人気ブログランキング |

<   2016年 07月 ( 11 )   > この月の画像一覧

もう、詩なんて書かない

彼女は私の遺伝子変えた
展開されゆくプログラミングだ
彼女は空色私にくれた
薄こけた美しい空色と
立ち込める憂鬱な揺らめきが
お日様の意味教えてくれる

燦々と萌ゆる
日なたは彼女であろうとも
そこが日かげであろうとも

私は植物
アベコベの花
常に彼女を見つめては
違う誰かに咲ってみせる

彼女が受けた屈辱を
気丈なあの子に振りまいて
撒いた矛先彼らに向けて
ひらり舞い交いトドメは射すよ

ああ、ああ、逆光
紫外線のピストル、赤い弾丸
蒼い夏と怨むは桜
国にあれどもぶち巻かす戦艦
大和にお日様あの子にアラレ
雛あられ、彼女は現われ

日が没するなら怨みのように
我が幻想の旗上がる
ここは国家ださながらに
その王冠よプリンセス

全ての破壊はこの手から
砲弾弾けて孤独を引き裂く

痛みに乗せるよニヒリズム
その美しさで神父を殴る
愛情全て賭けるなら
何百倍の祈りすら
何千人の女すら
決して彼女に届かない
何万人の王妃すら
彼女の栄光侮れない

笑えよ王家さプリンセス
旗を揚げるこの私
なぜなら彼女にお日様を
呉れてやるよと言わされた
カラクリナイフの傷口が
治る頃にはアベコベの花

蒼き宜しき魂は
彼女の中にも留まれない
この国にいま結ばれたのは
遡らずとも知り尽くす
我が身に痛まれ泣いてた地獄

負けることなきその魂を
三千年へと結ぶため
私はこの詩を書いている
この身で私を生きている
彼女が祝福望まぬのなら

もう、詩なんて書かない

忌々しい春が過ぎてゆき
彼女が蒼く吹き抜けて
万物に届きわたること
叶えてみたいよ遺伝子が
書きかわってしまうその前に

祝福の意味を覚えてね
彼女の冠よく見れば
それは茨さプリンセス
薔薇の香りはよもやなく
言えばいいのにhallelujahと

私の存在なかれども
永久に愛され満ちゆく時に
彼女は幸いなることだろう

もう、詩なんて書かない
もう、死なせることはない

2016.7.31

by ren_with_parfait | 2016-07-31 23:50 | | Comments(0)

"1級症状"

昔は"分裂"
今は"統失"
そのひとつの基準となるもの

"1級症状"

探してみました

『考想化声』はあまりない
自分の考え声になり
鳴り止まないことあまりない
なくなったとでもいうべきか
自分の声とするべきか
そうではなくて何かの声か

『考想伝播』が恐ろしく
自分で考えてる中身
周囲に筒抜けそんな事
まるで私という人の
やましい気持ちのそのすべて
人に聞かれているようです
だから人のいないとこ
探して歩いているけれど
その逆【思考吹入】で
誰かに吹き入れられてる声は
いったい何がホントの意識
答えは出せずに怯えてる

『身体被影響体験』
何者かに身体をいたずらされる
そんな体験を指すらしい
私の場合は神様に
いけない祈りを捧げたら
身体が握りつぶされた
毎日身体をいじられる
そんな日々なら耐えられない

『思考奪取』は突然に
自分の思考が何者か
とにかく恐ろしかったり
修行を積めれば愉快な者に
思考を抜かれることみたい
私はあまりなかったな
カイリと少し近いのかしら
修行の果てはどこだろう
どこに行こうとしてるのだろう

『作為体験』は身体や
思考が何かに操られている
そんな体験を言うみたい
自分の主体そのものが
脅かされる恐いことでも
なぜだか愉快と裏表
愉快の千倍辛いのに
小さな真実手離せないのは
私の意志によるものか
操る力はとても強い
自分が誰だか
よもや分からず意識は喪失

『妄想知覚』
は言葉が悪い
生きてる世界が違うだけ
だけれどそれの違いとは
自分を苦しめ苛む違いで
違いを無くすと何度誓えど
何度も戻る個性の知覚
誰にも分からぬ生きてる世界と
みんなが生きてる普通の世界
同じ地球で暮らしているなら
それを近づく方法ひとつ
誰もが理解をせぬ体験
捨て去ることなど出来ないよ
曲解・誤認というけれど
あなたはこちらに来れるんですか
来れないものをどうやって
連れて帰ると言えるのだろう
どちらにとっても悲しい答え
無くなることが良いことなのか

『幻聴』は
多数の声が会話をしても
自分の行為に口だしするのも
どちらも『幻聴』

知ってほしい

存在しないと思うのは
西洋医学の驕りです
私の知ってる街医者や
当事者の出した答えでも
まだ幾分か本当の
解明したのに近いと思う

最初はひどく苦しめる
ひどい言葉を繰り返す
幻聴消そうと誰かは言うけど
だんだん優しくなってくる
自分にヒントを与えたり
危険を知らせることもある
けれどもそれらの体験を
説明するなら"了解不能"
当事者である私すら
"了解不能"な人に会う
これが"可能"になったとき
元の居場所に帰って来れるか
帰って来れない時間を経ては
僕らは病気と和解する
それを自分と受け入れて
新たな器と新たな中身で
自分の路を考える

これが私の罹ってる
"統合失調症"を理解する
ごく一部の紹介です
当事者である私すら
最近知った"1級症状"

2016.7月の
今では古いものかもしれない
けれどこれらは私には
殆どあって一部がなくなり
今に至って生きていくこと
その説明として必要でした

読んで下さり
ありがとう
詩文にしたこと
ごめんなさい
by ren_with_parfait | 2016-07-30 15:07 | | Comments(0)

憶い

眠れない夜
君を憶へば
短歌の陽炎
誘なはれては

吹きすさぶ時に
青き時代は訪れた
あなたが優しくするように
他人も優しくしてくれる

あなたが気にかけるように
友も気にかけてくれるだろう

柔らかな気候はやがては終わり
激しい猛暑がやってくる

空を見上げて憶うだろう
夜は月見て、昼間は太陽眺めたり

けれどその瞬間から差し込むは
あなたの健気な憶いなり
by ren_with_parfait | 2016-07-29 19:36 | | Comments(0)

七月の終わり

君になびけり
誰になびけり
街角揺れる 華になびけり
君色ありけり 夏色ありけり
終わる七月 可憐になびけり

許してと

去年の夏はしんしんと
君を想いて泣いていました
失う意味を刻みつけ
異性に怯えて泣いていました
どんな人にも君の影
探し出しては似てるとしました

戻れない
ダカラもカラダも戻れない
君がいるのは未来でしょ
試験に向かうひとりの学生
シラバスに書く異性たち
似ても似つかぬ仕草で華やか

あゝ美しや 見初めたり
一瞬の恋、泡のよう
背の低きひと焦るひと
君に似ていて君には非ず
異性であるけとどこかが特別
テレパシで書く答案を
似ても似つかぬ言葉でなぞった

滲む汗
少し涼しい七月終わり
この時季華やぐ異性が好きだ
夏に咲くのは何より高けり
驕ることなき優しき人よ

切りとるように君で覆った
異性の殻が剥がれてしまい
何にも恐くも痛くもないの
君の心に触れてる気持ち

あゝでも言い訳させてよね
ここに居る
君が居るから私は笑える

ゴットンゴットン
列車に揺れて

これから帰るは君のいない
私と愛犬暮らす部屋

踏み間違えちゃったらこうしよう
知らずに覚醒しちゃってね
剥製連れてはいけないよ

夢見心地でシラバスに
君の科目が載っていない

知らない顔でテレパシで
私だけの君掴まえた

いつかはハッと気がつくの
自分が一人きりだって

c0343734_17073916.jpg


by ren_with_parfait | 2016-07-27 17:21 | | Comments(0)

短歌(コーンフラワー)

矢車草
ピンクに咲う
夏桜
待たない時と
この眼奪えり

2016.07.25

c0343734_20120799.jpg


矢車草
蒼く突き抜け
月夜の暑さ
嘘でもいいよと
なぜだか咲う

2016.07.25

c0343734_20184454.jpg


by ren_with_parfait | 2016-07-25 22:33 | | Comments(2)

ツンデレみたいな

降り積もるのは
さざれ石
向かい合うのは
心のがれきのその隙間

石が心を閉じてしまう
がれきの穴を塞いでしまう
愛しい恋しい想いであれど
積もり積もれば塀になり
壁になったら届かない
翼がなければ飛んでいけない

あの青すぎる空
氷点下の夏
降り注ぐ雨さざれ石
氷で出来た心の塊
流れだすのは心の涙
生きてる証は目からの涙

あの子が温度を上げていく
凍りついてく心が逆らう
手のひら冷たくなるために
温かい心が必要なのに
あの子を求め脈は打ち
胎動みたいに体温上がる
心は心は急降下

あの子の体温高まって
この夏私も暑いです
だけど会えるのは冷めた日に
いつも見えるのは冷えた顔

お互いなんて知らんぷり
どこかの誰かがこう言った
彼らはそれをこう言うの

『ツンデレみたいな関係だね』って

by ren_with_parfait | 2016-07-22 19:15 | | Comments(0)

バイブル

染み入る心
あとかたもなく
染み落ちる言葉
あとをのこさず

染められた私
明けを覚えず
染めあげた心
空を泳げず

あとかたもなく
初夏は朝へと消えていく
あとをのこさず
夢は未だに空にて溺れ

染み入る心、言葉で落ちて
染めあげる言葉、私を掴んで

残った白紙のページから
糸ひく記憶を捉えたい
シンクの私の聖書には
表紙を飾る言葉もなくて
心のなかに染みてきて
染めあげるのは繊維だよ

苦しいことが大きくて
大きすぎて仕舞ったならば
脳皮に深く刻まれた
その言葉こそ私を染める
聖書であって他には在らず


by ren_with_parfait | 2016-07-16 17:08 | | Comments(0)

息泊り

恋は消えゆく頭痛と共に
気が触れゆくのに相応しい

過去で手をふる愛しき人は
戻ることなくどこにもいない

彼女が愛した延長線に
立つことなんて出来ますか

彼女が愛した私じゃない
それなら嘘と名乗ろうか
彼であっても私じゃない
私とそれとを隔てるために
私の名前は嘘と言おう

息を殺して行き止まり
涙も不満も願望も
肉欲すらもが必要ない
遺伝が排除をはじめてる

エラーコードが奏でてる
不協和音の日々の唄
あなたに捧げるまでもない
誰に聴かせる意味もない

地球が排除をはじめてる
要らないものは要らないらしい
私に知れない遥かな審判

展開はじめた遺伝の図式
プログラミングの成れの果て
嘘つき毒を増してゆき
これを飲むなら下してしまう
私の本性知ってるでしょう

自我は衰え傷ついた
誇りて掲げた旗下ろす
LoveがHateに変わっていくよ
いつかの誰かのExeが動き
憎しみ星の数になる

あれあれあれれ
おかしいな
そんな占い知りません

明日の夢は昨日に見れない
嘘でも私は聞き飽きた
君に会うには昨日に戻り
昨日に戻れば更には戻り
いつかの無垢まで戻らなきゃ

とっても美味しくなさそうだから
生ゴミ生ゴメ生タマゴ

信じられるよここでなら
貴女が生きてるここでなら
エラーコードを組み合わせ
世紀の発見、あゝあなた
神秘の亡霊、あゝあなた

召されぬことなく息潜め
未練の屋根のその下で
嘘になりゆく我が名と存在

やがては非道く痛ましかったと
最期を迎える為になど
命が眠るはずなどないのに
by ren_with_parfait | 2016-07-13 19:57 | | Comments(0)

黄泉の木

黄泉の木は
地の果てになく
ここに咲き
その花は
彩りもなく
鮮やかだ

ふとして気づく
いつもの道の
見慣れた景色
乾いた緑のその中で
見つけてくれと立っている

その木は水が
したたる不思議
風が吹いてはあふれだす
勇むその枝
軋んでる
撫で下ろす葉も
ひらり揺れ
私も肩を撫で下ろす

彼の力は
踊ればあふれ
そしてまた
空よりながれ
どこにもあらぬ

どこにもあらずに
そこにある
誰にも見えない幻覚だろうか
疑うほどに確かにあるのに

涼しい夏の香りがすれば
満ちゆく緑の多いとこ
あなたも探してみて下さい
美学の死骸がそこにある

そしてその木によりかかり
泣くのもいいこと
死を待つも
別れを言うのもまたいいこと

黄泉の木
彼は何度でも
終わりばかりの毎日生きた
悲しい人の過去から来ては
終わりを探す視線の先を
引きとめるために現れて

ドクドク、ドクドク
ぐねぐねと
太陽宿してかかとを掴む

過去の誰かの呼び声に
あなたの声に気がつくために

「ここに一本の木があるよ」

その喩えから始めるときに
幸せな終わりがありますように
何度も黄泉から現れて
僕らを引きとめどこかに消える

僕らの幸せ願ってくれた
僕らのために
彼は必ず生きている

by ren_with_parfait | 2016-07-12 17:11 | | Comments(0)

かかし人間

ついばまれては痛みゆく
痛みながらも歩きだす
ロザリオ真似てはたべもの守り
人に愛されキリスト成れぬ

たったひとりのロザリオなれぬ
たったひとりのキリストなれぬ
かかしが身代わりしたものは
身代わりされた者しか知らぬ

やれ滑稽なり、かかし人間
審判の時には立ち尽くす
やれ愛嬌なり、かかし人間
幸せなどは求めておらず
報いも感謝も要らぬと立って

雨の日も、風の日も
何を守れと命じられ
守りきれねば咎められ
かかしが恋した人間は
かれを愛した少女であった

彼女が涙で癒されるなら
かれは渇きを陽射しに求める
彼女が笑顔で誰かを見るなら
かれはお面を剥がして潜む

愛してやまない人のため
彼女が生きるそのために
確かに立つのは幸せだったよ

かかし人間は寿命を終えて
それ以上を全て受け止めたい
愛することだけ幸せだから

確実に彼は愛に飢えているのだから

飢えてる心を誓わせるのは
守りたいものがあったから
かかしに目覚めた運命は
あの日のキスで奪われたこと

物好きな人が現れて
かかしがヒトに戻るとき
ヒトはかかしをまた造る
造形によってかかし人間は
もっと強く守り立てる
もっと賢い身代わりとして

そうしていたい
いつまでであっても

彼女が栄える路を知り
答えの埋まらなぬ問いだけど
ホントの約束にしたいから
魔法で人になってゆく

されどあの時のかかしなら
かかしはいつでもここにある
どんなときでもここにある

もしもなら
彼に甘えたくなったなら
いつでもここに訪れて
君のため、打たれる場所は
ゴルゴダでなくともかまわない
そう何度でも打たれよう

イエスのマナザシ忘れない
そのマナザシで君を見る
どんな時でも貴女を探すよ

かかし人間ここにあり

by ren_with_parfait | 2016-07-05 23:26 | | Comments(0)