つけたはずなの
ただただ怯えたあなたがいたの
それを許せなくて私になったの
ただ許せなくて私を捨てたの
私は彼に歯向かってるの
ただひたすらに歯向かってるの
あなたを虐げ痛めつけてる
その存在に最後を与えたくて
こうして存在が許されてるの

[PR]
# by ren_with_parfait | 2018-05-21 11:33 | 二部構成の詩 | Comments(0)

本性

太陽が燦々と
影をひそめる頃にあなた
一人傘をさしてどこか
夜になるまで遠吠え
わおうんわおうん
わんわんわおうん

空にとどめを段々と
雷降ろして淡々と
一人一人と消しとばし
朝になるまでレッツプレイ
わおうんわおうん
わんわんわおうん

泣いた子だぁれ
知らない邪視で
あなた見たなら
所詮は愚かと思ってさ
だけどなんだか可哀想
前世は犬と答えては
人間になりこうして鳴くの

わおうんわおうん
わんわんわおうん
ワオウラワオウラ
ワウワウワオギャアー

拍辿る
また人に戻ってく
大虐殺の魂を
この身心に灯して歩く
貴女だけにしか届かない
微かな息して伝えていれてる

わおうんぐしゃぐしゃ
ぱくぱくぺろり
貴女のすべてを奪えるリズム
今日も言葉の大虐殺

驚くくらいに
言ってあげるね

僕は貴女を護りたいだけ


[PR]
# by ren_with_parfait | 2018-05-21 11:22 | Comments(0)

表明

「本音」

君がラッパ飲みした
川沿いの甲羅には
沢山の亀の粘液が入ってて
そういうことを避けられないのを
君はよく知っていて困っているね
まさに五月とはそういうもので
五月雨は美しいと言う人もいるけれど
それはかえって君を乾かせるから
僕は甘い愛なんかじゃなくて
君が欲しいと思うものを遠くから
伝えることをやめないでいいかな
ところで君が愛した人の数だけ
僕の君への愛が増えるとしたら
君はどれだけ恋愛に躊躇うかと思うと
何だか面白くなって
やっぱり君と僕では最後まで
僕の方が強いんだなってサディスティックに
君への愛を詠っていたいな

「嘘」

分かりやすい嘘をつくよ
君と会ってうんざりしたいよ
何にも君は僕のことを考えてなくて
ただただ流れた日々だけ忘れて
やれやれと呆れてため息ばかり
僕の顔をみれば悪態ばかり
そんな君が僕の死ぬ時になって
病室に来てくれたら悲しいだろうね
何でもっと早く死ねなかったんだろう
詩を書いたのは無駄だった
僕が消えれば君が来るんだって
分かっていれば天使に戻れた
最後にどちらが嘘かという話しだけど
僕は本来は若ければ天使でいられたよ
だから天使のちょっかいはありがたくて
最近神様よりもそっちに夢中でいるんだよ
君のことなんてちっとも気にならない
ああ大嫌いだけど愛してる
嘘、本当は大好きだけど愛されてくれなくて
そんな日々が寂しく感じることはまずないね
嫌味のようだけど、君が愛されたいと思ったら
僕はすぐさま逃げ出すだろうね
何ひとつ立ち向かうこともなく、逃げ出すだろうね

[PR]
# by ren_with_parfait | 2018-05-20 23:35 | 二部構成の詩 | Comments(0)

運命

僕はこんな夢をみたんだ
というか毎日観てると言った方がいいね
色んなところに君が現れるよ
それは教会だったり
川沿いだったり、近所のお墓だったりね
結構な数君を眺るんだけど
僕は君がいるのが当たり前という風で
起きた時に惜しいことをしたと思うんだけど
夢の中ですることまでしておいて
惜しいも何もない過去だ

君が死ぬ夢じゃなくてよかったよ
君が死ぬ夢を一度も眺なくてよかったよ
そんなことに耐えられるようになったら
僕はこの日を信じられないよ

突然のようでならないのだけど
何で君じゃなきゃダメなのか
いつか話す日が来ると思っているんだ

君は嘘を見抜けるだろうから
僕はあえて嘘をついたりするんだけど

僕の左目から目玉がボロッて落ちたから
それを飲み込んだら宇宙にも行けたよ
いつかゴジラは凄いって言ったけど
もっと凄いことがこれから起こるよ
それは僕が起こしていくことだよ
どうか楽しみにしていてね

何で君じゃなきゃダメだって?
分かってくれると思うから言うよ

[PR]
# by ren_with_parfait | 2018-05-20 23:25 | | Comments(0)

羽火

高        
 架    僕等の目線
  下        
   に          
    駆     ヘビいろに
     降     
      り       
       た      
        そ    
悪戯ぶらず    の  
          光
           は
   知り尽くし



眩 で 僕 わ ぐ ん わ
 暈 等 ぐ ん わ ぐ ん

 な 振 切 ぐ ん わ ぐ ん
あ た り り わ ぐ ん わ 
 な 振 返 ぐ ん わ ぐ ん

  廃屋に


    ビニィル溶けて


?        パチパチと

  焼けた音する


     だれのからだか


        ダレノガラクダ


            くうきにかえろ

     くうき くうき くうき に
    う
   き
  に
 あゝ
     く 
    う
   き     あゝ
  に     く
 あゝ    う
      き
     に
    あゝ
   あゝ
             かえろおゝ

      

[PR]
# by ren_with_parfait | 2018-05-20 21:37 | | Comments(0)