<   2017年 12月 ( 31 )   > この月の画像一覧

夢の跡

夢は砕けた
全て砕けて
部屋中に
その懐かしさが
立ち尽くす

描き続けて
白いノートに
脳いっぱい
やるせなさすら
抱きしめる

この半生
閉じる音する
ギィギィギィ

いつか眺た華
憧れた場所
ギィギィギィ

(人生の)
「お客さん、忘れ物です。
これならば、まだ間に合うかと、
思われます。今までを、
全て捨てゆく、ご決意ならば、
この夢だけは持っていきななさい」

車掌がくれた真っ白い切符
何が描いてあるか分からない

僕は駅降りあたり見渡す

駅の名前は……「夢の跡」
ここからあの世に行くでもないし
僕はどうしてみようと思う

無名の食事、
果たせなかった恋の本、
出来上がらなかったCDと、
色々手にとり歩いてく、

さてとここから、
どこへ行く、
バスに乗るにも金がない、
宿はしばらくあるという、

(人生の)
「未来のことは承知しません、
されと旦那が望むなら、
好きなだけここにお泊まりやんせ。
無論女も酒もなく、
新しい夢はありません。
呉々も言いますが、私ども、
未来のことは承知しません。ごゆるりと」

おかみはそう言い戸を閉める
しばらく空想浸るもよいか
書いた覚えもない日記
「開けば飛べる」と書いてある
夢の跡から夢の跡
叶わなかった夢ばかり
僕は車掌に貰った切符を持って
すぐに駅へと引き返す

やってやろうか、新たな人生
名誉のためでも己がためでも
ましてや女のためでもない
ただただ命の歓びを
探し求める旅ならば
命あることそのことだけを
歓び勇む人生ならば
全て棄ててもよいだろう

(人生の)
「終点までは行けません。
新たな気持ちになったなら、
そこまでの切符をご用意下さい。
ここの亡霊にならずに済んだ、
その回答をご用意下さい。
(切符をみて)はい、良いでしょう。
案外そこは、住めば都というものですよ」

だけど進めど目が眩む
あたりはくすんで白くなる
目眩が続いて耳が鳴る
ここから先は始めてだ
どこへ着くのか分からない
白紙の切符を手にもって
ハイスピードで進んでく
列車に揺られ着いたは人が
大勢暮らした見慣れた景色

(人生は)
「諦めるにはまだ早い。
悔いて嘆くもまだ早い。
夢破れたとの気持ちがあれば、
新たな夢も描けましょう。
ひとまずようく整理をつけて、
こと真剣に挑みなさい。
日時はちょうど晦日前。
片付けるにはちょうどよい。
されど急げよ急げば回れ、
生きているのが尊いのです。
行きなさい、神のみぞ知る行方でも、
清い心で始めなさい。またいずれ」

ギィギィギィと列車は去った
さぁこの夢の跡を整理しよう
必要なものを整理しよう
人の世に生く人であるなら
叶わぬことから産まねばならぬ
ここは夢の跡、宿はある
されども(人生の)未来ならば承知しません。
どうかごゆるりと、ごゆるりと

新たな歳はすぐそこです。

[PR]
by ren_with_parfait | 2017-12-28 14:51 | | Comments(0)

聖夜

「聖夜を信ずる者あらば」

聖夜を信ずる者あらば
そこは真舟にいとやすく
眠る背後の悲劇すら
尊きことの前に伏す

神子の泣き声告げしらす
小さきものは幸いですと
隣人以上に愛しなさい
あなたを憎む人のこと

やがて贖う罪のこと
やがては拭う嘘のこと
すべてを見つめていとやすく
神子は眠りにつきたもう

なだめの香り清らめて
ツァラトゥストラの博士来て
新たな約束褒め称え
救いの門は開かれた

そこをくぐるもくぐらぬも
自由であれども悲しくは
彼は信じぬ者すらも
救いたもうと祈るのだ

降る雨、雨、雨。
雨、雨、雨。
幾千の祈りをのりこえて
幾光年の願いをのせて
新品のレコード回りだす

自由の狼煙は消えたとて
またなだめられ赦しは続く

やがて敗れる運命なのだ
ツァラトゥストラが敗れたように

☆-★-☆-★-☆-★

「聖夜を背徳するのなら」

聖夜を背徳するのなら
そこは地獄の丸い星
手玉にとっては恵まれた
人を壊してしたり顔

神子は手すらも触れはしない
ただ存在を示してる
それを知りつつしたり顔
そんな愛ならいらないと

やがて償う罪のこと
拭いても拭えぬ嘘のこと
すべて知られてなお背徳
君を眠らす人はダレ

心の香りは腐敗して
ツァラトゥストラの火は消える
新たな約束破りさり
救いたもうと魔と眠る

降る、罪、罪、罪。
業、業、業。
幾千の傷を自由に操り
幾光年の恋を引きちぎり
古びたディスクに君はいる

自由の狼煙は君のもの
そう誤解をして消えてゆく

警告だ、やがては分かることなのだ
ツァラトゥストラの笑みを見よ

[PR]
by ren_with_parfait | 2017-12-25 21:27 | 二部構成の詩 | Comments(0)

At Birthday of a man.

愛しき夜に揺れる恋切なく
ただ今だけはと忌まわしき
古い風習蘇り難し

愛しき夜にただ積もるのは
白化粧する東京からは
出発しない始発の吐息

何を願えばよいのだろう
敗れ去るのは懲り懲りだ。
何を祈ればよいのだろう
奪い去るのは懲り懲りだ。

あとはただただ猟奇が浮かぶ
逢いに滲んだ夜の数だけ
哀に行くよと朝まで刻む
肉体を通じ神経を通じ骨の隅々まで

儀式のように
儀式のように
願いはすべてかき消されるのだ

アイツが産まれた誕生日
愛するアイツの誕生日
やがて歳下で死んでいく
アイツのアイツの誕生日

たまには祝ってあげたいけれど
なんせ私は人のクズ
そしてアイツは神様だ
願いも祈りも実は届かず
こうして病が癒えるのみ

賛美歌響くバースデイ
汚い金しかないけど赦せよ

ところで聴くがい牧師さん
いつ黙示録は綴じるんだい?
開きっぱなしじゃないか
もう、もう、もう、もう、もう、もう、もう、

もう、

終わりは来ないかと想い込み上げるのは何?

教えて、教えて、教えてくれよ

いつこの夜は終わるのか、
知っているなら、知っているなら、知って

いるはずがな「!!!!」か……

[PR]
by ren_with_parfait | 2017-12-21 21:56 | | Comments(0)

恋は高値で

「恋は高値で買い取れぬ」

不安で恋が千切れそう
値札つければどんな事
お金持ちにはなりたくないな

見境なく、見境なく
お金持ちにはなりたくないな

ぁあでもどうしよう恋ならば
どれも高値でしかもしかもだ
どんな服とかどんな顔とか
どんな話し方とかどんな食べ方とか

あの日の私?
もうないよ
あの日の笑顔?
もうないよ
タイムマシンか?
知らないよ
嘘つき嘘つき
知ってるよ

あれはどのへんだったろう
いつかの私に頼るのは
もう終わりにしなくちゃだ
今の私を頼ってくれる
恋を高値で買わなきゃだ
あるいはショーウィンドウ越しに眺めては
こちらを見ないかと考えて

「あ、目が合ったかも」
なんて、ワクワクドキドキしなくちゃか
恋なんて転がり落ちてた頃ならば
もっと自信を持っていた
私はたしかに美しい
そんな自信を持っていた

今の私は頼りない
頼りない手が熱を帯び
スクリン叩く熱になる
心の中の温もりは
とうに冷え切ってしまってる

あっ、
タイムマシンはね

☆-★-☆-★-☆-★

「恋は高値で売りもせず」

恋に不安は要りはせぬ
値段つけどもかすめ取り
お金持ちから奪いとり

見境なき、見境なき
お金持ちから奪いとり

ぁあどうしようも恋ならば
必要なだけ与えられてる
どんな服とかどんな顔とか
どんな人でも祈ればすぐとかってハナシ

あの人はどう?
知らないな
覚えているか?
忘れたよ
タイムマシンは?
ここにある
すぐにちょうだい?
交換だ

あれはどのへんだったろう
あの人そっと微笑んで
愛しそに花積むそのへんに
一緒に行ってくれるなら
タイムマシンと交換だ
あるいはショーウィンドウ越しに眺めては
今すぐ殺して頂戴Jesus?

「あ、首筋噛み切ったかも」
そう思うならば歯はもげた
転げた恋に転んだね
インプラントが必要かい
それなら私をお買い上げ
インプラントは要らないかい
それならこの歯にGood bye maria!

今の私はこれでいい
場末をゆらゆら揺らめきながら
スクリン叩いて反応せずに
心の温もり感じてる
悲しくないのになぜだか切ない

あっ、
タイムマシンだね

私はだいぶ待ったけど
あまり君を待たせたくない
しばらく失敬するとしよう
貴方の聖なるOh my god.

[PR]
by ren_with_parfait | 2017-12-21 21:26 | 二部構成の詩 | Comments(0)

春は来る

冷ややかになる
ただ冷ややかになる
あなたに辿れる時間があれば
私はそこまで戻るというのに
あなたが違えた事実があれば
私はそこまで向かうというのに
時は一方に進むのみ
今も一方へと下るのみ

冷ややかになる
ただ冷ややかになる
やがて暖かくなる
そう暖かくなる!
冬はやがて終わる
冷たい雨はやがて降り止む!
そう春が来る
そう春が必ずやってくる!

僕はここを飛び出そう
南へ向かおう
あなたと笑いあえてる春に
あえて自分から進んでみよう
そうだ時計は止まっていない!
なんということだ進むのだ!
時間は必ず進むのだ
時は一方に進んでは
今も一方へと帰りゆく
帰った時間の行方は知らぬ
しかし明日の行方は分かる
そうだやがて暖かくなる!
これは確かな真実なのだ
だから恐れることはない
あなたの冬はじき終わる
あなたの夜はじき終わる

必ず朝がやって来る
必ず春がやって来る
さすれば、凍える心も弾むというもの!

そう春は来る、春は来る
必ず僕らに春は来る!

[PR]
by ren_with_parfait | 2017-12-18 21:11 | | Comments(0)

あんなこんな

「こんな」

こんな夜
こんな日に
こんな想い
こんな恋して
こんな夢でも
こんな人でも
こんな好きでも
こんな事でも

こんな私に
こんな貴方が
こんな嘘つき
こんな優しさ
こんなたくさん
こんな愛して
こんな経っても
こんな離れず
こんな寄り添い
こんな囁く

私と貴方の幸せロマンス
それは視線を逸らした先の
瞬間。そこに確かに存在している。
確かにそこに存在している。
そう呼べるものが確かにそこに。
なのにこんな冷たい夜には
それは静かに包まって
二度と呼べない形になるから

愛の解法を、愛の解放を


☆-★-☆-★-☆-★

「あんな」

あんな朝
あんな日に
あんな君が
あんな隠して
あんな守った
あんな出来事
あんな嘘をも
あんな信じて

あんな僕をさ
あんな見つめて
あんな繋いだ
あんな手のひら
あんな理想を
あんな探して
あんな血がでて
あんな泣いてた
あんな気持ちで
あんな所で

僕と彼女の幸せロマンス
それは視線が動いた先の
閃光。確かにそこから動かない。
動かず確かにそこにある。
そう呼べるものが確かにここに。
なのにこんな苦しい夜には
嫉妬も温度を冷ましてしまい
二度と結べぬ赤糸なるから

恋の解凍を。恋の回答を。

[PR]
by ren_with_parfait | 2017-12-18 20:50 | 二部構成の詩 | Comments(0)

終恋歌

「雨」

君が落としたひとしずく
泣き顔隠して雨の中
心は決壊したままで
語りべは君惑わせる

恋がなくては生きられぬ
そんな都合のいい話し
世界がひとつじゃ報われぬ
そんな虫酸のいい話し

あなたに伸ばしたこの手の温もり
君の手は冷たくて優しくて

いつもここから始められたら
僕はどんなに幸せだろう

☆-★-☆-★-★

「晴れ」

君が浮かべた笑顔には
誰かに隠れた晴れ空が
心を満たして微笑んで
夕べに連れていけたらな

愛が消えれば宇宙は消える
そんな笑い話語るなよ
この宇宙は滅びていっても
ご都合主義で死ねやしない

あなたが伸ばした僕への愛着
僕の手は温かくて凍えそう

いつも君から始めてくれたら
僕はどれほど泣けるのだろう

[PR]
by ren_with_parfait | 2017-12-18 01:02 | 二部構成の詩 | Comments(0)

風に誘われ

ねぇ刹那
君の眼光瞬いた
それは僕を捉えてた?
僕の呼吸を聴いていた?

幸せな日は長く続かず
終わりを求め僕ら生きてる
いっそ人間やめてしまえば
あなたに会いに行けるというのに

哀しい時間が砂に飲まれて
涙の訳なら川に流され
優しさならば降り注ぎ
華やかさならただ咲いて

君の生きてるその訳に
どうか僕を用意して
終わりが来ても恐れずに
Good byeまたすぐ始まるだろう

愛愛しそに哀されて
僕はあなたに届かない
諦めた時聴こえてきたよ

あなたの歌声風に誘われ

[PR]
by ren_with_parfait | 2017-12-18 00:55 | | Comments(0)

眠りまで

夜に願うよ
どうして人は
僕の心を
満たすのだろう
亡くなるのなら
奪うのならば
何も与えずに
呉れたらいいのに

夜に願うよ
どうした気持ち
弾む心を
切り裂く言葉
亡くなる言葉
願うのならば
何も言わずに
居てくれるなら

本当はただ
寂しくて
君がいるのが
ホントに嬉しい
例え刹那の
花火であっても
心の砂漠に
雨が降るから
どうかそのまま
この目が閉じて
あなたのその目が
閉じるまで
今ひとときの
夢を見させて

僕もあなたも
眠るから
やがてはずっと
眠るから

[PR]
by ren_with_parfait | 2017-12-15 00:45 | | Comments(0)

日付

「曇りの日付」.

呼吸に生気
宿らない
言葉に生気
宿らない
そんな日付が
在りました

曇り空です
言葉なら
雨も降らない
言葉です
言葉の空は
不機嫌で

例えばの話
抱きしめて
刹那に落ちて
いい心地
愛に満たされ
夢心地
それはいつまで
続くのでしょう

必ず心は
曇るのです
そうして言葉も
曇るのです
そんな日付が
在りました
そんな気持ちを
書きました

願うことなら
一点の
曇りすらない
晴れ空で
愛に生きたい
それだけを
会いに行きたい
願うのです

願い願われ
想い返して
最後に着く日が
訪れるまで
僕とあなたの
曇り空
そんな日付が
在りました

☆-★-☆-★-☆-★

「晴れの日付」

呼吸は少し
静まって
言葉は少し
毒づいて
そんな日付が
在りました

晴れた太陽
一点の
雨雲もない
青空です
懐かしすぎる
日付です

例えばの話
抱きしめて
刹那に終わり
裏切られ
そんな日付が
在りました
そんな気持ちを
書きました

願うことなら
一点の
雲こそ在らぬ
この空を
曇り空から
雨空へ
心を変えて
くれたなら

想い想われ
裏切られては
堕ちてきた陽が
消えていき
心はやがて
雨模様
そんな日付が
在りました

[PR]
by ren_with_parfait | 2017-12-15 00:20 | 二部構成の詩 | Comments(0)