<   2016年 11月 ( 15 )   > この月の画像一覧

強さを求めて

何を語れば哀しくなれよう
終わった恋には綴れやしない
忘れてしまえば探した笑顔
自分の価値すら分からないなら
恋などすべて棄ててやるから

どこを歩けば淋しくなれよう
誰かの瞳に探すのやめて
未練囃子はココロの秘密に
愛する価値すら分からないから
忘れてしまえば終わりに向かえば

も少しひとりで歩いていきます
今度は誰にもすがらずに
ゆっくりもっとにぎわう街の
どんちゃか騒ぎの中で笑う
淋しく、恋しい、ひとりの旅です

日々確実に強くなれれば
喜ぶ誰かが近くにいるはず
同じ所に生きているなら
今を情けにさせないはずだよ

日々確実に強くなるなら
喜ぶ誰かが居てくれるんだ
心の地図が見つからなくても
明日から明日へと渡っていくとき
想い出しては懐かしんでも
弱さになるなら棄てなくちゃ

必要な場所に居るだけだから
誰かに影を重ねやしない
日々確実に強くなるため
痛みを恐れず進んで行きたい

「ぁああ、ずいぶん変わったね」

そう誇れるとき僕らでありたい
[PR]
by ren_with_parfait | 2016-11-28 21:27 | | Comments(2)

詩逢わせ

しがみついた日常
手に余る情報の渦で
明日は都会へ
次は田舎へ 教会へ
神社へお寺へプラネタリウムへ

明日は隣町に行きたいよ
誰かに出逢って笑いたいんだ
他人同士で酒を呑み
タバコくゆらせ寿命縮めて
睡眠薬を少し飲み
明日の朝からハシゴのリズム

女の子の美しさは
それに酔うためあるのでなくて
僕が美しくありたいから
その可愛さの真似をするんだ
きっと未来に君だって
私のファンの一人だよ
そんな戯言呟いて 一人の淋しさ紛らわす

愛したあの子とお別れするのに
キレイな彼女が居て欲しい
ほんのちょっとの思わせぶりで
心が動く僕だけど いい歳だから大丈夫
絶対無理の勝負して
泣き面なるほど子供じゃないんだ

さぁ笑おうよ幸せのため
さぁ踊ろうよ喜ぶために
生きるの誰もが一度きり
輪廻があってもなくたって
今の僕らは一度きり 願う心に照れてよね

いつかはみんなは愛を選んで
一途の幸せ選んでゆくはず
いつかはみんなが離ればなれで
君の中には僕がいて 僕の中には君がいる
そうして命は重ね合わせて
別れていってもひとつであれる

こんな詩にでも分かること
君はとても大切で カレシもとても素敵だね
笑い合うまま居たいんだ
もう少しだけそばにいてよね
僕の幸せあなたのために
君の幸せぼくらのために
みんなみんながハッピーエンド
そんなのありえなくたってさ
諦めちゃったらお終いだから

必ず心にきいているんだ
君の必要たくさんあつめて
いつか届けてあげられたらな

友情、恋は紙一重
だけど大人の過ちは
堕落したいと思う人ほど
たくさんあつめてしまうから

子供のままの純真で
素顔のままで笑おうよ
そのため僕をよく見てて
きっとあなたの詩を書くよ
きっとあなたに詩を書くよ

嬉しい気持ちになれたなら
昨日の僕のチェスの試合
勝ったか負けたか分かるはず
次はオセロで勝負だね
花札、コイコイ、いつでも楽しく歌おうよ

ジュークボックス壊れちゃうなら
トントン叩いてこの僕の
心の扉をノックして、そしたら笑顔で迎えるよ
[PR]
by ren_with_parfait | 2016-11-27 03:49 | | Comments(0)

LOVE

ねぇ、君は何を言いたかったの
最後の言葉が聞きとれないよ
ねぇ、君は誰を愛しているの
僕のことはなんだと思ってるの

これまで紡いできた言葉
風をさまようより速く
光ファイバーに乗っては落とした
何度も何度も君を落とした

駆け引きはつまらないと言っていたよね
僕も今ではそう思うんだ

精神安定剤を飲んだらさ
やっぱり答えは君みたいなの
魅力のある人大好きだけど
君より魅力のある人いるの
信じられないそんなこと

僕が恋を言葉で綴れば
君が笑顔になるならいいけど
冷静にみてどうなのだろう
まだまだ言葉は産まれてきそうで

君に届ける愛情十分残ってる
ただただ私はみたくなくてさ
君を忘れる方法考えて
半ば遊びのトラップに
困った、心を奪われて
今の気持ちを説明できない

恋の語りべどこまで続けば
君と話しが出来るのだろう
話せぬままに季節が過ぎ去り
死んだときまで覚えているけど

ねぇ、君は何を言いたかったの
何を伝えるために書いていたの
落とす気なんてさらさらないのに
みんな罠を仕掛けるんだ

僕はそれにしがみついては
一喜一憂しているだけだよ

寂しいなんてひとつもない
好きな気持ちと手に入れたいは
全く別の問題でしょう

恋とか関係なくてもさ
どうか私を奪ってよ
それが言葉の魔法としても
僕は少しだけ焦がれてて
君には激しく会いたい気持ち

明日になればわかるかな
僕の愛情信じてね
みんなみんなが大好きです

だから
僕のことも好きでいて
愛してほしい
せめて僕の純情くらいは
好きって言って

お願いだから
いなくならないで
[PR]
by ren_with_parfait | 2016-11-25 04:25 | | Comments(0)

翼ある人

君よ恐れず飛んでいけ
ゆらめく想いと飛んでいけ
傷跡ひらいた今を恐れず
強い心で飛んでいけ

遥かな空へと飛んでいけ
私を抱きしめ飛んでいけ
輝きなくなる瞳を忘れ
夜が明けるまで飛んでいけ

ひらひらゆらりの木の葉を掴み
くらりふわりの雲と並んで
しんしん積もれる白銀の地へ
私の全てよ翼を広げて光あるまま

ひとつ何かを見るたびに
色を嗅ぎ分け知らせておくれ
ひとつなにかを知るたびに
その身を震わせ教えておくれ

想いひとつぶこぼれるごとに
疲れの悪魔に遭ったなら
こわいものなどないとつぶやき
傷を恐れず命を絶やさず
優しく優しくありますように

翼がよもや動かずに
眠りの命に授かるのなら
最後の言葉を言うときですよ
春の芽吹きが君を揺らして
もう一度季節を繰り返すよりも
静かに命を預けなさい

その全てを見守るお方を
決して忘れず飛び立ちなさい
すべてすべてが報われるという
言葉を忘れず飛び立ちなさい

どこまでも、どこまでも
独りでないこと知らせるために
孤独を癒してくれてきたもの
いつまでだって心にあるから

翼ある人よ
あなたを信じて飛び立ちなさい
強い心で私がいるから
悲しいことなど忘れるように
幸せな人があなたを迎えて
いついつまでも許せるように

翼ある人よ
涙も笑顔もそのままに
すべてを受け入れ飛び立ちなさい
[PR]
by ren_with_parfait | 2016-11-24 05:53 | | Comments(0)

性別信号

女、女、女
ああ、女とはなんだ
俺の中にも女がある
女になれない男の俺が

女、女、女
ああ、なぜなぜなぜ
俺が探した女は誰だ
男でしかない女の俺が

薬を飲もう
傷を癒してくれるのは
俺を男と思わずに
軽蔑もしない人たちだ

街を泳げば女にぶつかる
女は男を意識して
男は女を探してる
ああもうすでに壊れてる
性別の差なんて壊れてる

薬を飲もう
傷を癒してくれるのは
今は異国の空見上げ
過去に咲いてた人たちだ

醜く果てても女にぶつかる
女は俺を邪魔にして
男は俺を持て余す
ああもうすでに俺にはもう
女を求めることよりも
男であること自体が罪だ

DNAが壊れてる
DNAが壊れてる
DNAが壊れてる

女、女、女
彼女たちはそれを察知して
俺から目を逸らすんだろう

ウイルスを駆除するようなもの
彼女たちから俺の存在は
Delete、Delate、Delate、Reboot

アンゼンデス

まぁいっか、それもありかな
そう思って誤魔化すけれど
女々しさの答え見えました
この女々しさこそウイルスだ

駆除する、どうする隔離する?
修復不可能、ビープ音
Bluescreen流れる文字列
強制終了、風俗情報、パソコンぶん投げ
スマホ蹴とばし、布団を畳む

部屋から出よう、ヒゲ剃ろう
どうせ男はやめられない
[PR]
by ren_with_parfait | 2016-11-19 17:54 | | Comments(0)

本音

もう戻らない
もう振り返らない
忘れるわけじゃない
君と離れれば離れるほど
君と近付ける気がした
けれど今おもうことは
君を忘れれば忘れるほど
君に近付ける気がする

どんなに強がっても
僕は君に会いたい
愛を交わせなくても
ただ話しがしたい
一人の人として
君がいない人生が考えられない

恋じゃない
未練よりもっと強い
どうしても求めてる
諦めると絶望する
自分がイヤになる
未来なんて信じられない

ただ君の冷めた笑顔で
僕がどんなに下らないと
罵られてしまっても
その声が聴きたい
触れるなんていらない
君が居ることを確かめたい

これまで気がついたことを
君に話したい
僕に言うことがなくても
君のうんざりした声が聴きたい

どうしても会いたくて
幼い気持ちとわかっていても
君を求め続けてしまう

諦めが悪いと分かっていても
君を忘れられない

君が僕に興味がなくても
そっけない呆れた声でも
君が生きて幸せであると知りたい

僕が君を幸せに出来なくても
君に幸せがあると知りたい

ただ君に焦がれている
それはいつまでもなくならない
[PR]
by ren_with_parfait | 2016-11-19 02:26 | | Comments(0)

ショットガン

ちいさく
おおきく
あざやかに
いろあせて

いつも、いつも
テープやけこげて
いつも、いつも
イノチなげすてて

ちいさく
おおきく
ゆめにみて
いらなくて

もうおわった
はじまってもいない
まにあいやしない
そんなものはない

いいあらそってる
いいあらそって
らくなほうに
よわいほうに
なにもしないほうに
あきらめるほうに
ひきよせられてく
いつも、いつも
かぎりあるイノチ
テープすりきれるまでみて

けとばす
なげる
ののしる
いつも、いつも
かぎりあるイノチ
テープすりきれるまでみて

ちいさく
おおきく
このろのままに
しずまるなみが
いつも、いつも
おわりですイノチ
テープすりきれるまでみて

ショットガン
[PR]
by ren_with_parfait | 2016-11-19 00:05 | | Comments(0)

ともだち

ともだちに
いろをつけては
ねふだはり
つごうわるいと
うりはらう

うりはらわれた
ともだちが
おいかけてきて
ぼくをみる
めをじっとみて
おこってる

かわらないで
かわらないで
かわらないで

ともだちが
いなくなるのを
おそれてる
ぼくがひとりで
しんでいくのを
おそれてる
ぼくがしあわせに
なれないなんて
しんじない
そんなきもちで
わらってる

こころのなかは

かわらないで
かわらないで
かわらないで

あなたはあなたのままでいい
あなたはあなたのままでいいけど

ほんのちょっとだけがんばって
いいともだちでいてほしい

くちにはださないやくそくだから
[PR]
by ren_with_parfait | 2016-11-16 01:17 | | Comments(0)

モルヒネ

せかいのいろはに
したがって
おねがいだから
しなないで

しゃかいのいろはが
しぜんなら
よわいあなたが
いとおしい

あしたのいみなど
きかないで
あいされたなら
いとおしい

このよのいろはに
したがって
おねがいだから
きえないで

あのよのいろはに
いかないで
このよのいろはに
ぼくをみて

いつもあなたに
ファンタジア
まぼろしいますぐ
はじいちゃえ

おもいまぶたが
とじたなら
つかまえにきて
ロマンシア

ほほべにあかく
ルージュのいろは
しずむたいよう
マニキュアくろく

くろいおつきが
てらすはるのひ
くろいさくらが
おちるみょうにち

うさぎまっくろ
ねこがだいすき
あなたはだあれ
なつのたいよう

しゃくねつのあめ
うさぎまっくろ
いぬがだいすき
なつのひまわり

もうだいじょうぶだね
ほらいいきもち
[PR]
by ren_with_parfait | 2016-11-15 01:08 | | Comments(0)

プラネタリウム

あめふれば
ひとつよろこび
つよくなれ

つめたくないよ
こころのあめはつめたくないよ

あめふれば
プラネタリウムが
よくみえる

こころのそらはにじいろで
はれたらうさぎのつきをみる

あめふれば
こころのうみが
よくみえる
あめはかわへとながれてく
わすれるうみべへながれてく
わすれたようにてをのばし

あきのこさめにふれてみる
なみだをころしてあめにきく
こころのあめはつめたくないよ
どうしてぼくはつめたいの
あのひのぼくはつめたくないよ

あめふれば
きのうのぼくがよびとめる
あめふれば
かわべでひとりくちずさむ
ここにはいってあそびたい
ながれていきたいながれてしにたい

つめたくつめたくつめたくなって
いのちをわすれてしまわぬように

かさのかげから
あしたもあめがふるのかな
だいすきなひととはいるかさ

プラネタリウム
すてきなこころ
そんなふたりにほしよふれ

[PR]
by ren_with_parfait | 2016-11-11 18:40 | | Comments(0)