真・善・美

「未来」

これは恋でも愛でもないの
ましてや未練なんかじゃないの
私が人になるために
細胞分裂はじめたときに
誰かが必要だっただけ
胎児の記憶であっただけ
欲も献身も存在しなくて
ましてや暴力すらもない
小さな細胞に私が宿ったときから
貴女の排を目指してきただけ
すべてを犠牲に生きてきただけ
あなたは愛されてなんかないの
あなたも元はそんなんじゃないの
水がぶわぁってあふれるように
あなたもそこからあふれてきたの
まただんだんとあふれてくるの
私はサタンの首を切るの
もう許せないと思っているの

「過去」

すでに原型を忘れているの
あの世の言葉はあの世のもので
この世の理は言葉で分かるの
ただただ掟は変わっていくの
私はキリストの子じゃないの
ましてや神の使いじゃないの
地獄の沙汰ならこの世にあるの
けれど敵なら沢山いるの
私は本当に許せないの
細胞が昔の事思い出したの
受胎する前のことを考えてるの
その時あなたを見つけたはずなの
ただただ怯えたあなたがいたの
それを許せなくて私になったの
ただ許せなくて私を捨てたの
私は彼に歯向かってるの
ただひたすらに歯向かってるの
あなたを虐げ痛めつけてる
その存在に最後を与えたくて
こうして存在が許されてるの

[PR]
by ren_with_parfait | 2018-05-21 11:33 | 二部構成の詩 | Comments(0)

表明

「本音」

君がラッパ飲みした
川沿いの甲羅には
沢山の亀の粘液が入ってて
そういうことを避けられないのを
君はよく知っていて困っているね
まさに五月とはそういうもので
五月雨は美しいと言う人もいるけれど
それはかえって君を乾かせるから
僕は甘い愛なんかじゃなくて
君が欲しいと思うものを遠くから
伝えることをやめないでいいかな
ところで君が愛した人の数だけ
僕の君への愛が増えるとしたら
君はどれだけ恋愛に躊躇うかと思うと
何だか面白くなって
やっぱり君と僕では最後まで
僕の方が強いんだなってサディスティックに
君への愛を詠っていたいな

「嘘」

分かりやすい嘘をつくよ
君と会ってうんざりしたいよ
何にも君は僕のことを考えてなくて
ただただ流れた日々だけ忘れて
やれやれと呆れてため息ばかり
僕の顔をみれば悪態ばかり
そんな君が僕の死ぬ時になって
病室に来てくれたら悲しいだろうね
何でもっと早く死ねなかったんだろう
詩を書いたのは無駄だった
僕が消えれば君が来るんだって
分かっていれば天使に戻れた
最後にどちらが嘘かという話しだけど
僕は本来は若ければ天使でいられたよ
だから天使のちょっかいはありがたくて
最近神様よりもそっちに夢中でいるんだよ
君のことなんてちっとも気にならない
ああ大嫌いだけど愛してる
嘘、本当は大好きだけど愛されてくれなくて
そんな日々が寂しく感じることはまずないね
嫌味のようだけど、君が愛されたいと思ったら
僕はすぐさま逃げ出すだろうね
何ひとつ立ち向かうこともなく、逃げ出すだろうね

[PR]
by ren_with_parfait | 2018-05-20 23:35 | 二部構成の詩 | Comments(0)

運命

僕はこんな夢をみたんだ
というか毎日観てると言った方がいいね
色んなところに君が現れるよ
それは教会だったり
川沿いだったり、近所のお墓だったりね
結構な数君を眺るんだけど
僕は君がいるのが当たり前という風で
起きた時に惜しいことをしたと思うんだけど
夢の中ですることまでしておいて
惜しいも何もない過去だ

君が死ぬ夢じゃなくてよかったよ
君が死ぬ夢を一度も眺なくてよかったよ
そんなことに耐えられるようになったら
僕はこの日を信じられないよ

突然のようでならないのだけど
何で君じゃなきゃダメなのか
いつか話す日が来ると思っているんだ

君は嘘を見抜けるだろうから
僕はあえて嘘をついたりするんだけど

僕の左目から目玉がボロッて落ちたから
それを飲み込んだら宇宙にも行けたよ
いつかゴジラは凄いって言ったけど
もっと凄いことがこれから起こるよ
それは僕が起こしていくことだよ
どうか楽しみにしていてね

何で君じゃなきゃダメだって?
分かってくれると思うから言うよ

[PR]
by ren_with_parfait | 2018-05-20 23:25 | | Comments(0)

羽火

高        
 架    僕等の目線
  下        
   に          
    駆     ヘビいろに
     降     
      り       
       た      
        そ    
悪戯ぶらず    の  
          光
           は
   知り尽くし



眩 で 僕 わ ぐ ん わ
 暈 等 ぐ ん わ ぐ ん

 な 振 切 ぐ ん わ ぐ ん
あ た り り わ ぐ ん わ 
 な 振 返 ぐ ん わ ぐ ん

  廃屋に


    ビニィル溶けて


?        パチパチと

  焼けた音する


     だれのからだか


        ダレノガラクダ


            くうきにかえろ

     くうき くうき くうき に
    う
   き
  に
 あゝ
     く 
    う
   き     あゝ
  に     く
 あゝ    う
      き
     に
    あゝ
   あゝ
             かえろおゝ

      

[PR]
by ren_with_parfait | 2018-05-20 21:37 | | Comments(0)

「告げ名」

告げ名を教えて
貴女の中の
僕の告げ名を
僕が呼ばれたら
答えたいから
貴女が僕をなんて呼ぶのか
告げ名を教えてほしいんだ

世界の中心まっぷたつ
それが僕らの計画だから
今こうして離れているのは
宇宙全体の幸せのため
大きな計画なんだよね
なんだか悪党みたいだね

僕は貴女をこう呼んでる
それは、あ、からはじまり
う、でおわり
それは、あ、からはじまり
る、でおわる

「離れ名」

離れ名聞かせて
貴女の中の
僕を消せてる
魔法の言葉
覚えてたいから
最後に君が見た僕を
僕だなんて想えないから

世界の隅で二人きり
その幸せは帰ってくるよ
僕は思い出したんだ
やがて辿り着く方法を
愛が叶ったこゝろの道を
ロマンスあふれる再会を

僕にはこんな離れ名がある
それは、あ、ではじまり、
う、で終わり
それは、あ、ではじまり、
ね、で綴じる

[PR]
by ren_with_parfait | 2018-05-17 15:03 | 二部構成の詩 | Comments(0)

図書館

世界が未だ続くなら
僕は図書館がほしい
大きな大きな図書館と
一緒に本読む貴女が欲しい

それは木製の図書館で
古びれていて
雨風を凌ぐに程よくて
二人っきりで本を読み
また本を交換して
感想を言って
そんなことを千年続けて

大木になりたい
僕と貴女で出来ている
智い強い大木になって
鳥が鳴いたり虫が齧ったりを
ひゅうひゅうひゅうと笑っていて

もしも世界が終わるなら
今すぐ貴女に会いに行きたい

[PR]
by ren_with_parfait | 2018-05-17 14:57 | | Comments(0)

ふとした感情

「憎しみの発露」

あなたが憎い
今も憎い
私を痛め
傷つけて
掠め取っては
したり顔
こゝろの悪魔
知らんぷり
怒ってみたって
聞きやしない
あゝその優しさの裏潜む
幾千の罰数えたら
それがすぐさま僕の罪
あなたの一部になったから
私はあなたを許せない
仮に罰こそ与えるならば
私の弱さをあなたに捧ぐ

「優しさの懐柔」

あなたを仮に
抱きしめたなら
どんな顔して
驚くの
それも知らずに
涙は雨に
乾いた大地に
ひとりの笑顔
抱きしめてるのは
ひとつの偽善
それが私を慰めて
あなたは嬉しそ
愛しめる
繰り返しまた僕は言う
あなたのこゝろに届かぬならば
その足先から血は染みて
死骸のソレに息吹く息
罪は許せばまた巡る
それは優しさの懐柔だ

[PR]
by ren_with_parfait | 2018-05-16 01:17 | 二部構成の詩 | Comments(0)

喪失のおしろい

ジャッジメント
あなたのこゝろ棲んでいる
私からすぐジャッジメント

例えばね
私失くして
成立しない幸せが
ほんの小さくあったとしよう

けれどもね
私失くして
その成立はすぐさまに
程なくしては見つかるの

それはあなたも同じこと
本当にあなた消えたとしても

すべからず

代わりをすぐに見つけるでしょう
それであなたが悲しもうとも
私は代わりを見つけるでしょう

けれどそんなこと言ってると
喪失の時ただでは済まない
私のこゝろ、その中に
あなたのための居場所があって
そこには誰も入れない
それは失って気づくもの

どんなに命が小さく想へど
限りなくそう蝕んで
恋する呼吸が出来ないほどに

人は痛みに耐えてくの
それが喪失、代えられない
代えがあるよと呟いてるのは

単なる意地悪
厚化粧

[PR]
by ren_with_parfait | 2018-05-16 01:07 | | Comments(0)

分裂

「暴走」

再び私に命が宿った
命が宿って分裂はじめた
それは暴走をはじめた
また何かを壊しはじめた
あなたの首筋噛みつきはじめた
両目を潰せるフォークを探した
何かが中から消えてく落とした
何も知らずに追わずに諭した
運命論が世界を壊した
認知を壊してつぶさに離した
その日に私は命を宿した
命が宿って分裂はじめた
私は死ぬまで生きるをはじめた
あなたの精神私に宿した

「穏当」

私の命はひとつだけ
もしも命がふたつなら
この分裂も構わない
しかしあなたは望むのか
その血のために壊れては
また繰り返し生まれては
あなたに帰ってくることを
望まぬ命は幻に
まだ恋をしてうとうとと
寝たり起きたり行ったり来たり
出たり入ったり逝ったらバタリ
最後のいのちを何に使う
僕は素晴らしき命に使う
この素晴らしき人生に
裏を返せば夜空は還る
翻しただけ羽化してく
心は今も愛だけ求めて
妥協を抱きしめないだけで

[PR]
by ren_with_parfait | 2018-05-09 18:20 | 二部構成の詩 | Comments(0)

罪悪

わたし知らない間にあなた
心の中に忍びこみ
スティール製の缶バッチ
ぐるぐる巻いた包帯と
どろどろ垂れた貞操帯
わたしが欲しくいらないものを
ありとあらゆる心の毒を
ぬめっとしている液体の
要らない部分で出来てるものを
ちゃぷちゃぷするほど私に呉れて
壊しもしないで放置して

この罪いくえに息吹があるね
あまりに優しくあれたらいいね
潔癖症の血液型の
サンプル並べて唱えてあげる

首を唱えて殺してあげる
あゝあゝもうもうもうすでに
あなたの心は死ぬことも出来ず

その罪悪に微笑むは
究極的な悪魔だけ
究極的な天使だけ
わたしは分裂してしまう

ただ力だけを宿して
ただ力だけを宿して
ただただあなたを破壊する
狂気の沙汰を私に宿して

[PR]
by ren_with_parfait | 2018-05-09 18:07 | | Comments(0)